G.F.P メガゾーン23Ⅺ 02 フィーナ テストスーツVER. みすたーKレビュー | arcadiaのブログ

arcadiaのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

みなさま。
お暑うございますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

私は日々、暑さに負けじと業務に明け暮れておりますが、
心の余裕はいつでも2割ほどキープするように心がけておりますでおなじみ、

 

株式会社ARCADIA所属 企画開発(メカ担)、ロジスティックなど、

出来ることは何でもやる担当、みすたーKと申します。

 

開発業務はもちろん出荷伝票や売上伝票なども作っています。
そういやぁ、事務所エアコンのフィルターが酷いことになっていたので、
1時間かけて掃除、洗浄しましたよ。心なしかエアコンの効きが良いような気がします!
余談ですがね。

 

2018年7月末に発売させて頂いた「1/24 ダイキャストモデル ガーランド」。
ご好評頂いているようで何よりです。


全塗装が商品仕様なので、可変物には油断禁物な商品になっております。
塗装してある方が断然カッコイイので、多少の塗装剥がれは仕様とご了承頂ければ幸いです。

 

さて、本題です。

7月29日(日)のワンダーフェスティバル弊社ブースにも展示していました今回の主役!
AICプロジェクトと銘打ったメガゾーン23シリーズの新作!
CAMPFIREでPV制作し新たな開発進捗をしている「メガゾーン23Ⅺ」。
その中に登場するであろうヒロインのテストスーツを装着した可動プラモデル、その名も
『G.F.P メガゾーン23Ⅺ さくら テストスーツVER』!!

 

そして今回はG.F.Pシリーズ「02 フィーナ」のテストショットを少し遊ばせて頂いたので、
先取り的なレビューなんぞを書かせて頂きます。

なお、あみあみさんでは商品情報が掲載されているので、そちらもご覧あれ。
なんでもシリーズバリエーションも掲載しているようですので、併せてどうぞ。
https://www.amiami.jp/top/detail/detail?scode=FIGURE-041301&a8=D6K9W6g2ONZfSK70yl0kGmoVmfHWd2K8r2zjBeQ2A6ThAiT2OhANAjc03mKNSmoD0mSDbkAmpYKDA6afOmoV9d_sxs00000003017001&affid=fc


まずはセット内容など。
・本体(正面顔、開き手装着)
・視線右顔パーツ
・視線左顔パーツ
・左右握り手パーツ
・ハードポイント交換用パーツ(穴あき)
 ※通常時のハードポイントは穴が開いていません。

 

また、ハードポイントの穴サイズが直径3mmになっているので、

わかる人にはうれしい仕様です。


全長はアホ毛まで入れて186mm。
腕を広げた全幅は160mm。
計測具合が戦闘機風なのはご愛敬。

さて、まずは可動プラモデルと銘打っておられるので、可動を拝見させて頂きます。
可動箇所は…
 

頭部のツインテール基部に可動ジョイントでの左右+回転。

片方毎に可動するので髪の表情が出せますね~。風になびくとかね。

 


首は顔側と胴体側でボールジョイント可動です。

フェイスペイントは眉、目、口。最近では定番になっているのですが、
安定していい感じです。

 


 肩関節は2重可動です。

肩関節付け根(胸側)はボールジョイントを採用。
肩側で上下可動になっています。。

 

 

゛肩を入れる”動きも再現できる可動域を持っています。

肩のボール関節部分も思いのほか目立たない調整がされていると思われ、
単に肩が可動するだけでなく、キャラクター特有なプロポーションも吟味した

結果なのでしょう。と予測。

 


二の腕にはハードポイントがあり、パーツ分割箇所を回転軸とする事が出来ます。

肘は一軸可動ですが、人間と同じ程度の可動域を持っており、
手首にはハードポイントがあります。

 


手首可動ジョイントは回転と上下可動。

付属の握り手パーツは差し替えて使います。
他国式挨拶の図。

 

私的には手首ジョイントピンが短いかもしれません。
(パーツ構成上止むを得ないのかもしれませんが…。)

 


胸部は胸と腹と腰の3分割になっており、胸と腹は前後+回転可動。

胸部はパーツが細かく情報量が多い為、見ごたえがありますね。
作品のイメージビジュアルを可動フィギュアとして可能な限り再現している為、
単純にクオリティが高いと感じます。

 


腰は前後に可動し、腰を入れたポーズも可能。

衣装パーツで極力隙間を隠す仕様となっており、設計者のこだわりを感じます。
私的には“腰をひねる”も実現して頂きたかったかもです。

 

 

ちなみに背面にもハードポイントが豊富。

胸部背面、腹部背面に各1か所。腰部左右に各1か所、腰部背面に2か所あります。
皆さんは何を装着するのでしょうね…。楽しみですな。

 


胴体可動域がとても広く、腰から背中にかけて柔軟かつ大きく曲げる事が可能。

その為ポージングに自由度が高く、ディスプレイの幅が広がりかつ遊び応えがあります。

 


股関節は何か複雑ですね。あ、可動が難しいという事ではなく、構造がという意味です。
腰の中に股関節を上下させる関節と、そのパーツに延長する形で前後にスイングするパーツ。
その先に股関節部があり前後回転するので、人間的微妙な股関節移動が出来ていると思います。

併せて太もも内部にも脚を外側に開く可動と、股関節を外側へ伸縮する可動があるので、
開脚やら屈伸運動などの体育系な動きも可能となっております。


 確実に私より可動します。(苦笑


太ももにもハードポイントがあり、パーツの合わせ目で回転します。

 


膝は2重関節で、体育座りや女性座りも出来ます。

体育座りも出来そうなので、とことん可動で遊べますね~。

 


足首にもハードポイント。他と同じでパーツの合わせ目で回転します。
足首は可動ジョイントで左右回転+前後可動します。
足の指部分の可動が盛り込んでいます。


 
恒例、東が燃えるポーズ。

 

という事で、G.F.Pシリーズ「02 フィーナ」のテストショットで感じたことでした。


さらに遊んでいれば新しい何かを見いだせるかもしれませんが、今回はこの辺で~。

 

弊社のメガゾーン23関連商品もそうですが、

メガゾーン23の新しいステージに進んでいると思っています。
新規アニメや他社さんに動向も併せて、

今後もメガゾーン23をみんなで仲良く盛り上げていけたら幸せなことです。よね?


それでは皆様、ごきげんよう。
コンゴトモヨロシク…。

                            みすたーK

(C)AIC