~起立性調節障害~息子の再登校までとその後
~はじめに~

子供らしく学生生活を満喫しているかに見えていた中1の1学期末、頭痛・吐き気・めまいで起きられなくなり、起立性調節障害と診断されました。

その後、学校に行ける状態ではないと判断して一旦完全に学校を休ませて療養に専念し、中1の3学期からの放課後登校や短時間登校を経て、中2の2学期から再び以前のように学校に通い始めました。

高校生になって、あの頃を忘れるくらい落ち着いていましたが・・・
6月以降・・・また不調に・・・・そしてまたゆっくりと回復し、全日制高校から単位制の高校へ転校して高校生の仕切り直しを始め、くじけないようにサポートしながら見守る日々。


母目線からすれば、子供が大変だとよくわかってはいるけど、支える母も大変なんです!!と、分かってほしい・・・・

子供の状況をどう受け止めていいのか・・何が良いのか分からずさまよって・・・ゆっくりと回復が見え始めても1歩進んで2歩下がるようなもどかしさ・・・母としてどう接したらよいのか悩む日々・・・今も試行錯誤しながら彼の生きていく道を支えながら一緒に模索しています。


↓↓↓=記事一覧=↓↓↓
古い記事から読む

新しい記事から読む




長文を書くのが苦手で下手な文章ですが、とあるひとつの例としてどなたかの一筋の光になれば幸いです。




  • 01Dec
    • 蛹(さなぎ)の時

      うちの子は中学と高校で2度学校へ行けなくなりました。甘い親なのかもしれませんが、どちらの時も無理に学校へ行けとは私も主人も言いませんでした。「何か」で体調を崩して「何か」で学校へ行けないから・・・・「なら、とりえず立ち止まって休んどこうか。」という感じでした。大多数の子にはそんな時間は必要ないんだろうけど、うちの子には必要な時間なんだと思いました。ただただ、その状況を受け入れて、子どもがまた笑顔で生活が出来ることをサポートするだけだと私は自分に言い聞かせて、子どもがいつ回復してスタートを切るのか分からない中、支えながら待っていました。もうそれは親業という修行でした。(それは今もですけど・・・)適切な対処と巡り会い、充分休んだら元気を取り戻して、また動き出します。その時、「さて、これからどうする?」って、やっと先へ目を向けて、一緒に探して考えて・・・伴走するだけ。学校へ行けなくなった時点で、他の子とはちょっと違う道のりになるし、その違いは親も子も心が成長していないと辛いことが多いです。だから、他の子や親より成長します。(たぶん・・・)今まで思いもよらなかったことを心が壊れそうになりながら、苦しみ、考えるんだから。過去にも一度書いたけど・・・蝶は幼虫から蛹(さなぎ)になって蝶に成長します。きっと、動けない時は「蛹(さなぎ)」の時。自分の組織を全て壊して溶かして完全変態を経て、蛹(さなぎ)は綺麗な蝶になって羽ばたきます(蝶が苦手な方・・・注意随分前の夏前にうちにやって来たアゲハです)他の子より手間も暇も掛かるけれど、いつか羽ばたく日までゆっくりと見守って行こうと思っています(・・・て言うか、見守るしかないし)私の見守る修行はまだまだ続きます・・・頑張ろ↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      106
      2
      テーマ:
  • 19Sep
    • 乗り越えていくこと

