491号目 労無視な労務士さんは、いりません! | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

昨日から、広島に来ています。

アップグレード経営道場 第3期

参加するためです。

 

 

 

 

 

出張の時に限って、

クライアントから緊急の連絡があります。

病院からです。

 

 

 

新しい社員さんが入ったけど、

社会保険に入らないように、シフトを組みたい。

 

 

婦長がシフトを組んでいます。

『言い辛くて、・・・・、お願い!』

そのくらい婦長が調整できるはず。

 

婦長は不調のようです。

 

 

 

 

経営者から婦長に一言、

言えば済むことのはず。

しかし、その一言が言えない。

 

 

 

 

 

社会保険関連のことだから、

社労士さんがやってもいいはず。

 

 

 

しかし、

労務士さんにお願いするのも嫌だという。

『あの労務士さんは、給与計算をするだけ!』

 

 

 

 

その労務士さんは、クライアントが困っていても

『私達は、給与計算が仕事です!

 病院で決まった賃金を計算するだけ。』

と、いつも言う。

 

 

 

 

淡々と仕事をされる。間違ってはないが、

経営者が困っているんだから、

そのくらいは、してもよいはずだが・・・・。

 

 

 

 

労務士は、経営者の労を無視する

『労無視』です。

 

 

 

 

給与計算だけなら、誰でもできます。

そんな労無視さんいらないよ。

 

 

 

 

 

 

その経営者は、スタッフに言いにくいことを、

全部、私に言わせています。

 

 

 

 

裏を返せば、

それだけ信頼されているということ。

だと思って、喜んでさせて頂きます。

 

 

 

 

お客様のお困り事に真摯に向き合う

社労士さんは、いっぱいいらっしゃいます。

『労無視』さんは、その労務士さんだけです。

 

 

 

 

 

 

社労士本来の仕事しかしていないと、仕事を失う。

同様に、

税理士本来の仕事しかしていないと、仕事を失う。

そう感じた瞬間でした。

 

 

それは、どの職業でも同じこと。

気を付けないといけません。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社アークシードラボ 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

 http://kanazawa-kaigyou.com/

 

小林弘昌さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス