1823年11月、ウィーンの街で自殺をはかり精神病院に運ばれた老人アントニオ・サリエリは、神父フォーグラーに「モーツァルトを殺したのは私だ」と告白を始める。
サリエリは若い頃は音楽への愛と敬虔な信仰心に生きており、オーストリア皇帝ヨーゼフ2世に仕える作曲家として名を馳せていた。
しかし彼の前にウォルフガング・アマデウス・モーツァルトが現れたことが、サリエリの人生のすべてを変えてしまう。
その圧倒的な音楽の才能は大衆から賛美され、天真爛漫かつ下品で礼儀知らずな人間性は他の作曲家から軽蔑を受ける。
しかしただ一人サリエリだけは、モーツァルトの才能が神の寵愛を受ける唯一最高のものであることを理解してしまい、自分はモーツァルトの真価が分かる才能しかない凡庸な人間だと思い知る。
そしてモーツァルトへの激しい嫉妬に苛まされるサリエリの苦悩が波乱の悲劇を生んでいく。
アマデウス (映画) - Wikipedia

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
【職業】18世紀の作曲家 
【身体的特徴】小柄で耳たぶが欠けている 
【力の特徴】比類ない音楽の才能 
【敵は何者か】同業者の嫉妬により殺害される 
【実は】下品で礼儀知らずな人間である 


ツイッターbot『スーパーヒーローメーカー』 完成!
有名キャラクターの【職業】【身体的特徴】【力の特徴】【敵は何者か】【実は】をつぶやきます。


アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]/F・マーリー・エイブラハム,トム・ハルス,エリザベス・ベリッジ

¥2,500
Amazon.co.jp

アマデウス オリジナル・サウンドトラック盤(ディレクターズ・カット版)/サントラ

¥5,040
Amazon.co.jp