      涼しい日が増えて過ごしやすい季節がきました♪8月にバイトで体調を崩しかけて食事と施術のケアで持ち直して、何とかやり過ごしていると、趣味でやってる活動の大事な日が3連休の最終日の月曜日にありました。台風が日曜日には上陸するとのことで、片道2時間かけて行っている次男にとって、金曜日は夜だけ、土曜日から月曜日までは早朝から夜遅くまでを毎日通うとどうなるか・・・ドキドキ・・・土曜に参加した時、メンバーの家に土曜日・日曜日と急きょ泊めてもらえることになり、通うことに関してはクリアしました。でも、急な2泊。準備は何もしてないので、コンビニで必要なものを購入して対応・・・バイト代がまだ銀行に残っていたのでそれをコンビニで引き出すことが出来て良かった♪携帯の充電器はちょっと変わったものなので買わず使用を控えて節約。泊まる。帰る。以外ほとんど連絡なしでした・・(-"-;A後、気を付けるべきは睡眠時間と食事です。広いお家だったようで、一部屋使わせてもらえたので睡眠はクリアです。食事もコンビニでサラダやチキンや野菜ジュースを出来るだけ摂っていたようです。これは指令を出しました。(;^_^A気を遣いすぎる性格で疲労を倍増させるところがあるので、色々巡る私の余計な想像・・・でも、これを乗り切れば、自分の体質との付き合いに関して一つ前進かな?いう期待もありました。そして、連休最終日の月曜の夜・・やっと帰宅。充実した4日間だったようで、思ったより疲労は見られず・・・ほっとしました。好きなことのために無理をする分には大丈夫なのね・・・都合が良いこと・・・( 一一)と、意地悪いこともチラリとよぎるけれど・・・「楽しくて何より♡」それしか今はありません。乗り越えて行くのはそうやって、一つ一つゆっくりと。私にとってもゆっくりと。いきなり元気になってバリバリ日常生活を過ごすことなど出来ないのだとひしひしと感じています。一歩一歩確認しながら進んでいるようです。マイペースな日常の中で学校やバイトで少し負荷を掛けながら、好きなことで無理して進んでいく。今はそんな状況が次男にとってはベストなんだと思います。多数派じゃない生活だけど、幸せな生活。この幸せな感覚を大事にしながら過ごしている今が、きっとこの先の「自分らしい生き方」に繋がっていく。と、信じています。学校に縛られない、多数派に縛られない。難しいけれど、腐らず、前に進む努力を忘れずに居たら道は開けて行きそうです♡↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      51
      テーマ:
  • 20May
    • ご無沙汰しています。元気にやってます♪

      次男はその後、益々元気になってます!高2の学年です。転校してから、規定のスクーリングをこなしています。最初は学校に行って帰るだけで青い顔をしてぐったりとしていましたが、今は授業の多い日でも帰って来ても元気です!休みの日には好きなことをしに月1~2回、往復4時間かけて3時間のために通い、高1の国語と英語の勉強は自習で完了し、6月の模試に向けて苦手な数学も頑張っています。夏休みからは週1回でもバイトをしたいと言っています。世間一般の皆とは違うコースですが、その中で今出来ることに向き合って頑張っています。私は・・・まだちょっと制服姿の高校生を見かけると胸がキュンとします・・・・通っていた高校付近を通るのは今もちょっと辛いです。本人は部活のOBとして学校に行ったり、メンバーとカラオケに行ったりしているのに!完全に取り残されている母です。(-_-;)でも、それは時間が解決してくれるかな?今、彼は彼で頑張ってる姿だけを見つめていたいと思っています。私が忙しく、彼が家に居る日は、家事をやってくれたり、晩御飯を作ってくれるようになりました♪何もかも思うようにできず、自信を喪失していた彼は元気になるにつれ少しずつ自信を取り戻しているようです。振り返ると、脳に血がうまく通ってないんだから普通の事が出来なかったんだと改めて思います。頭が働かず簡単な料理さえ無理な状態でした。あの時、いろんなことが出来ず、考えられず、何も選べなずにいたのは体調のせいだったのです。選択するまで時間がかかりました・・・自分がどうしたいのか、何がしたいのかさえ分からなくなっていました。そんな中で自分で選んだ道なのでもしかしたら後悔もあるかもしれません…回復した今は「本来の彼」が見えます。回復することがどれほど大切なのか・・・忘れないようにしないと…バラがきれいな季節になりました。バラを育てるのは虫との闘いで難しくて苦手だけど、冬の間は枝を最小限に切り詰めて、手入れをして肥料や水を適切に与えて根にしっかりと栄養を行きわたらせたなら、気温や日差しが満たされた時、驚くほどグングンと成長して花を咲かせてくれます。同じ命・・・きっと基本は一緒かな?思ってみたり。(笑)人の命と一緒にするなって怒られそうだけど・・・(^^ゞ彼はまだまだ根っこに栄養蓄えてる時期だから、まだまだ焦らず・・・です♪↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      111
      6
      1
      テーマ:
  • 06Mar
    • 寛解・・・・??

