考古学博物館の見学を終えて、併設のショップでお土産なんかを調達した後、次にどこに行くかしばらく思案。

結局、地下鉄に乗って、オールドカイロというエリアに行くことにしました。

デモのニュースですっかり有名になった、タフリール広場の方へ移動して。。。

旅行とカジノとD級グルメ

これが、地下鉄の入り口のサイン。

昼間は目立つんですが、夜になると、特に光ったりはしないので、分かりにくかったり。。。
旅行とカジノとD級グルメ
窓口で行き先を告げて切符を買って、乗ってしまえばすぐ。

マル・ギルギス駅で下車します。

駅の目の前にはいきなりこんな建物が。。。
旅行とカジノとD級グルメ
オールド・カイロというのは、その名の通り、カイロ発祥の地だそうですが・・・いわゆる古代エジプトの時代とは違うのでは???

それはともかく、この辺りには、ローマ時代の遺跡なんかが残ってるわけです。

旅行とカジノとD級グルメ

この辺り、地下になっているんですが、多分バビロンの塔・・・と地図に書いてあるものの一部(笑)
旅行とカジノとD級グルメ
実は、どれが何の建物なのかよく分からなかったりします(笑)
旅行とカジノとD級グルメ
少し北側に向かって歩いてみました。
旅行とカジノとD級グルメ
こちらは、聖ジョージ修道院の入り口・・・かな。
旅行とカジノとD級グルメ
これは、ガーマ・アムルという、アフリカ大陸で最初のイスラム寺院だそうです。
旅行とカジノとD級グルメ
これは・・・スーク・スフタートっていう、みやげ物屋さんがたくさん入った建物かな?

いやホント、どれがどの建物なんだか・・・全く文字が読めないのは、困ったモンです(汗)

で、この後、駅のすぐ目の前にある、コプト博物館を見物しました。

現在のエジプトはイスラム教の国ですが、言うまでもなく、イスラム教よりもキリスト教の方が古く、エジプトにはかなり早くからそれが伝わっていました。

で、コプト教というのは、原始キリスト教の一派で、オールドカイロには現在でもコプト教徒がたくさんいるそうです。

この博物館は、その歴史を展示したもので、正直、あまり期待はしていなかったんですが、思ったよりも見応えのあるものでした。

あ、でも内部は撮影禁止なので、ご紹介は出来ません。

残念。。。
旅行とカジノとD級グルメ