むかしむかし、竹取の翁といって竹を取っては道具を作ることを生業とする男がいた。
あるとき翁が竹林に入ると、光る竹があった。
切ってみると中には三寸ほどのかわいらしい娘がいた。
翁は妻と共にその娘を育てることにした。
それ以来翁は金の入った竹をよく見つけるようになり、俄に金持ちとなった。
娘は三ヶ月ほどで美しく育ったため、成人の義をして名前をつけた。
「なよ竹のかぐや姫」という。
かぐや姫の美しさは世間でも噂となり、男たちは貴賤を問わずかぐや姫をものにしようと必死になった。
その中でも特に思いの強い五人の貴公子がいた。
翁はかぐやに結婚するよう求めるが、かぐやはこの五人に結婚の条件として無理難題を与えた。
ある者は偽物を用意して見破られ、ある者は要求の物を探して難に遭い、誰一人として難題をかなえることはできなかった。
かぐや姫の噂は帝にまで届いた。
帝はかぐや姫の美しさの程を知ろうと女官を遣わしてかぐや姫に対面させようとしたが、かぐや姫はそれすら拒む。
そこで帝は狩りと称して出かけてはかぐや姫の家に忍び込む。
かぐや姫は帝に見られるとふと姿を消してしまう。
帝が連れて行くことは諦める旨を伝えると、かぐや姫は再び姿を現す。
それ以来二人は文通をする仲となる。
帝と心通じて三年ほどたった春より、かぐや姫は月を見ては涙をながすようになる。
八月のある日に月を見てはひどく泣く。
それをみて翁と妻が聞くに、かぐや姫は自分が月の人であり次の満月に迎えが来て帰らなければならないと告げる。
帝もこの事を知り、かぐや姫を帰すまいと兵士を遣わす。
いざ月からの迎えが訪れると、兵士は戦意を喪失し、月の使いが一言唱えると固く閉ざした扉はすべて開いた。
かぐや姫は別れ際に帝に天の羽衣と不死の薬を送る。
月の使いが用意した穢れを祓う薬を食べ、地上の衣を脱ぎ月の衣を着ると、地上への未練も忘れてしまい月に帰って行った。
かぐや姫の亡き後、翁と妻は生きる気力を失い病んでしまう。
帝はかぐや姫がいないのに不死となっても仕方なしとし、駿河にある天に近い山に兵を遣わし、手紙とともに不死の薬を燃やした。
それよりその山は富士と言うようになった。
そのときの煙は今でも雲の中に立ち上っていると言う。
竹取物語とは (タケトリモノガタリとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

かぐや姫
【職業】月からやってきた姫
【身体的特徴】世間で噂になる美しさ
【力の特徴】天の羽衣と不死の薬を持つ
【敵は何者か】別世界からの迎えに悲しむ
【実は】生まれて三ヶ月で成人する


ツイッターbot『スーパーヒーローメーカー』 完成!
有名キャラクターの【職業】【身体的特徴】【力の特徴】【敵は何者か】【実は】をつぶやきます。


竹取物語(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)/著者不明

¥620
Amazon.co.jp

かぐやひめ (日本名作おはなし絵本)/小学館

¥1,050
Amazon.co.jp