      週末、無事一泊二日の癒しの温泉旅行へ行って戻って来ました。出発当日やホテルでの朝も眠そうでしたがそれは長男と同レベルで体調を崩すことはなく、全ての予定は私より元気に終了♪花粉症本格発症で両鼻の穴にティッシュを詰めてマスクで隠しながら潤んだ目で過ごしていましたが、持ってくるのを忘れた花粉症の時に飲ませている漢方の小青〇湯を通りがかりのドラッグストアで購入して飲んだら、次の日に鼻ティッシュは免れていました。その様子を見ていて・・・医学用語(?)で言うなら  「寛解」 なのかな??と勝手に思っています。うちの場合は「治癒」だと思うのは危険だと思っています。中2の時、治ったと思ってましたから・・・( 一一)うちの子を見ていて、肉体的・精神的なストレスを受けると同じことを繰り返す体質なんだとろうと思います。身体が丈夫なら寝たら復活!とか、精神的なものだけで済むか、疲れたなぁ~嫌だなぁ~~と思いながらやり過ごせるのかもしれないけれど、弱い身体が弱った状態では嫌だなぁ・・と思ったとたん症状が悪化するし、寝ても体力が回復できないんですよね。元気な時にはやり過ごせることでも少しの心身の疲労と緊張にも過敏に反応してしまう・・・それには繊細で弱い心も漏れなく付いていると思いますが。そんな時は少し良くなったからと、少しの疲労・緊張を受けると逆戻りしそうなので、本人が「大丈夫だと感じる」(無理やり言わせるのはNG)まで待つしかないと思いました。ここが一番大事な時期なのかな??とも思いました。それは私にとっては超えるべき大きな壁(課題?)で、次男の身体は回復しようとしている途中に「余計なことを言わないようにするしかない。」と何度も自分に言い聞かせるしかありませんでした。まだしばらくは子供なので、自己管理が難しいだろうから回復を邪魔せず、これから成長して自立と自律のためにサポートをする・・・それが社会に出るまでに?家を出るまでに?(ずっと家に居る事も視野に入れて・・・・(-_-;))やるべきことかな?と思っています。もちろん、体力作りも!!!そして、食事制限は小麦粉だけ本人が実感しているようなので控えたまま・・・疲れ出したら他にも再度気を付けて行かなければいけなくなるでしょう。2回とも次男の不調は軽い方なのだと思います。重症な方は難病指定を受けてもいいくらいの病気だと思います。病気として広く認められて保護されてゆっくりと治療や療養が出来る環境になれば・・・と、願っています。2回の発症でたくさんのことを学ばせて貰いましたがまだまだ私も未熟者なので親子で成長していけたら良いな♪と思っています。3回目がないことを祈りつつ、一先ず更新は終了します。このブログがどなたかのお役に立つことがあればうれしいです♪(海に沈む夕日を背に良~~く見ると両鼻ティシュ次男。最初で最後の登場♪・・・・・・たぶん)いつも長い下手な文章を読んで頂き、ありがとうございました♡追伸♪ たまにどなたかのコメント欄に登場することがあるかと思いますが、その時はよろしくお願いします♪↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      128
      4
      テーマ:
  • 28Feb
    • 春めいて

      晴れた日は急に日差しが春らしくなってきました。次男は今期、予定通りに転校した学校へ通い始めています。体調の方は何も予定がない日には結構な坂道を5キロほどウォーキングするようになり、朝もあの青白い顔でダルイ感じはなく、ただ眠そうに降りてくるようになっています。体力が戻ると週半分以上お休みの生活で学校と家との往復のみでは寂しいので一般向けの「とある活動」ができるところを見つけて気に入ったら月1〜2回程度通うかもしれません。場所がちょっと遠くて帰宅は夜遅くにになりそうですが、それもまたリハビリになるかと。もう少ししたらアルバイトもしたいそうです。元気になってくると、また私はそののんびりさ加減にモヤモヤしてしまいますが、思ったところでどうしようもないので出来るだけ薄眼を開けて見守っています。のんびりとした時間の中で、自分で将来に向けて考えて行動することが出来たら良いなと思っています。たまに刺激しないといけませんが・・・(-_-;)私も新たに通信+スク-リングで勉強を始めました。集中したい時はリビングで勉強する次男と同じ時間に私も教科書を開く今日この頃。集中力は次男の勝ちです。(^^ゞ普通の高校生とは随分違うけれど、次男の選んだ道です。もう、次へのステップに向けて進めるかな??・・・もう、進んでいるかな??今週末、急に行きたくなって慌てて予約を取った海辺の温泉へ家族で出かけます。怒涛の一年弱だったので、海を見ながら温泉に浸かって私を充分癒してきます♪↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      57
      2
      テーマ:
  • 30Jan
    • 新しい生活

