2021年度上半期サポートファミリー募集告知 | こちら、ARCh情報局!
新型コロナウイルスに関する情報について

こちら、ARCh情報局!

ARChの最新情報を発信中です

コロナに花粉にとマスクが大活躍中ですが

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

緊急事態宣言も延長となっていますが、1日も早く収束し

皆様と元気でお目にかかれますようにと願っています。

 

 

 

さて、2021年度上半期(3月~8月)のサポートファミリーの募集のお知らせです。

犬サポートファミリーとはこういう制度です。

 

キラキラ昨年度下半期はサポファミっこのロクジローくん・みちるちゃんが虹の橋に向かいました。

サポートファミリーの皆様に支えられ、穏やかで幸せな日々を過ごすことができました。

本当にありがとうございました。

 

 

今回の募集は2月25日(木)20時スタート

とさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

募集は以下の子となります。

 

 

シーズー♀ロコ 

 募集口数14口(※継続口数6口)

            副腎腫瘍原発の副腎皮質機能亢進症(クッシング)治療の為に

            投薬、定期的通院、モニタリング、毎月の検査が必要です。

            副腎腫瘍が肥大化した場合には切除手術も検討しています。

            クッシングによる脳下垂体異常がありますので、昼夜逆転の興奮状態

            になる時もあり、その対処治療もしています。  

 

 

 

 

中型mix♂ラフィー 

募集口数9口(※継続口数1口)

               内分泌疾患若年性糖尿病を発症しています。

               糖尿病治療の為に糖化アルブミン値により都度、インスリン投与量の調節

               をしています。(現在1日2回、インスリンを皮下投与しています)

               2ヶ月に1度、糖化アルブミン値を計測し、定期的検査を必要としています。

               要治療の胆泥症状があり、その投薬もしています。

 

 

 

 

 

 トイプー♀マーヤ

              募集口数9口(※継続口数1口)

          甲状腺機能低下症、クッシング症候群、アレルギー性皮膚炎

               毛芽腫のために毎日の投薬、定期的な通院、検査が必要です。

               直腸腫瘍があり、摘出手術をしました。予後観察が必要です。

 

 

 

 

 クローバー今期より、新規メンバーが加わりました。

 

シーズーmix♂ツモ 

               募集口数15口

               肺腺癌の強い疑いがあります。

               脾臓腫瘍、胆嚢炎、甲状腺機能低下症にて週毎の通院があります。

               また、病気に伴い全身状態が悪くなっています。

               毎日の投薬、毎週の定期的な通院、検査が必要です。

               今後次第では酸素室も検討しています。

 

 

 

シーズー♂ススム 

 募集口数10口

               僧帽弁閉鎖不全症グレード4にて投薬をしています。

               非再生貧血のために投薬治療をしています。

               甲状腺機能低下症の投薬治療をしています。

               下半身は保護時よりずっと麻痺しています。

               腎臓の数値も悪いので、食事やサプリにてコントロールしています。

               難治性外耳炎にて治療しています。

 

 

       

ペキニーズ♂ごん 

 募集口数10口

              心臓の伝達がうまく働かない洞不全症候群を発症しています。

              そのために不整脈にて、度に発作を起こし倒れてしまいます。

              脾臓腫瘍がありますが、洞不全により麻酔が出来ず手術が出来ていません。

              胆嚢炎にて胆泥をコントロールする治療をしています。

              完全全盲です。

              難治性外耳炎にて治療をしています。

              毎日の投薬、週毎の検査、通院をしています。

 

 

クローバーNEW りりーす

  そして今期より新規の

サポートファミリープロジェクト

を開始させていただきます<(_ _)>

その名は!!

 

    犬もぐもぐ応援隊犬募集口数15口

     ARChは高齢犬・傷病犬の引き取りが多く、病気の子がたくさんいます。

     在籍犬の半分は処方食や罹病への有効サプリメントの指導を受けています。

     そんなARChっ子のために処方食やサプリメント購入のご支援をサポートファミリー

にてお願いいたします。

     病院でしか購入することが出来ないものやカルテがないと購入出来ないものもあり

     サポートファミリーにてARChっ子のもぐもぐごはんを応援ください。

 

※アタチにはこのフードが必要なの~。byロコ

 

処方食とは

処方食とは、動物病院専用製品(獣医師専用製品)のことで、療法食とも呼ばれます。

特定の病気の病気予防や再発予防のために目的別に分類されているフードのことで、

獣医師(協力動物病院)がARChスタッフとインフォームして治療の目的意識を持って使用をしています。

またサプリメントに関しても同様に獣医師の指導を受けたものを使用しています。

 

 

 

 全部で6匹のARChっ子の医療費を支えてくださる、サポファミ様

 そして、もぐもぐ応援隊を募集させていただきます。

 このサポートファミリー制度は定期的な通院を要し、病気加療が必要なARChっ子達のファミリーとして

 支えていただくものです。

 

 預かりスタッフと一緒に頑張っています。

 コロナ禍の大変な時ではありますが

 どうかこの子たちのファミリーとして、支え見守っていただけますようお願いします。

 

 2月25日(木)午後8時よりチャリティーショップにて募集開始となります。

 ARChチャリティーショップ←クリック

 ご協力何卒よろしくお願いいたします。

 

サポファミ担当スタッフ

  yoko

  もなか