家づくり-お金の使い方02 | 極め設計職人のJAZZな家造り

極め設計職人のJAZZな家造り

ヤフブロから引っ越してまいりました。宜しくお願いします。
家造りとかリフォームとか趣味のテニスとか投稿します。

皆さんは、施主支給品という言葉をご存知でしょうか?
文字のごとく工事で使用する材料で、施主が調達し支給する材料のことです。

工事会社の見積り価格よりも、施主が安く材料を供給できるとすれば、
手間だけ工事会社に依頼し、施主が材料を提供するという方法です。

工事会社は、建前上、それを拒否することはできません。
明細見積で計上されている材料費は仕入れ値ではなく、何らかの上乗せ
していることが多く、施主支給品を多発すると、工事会社の利益を大幅に
損なう可能性もあるので、上代価格よりも値入が高い場合、または値引率
が極端に悪い場合に、私は「施主支給品」対応をお施主様に提案しています。

施主支給品の場合、支給品についての瑕疵責任は、施主が負うことになりますし、
数量確認・発注から現場納入までの段取りは、施主の責任で行います。
-将来的に、支給材料が原因で瑕疵が発生した場合、工事会社は責任を負いません。

そのため、仕上げ材料などの最終工程で施工する材料の支給とします。
当社では、内装仕上材や造作制作金物等で、実行価格より大幅に安く供給
できるル-トがある場合に行います。
その場合は、事前に施主支給品・手間のみと設計図書で明記します。
-材工一式計上される場合もあるので、事前に通告します。

その他に、値合の段階で値入が高いと判断した場合は、減額案として
施主支給品に変えることがあります。最近は、ネットで建材が安く販売
されていますので、それとの比較になります。
-見積要項で材工一式計上の原則禁止を明記しておく必要があります。

施主支給は、施主責任になるので、多少の金額の差なら採用しません。
工事会社も最近は心得ていて、ネットで購入できる照明器具などは、
高い値入をすると全て施主支給品に指定されますので、同程度の値入
にしています。

とりあえず本工事に入れておいて、値入を見て判断すると良いと思います。
制作金物などは、単に採寸切断するだけなのに、特注であることで高額値入が
行われることがあります。安く制作するところがあれば、施主支給とします。
-特注制作モノは、設計事務所が代行する必要があります。専門知識が必要です。

現場搬入送料も金額によって無料となることが多く、本来計上される搬入費も
節約できます。なお施主支給を行う工事では、施主側に材料仕入能力がある
ことを暗に示すことになるため、無茶苦茶な値入は自粛される傾向があります。

施主支給ではなく、仕入ル-トを指定することで安くできることがあります。
具体例を上げます。

和室の床柱、黒檀の単板3mm4面貼りという高級床柱の値入が通常の
値入(10万円/本)になっていました。
某サイトで、4万円/本の値段で販売されていて送料も無料でしたので、
値合でこのサイトでの購入を勧めました。
工事会社には馴染みの取引先があるので、拒否することも可能です。
拒否されれば、施主支給品にするつもりでしたが、工事会社もそんなに
安い仕入れル-トがあるなら知りたいということで、そのサイトでの
購入を了承し減額しています。
あえて、責任の発生する施主支給品によらずとも、仕入ル-トを教える
ことで済んだわけです。もちろん、その床柱に瑕疵がある場合は工事会社
の責任となります。
工事会社も施主支給品にすると検収が必要であったり、保管場所であったり
それなりに検収事務書類を用意したりと面倒なのです。

次に、直営という減額手段があります。
熟練の職人によらない簡単な仕上工事の場合、材料購入から手間まで
施主が行うということです。材工とも見積から消えますが、これは
あまりお薦めしていません。
職人には、その作業を行うための専用の筋肉が発達しています。
見た目には簡単な工事でも、施工規模が広くなると筋肉の未発達な
人には無理なのです。あなたが体力のあるスポ-ツマンでもです。

道楽でしてみたいと思うお施主さまもいるので一応受け入れますが、
無料セミナ-などで講習を受けてもらいます。
最終工程しかアタマに無い方が多く、下地処理から行うと知り
諦める方が多いです。職人さんのその仕事のために養成された
筋肉を甘く見てはいけません。彼らは技だけでなく専用の筋肉を
持っているのです。実際に職人さんのマネごとをすると、
いかに職人さんが要領よく安く作業をしてくれているか
実感でき、アリガタイと思う気持ちが芽生えるようです。

私は設計職人ですが、職人の鍛え上げられた脳の筋肉?で描いています。
甘く見ないでください(笑。一つの間取りを生み出すまでに膨大な思考を
脳筋肉が繰り返しているのです。

施主支給品は、施主側の専門家である設計事務所のサポ-トが
必要です。様々なトラブルが想定され未然に対処しておく必要があります。
-当社では数多くの施主支給実績があり、無料でサポ-トしています。