      入学式が終わり、単位制高校生としての生活が始まりました。体調は疲れやすさはあるものの、落ち着いて居ます。単位制の学校見学の時から全ての事務処理は本人に任せて、入学式にも予定があったので行かず。元々見かけは大人びているので私服で通う姿は大学生のようです。もう、全ては彼の思うままに・・・・授業の取り方も、どう過ごすかも・・・私は事後報告で必要な場合は動きます。学校には大人もいるので本人だけでもことが済むことが多いのです。高校は74単位取得で高校卒業という資格を与えられます。単位制では学年という「くくり」はありません。高校生として在学期間は前校分も含めて36カ月以上という条件もあるのでガンガン単位を取って卒業してしまう!というのは出来ません。1年目から沢山取れば授業の終了は早くなります。うちは1月からなので今からきちんと取って行けば3年生の年の12月に修了するそうです。でも、必要な在学期間があるため卒業は3月末です。単位取得の上限があるので通学は週3前後1日1~3限の生徒が多いようで時間はたっぷりあります。必須科目を落とせば再度同じ授業を取ります。全日制の頃のタイトなスケジュールとは大違い。体調の悪い時期、短期留学、仕事の都合なんかで取らない時期を作ったりそれぞれのスケジュールみたいです。次男は一応3年の学年の冬に大学受験を目標としています。学校には進学コースもありますが、今の普通コースのまま外部の塾に行くという選択もあります。塾が嫌いなので・・さて・・どうするのかな??今は手つかずだった高1の勉強を某通信教育でやっていて、模試を受けて自分がどの程度なのか見極めてから色々と考えていくようです。単位を取るための勉強と受験対策の勉強とは別物なので、本人の意志次第です。でも、意志がどの程度なのか今は分かりません。私の小言は部屋を綺麗に保つことと、毎日7時に起きることです。年が明けて7時に起きて来れるようになりました。授業のない日も7時です。8時くらいになる事もあるけれど・・・それは自由過ぎる高校を卒業した時に生活リズムを戻しておかないとさすがに困るかな??と思っているので・・・余裕のある生活で彼は本を読んだり、音楽を聞いたり、映画をたくさん借りて観たり絵を描いたりゲームをしたり・・・とても優雅な生活をしています。家族で一人優雅な生活を送る彼に、私は不安だったりイラッとしたりするけれど、今は言うタイミングじゃないなぁ~~と、グッとこらえてます。(^^;私は次男が転校すると決めてから気持ちが随分と楽になりました。それは、私の拘りに縛られていたからでしょう・・・今の世の中、「学歴」はあったに越したことはないけれど、それ以上に「自分の力」がなければ生きて行けそうにないし、それは彼自身が感じて得ていくものなので傍観するしかありません。私はこの半年で消耗したエネルギーの補てんと、これからの私のことを考えて行こうと思っています。今、個人事業主として一人で家での事務仕事をしていますが、「外に出たい!」と思っています。でも、この仕事のおかげて次男に振り回されることが可能だったので本当にありがたい仕事でした。悩むところです・・・自分のことに集中してバタバタしていないと「余計なこと」を言ってしまいそうになるので自分のことだけ考えて行こう!と思っています。長男も春から就活が始まるし、それぞれの道の模索が始まる春です♪↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      74
      6
      テーマ:
  • 23Dec
    • これからのこと。

      2学期が終わりました。次男はとうとう12月の初めに1月から単位制の高校に転校することを決めました。2人で学校へ行き、時間を頂いて先生方にその話をした時、「とてもよく考えて出した結論だということがとてもよくわかったし、前向きな気持ちなら何も言うことはないので、応援するしかないね・・・・」と、言われました。主人は体調・体力の事だけを考えたら賢明な選択だと言い切っていました。私は卒業に4年かかっても残って欲しかったのですが・・「後悔しないようにね・・・」それだけです。決意を聞いた日、帰宅した主人の顔を見るなり号泣した私。この半年、毎朝毎朝学校に遅刻欠席連絡を入れていたのも、一人で何度か学校に行ったのも、病院へ診断書を貰うために走り回ったのも、車で送迎に励んでいたのも学校に戻れるようにして置きたかったから・・・主人は「そんなに嫌だったら転校の選択肢を与えなければよかったのに。」と言ったけれど、私にそんなこと出来たかな??「彼なりに」はよく考えたこと。結論を出すまで、私はできる限りの話はしたつもり。出来るのは選択を受け入れることだけでした。きちんと去るために、先生に伝えてからも変わらず週2~3回午後から車で登校でしたが、帰りは自力で帰って来れるようになりました。朝も起きやすくなりました。(まだ8時で精一杯です。)先日、治療所で施術を受けた時、大分楽になってきたね??走り出したくなっってきた??と言われていました。ゆっくりと普通の生活に近づいています。完全に元気になった時、この選択を本人がどう思うかは分かりませんが、ある程度回復した時にゆっくりと自分で考えに考えた結論だし、転校に対して前向きに挑もうとしているので、私の奥底の本心はしまい込むしかありませんよね・・・色んな人に支えてもらっていたとても短い全日制での高校生活でしたが、転校を決めた彼。今後、その選択を後悔しないことが恩返しになるからと伝えました。大好きな部活にはOBとして出入り自由と言われたそうです♪それが何よりもうれしかったみたいです。これから先、また体調を崩すかもしれないし、崩さないかもしれない。誰にもわからないことです。1度目は中学生でいくら休んでも元の場所に戻れるので自然治癒でした。(カウンセリングは治療というより人と違う生活をしてる不安や復帰へ心配事を解消する感じでした。)2度目の今回はショックは大きかったようですが、成長したからか受け入れることと動き出すことは早かったと思います。でも、本人にとっては動けなってしまったことは本当に辛かったと思います。中学で中途半端になってしまった学校生活だったので、高校は誰よりも考えて選んで夢見て入学して・・・部活も勉強も頑張っていたところでしたから・・・その、2回目で次男の不調に陥るパターンが浮き彫りになりました。きっと、発症しても重くはない方なのだと思います。それでも、今回は半年。(まだ普通とまでは行きませんが・・・)対処が分かってきたので次はもっと短いと良いな♪・・・じゃなくて、繰り返さないことがベストですけど・・・でも、それを怖がっていたら何もできないのでまた動けなくなったら、迷わず潔く立ち止まって、そして元気になったら前を向いて歩いて行けたら良いよね♪この不調の辛さのは経験していない私には分からないんだろうなあ~~って思います。「一旦休む。そして歩き出す。」そんな人生になるかもしれないけれど、それに耐え得るように成長することが課題かもしれません。「他の人と同じ道を求める」とそれはストレスになるだけ!!・・・それは私の事なんですけど。2度目にもかかわらず、「他の人と同じ道」から離れられない私は強烈なストレスを経験しました。きっと、中身が成熟した人なら「そんなこと・・・」なんでしょうが・・今までの人生が「普通」に縛られてきた私にはとても大きなストレスでした。乗り切るために満腹中枢を麻痺させていた(?)私は、これから元の体重に戻さなければいけません。((+_+))アドラーの目的論によると、それは食べる言い訳に過ぎないってことらしいけど・・・・(>_<)転校先では、自分で履修スケジュールを組めるので最初は週3程度の午後からの予定だそうです。気持ちは十分前向きなようなので疲れさえ貯めなければ何とかなる状態かな??このカテゴリ「高1不調」の続きがないことを祈りつつ・・・新たな旅立ちを見守りたいと思います。先日、16歳になりました♪ケーキは小麦粉不使用のレシピに挑戦!辛い思いをしたけれど、それは不幸ではありません。これからも幸せな日々でありますように・・・・ 糖質ほぼゼロおもてなしレシピ [ 主婦の友社 ] 価格:1296円(税込、送料無料) (2016/12/23時点) ↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      122
      6
      テーマ:
  • 17Nov
    • 高校受験校選びについて

      最近、体調は回復してきました。後は疲れやすさと疲れると起きる頭痛。起きる時間は9時で精一杯ってところかな??高校は・・・もう頑張っても留年は決定なので後は転校するか留年するかの選択です。最優先は健康を取り戻すことです。単位制へは3学期に転校しないと3年での高校卒業とはならないかもしれない(春休みに特別措置で単位が取れたら大丈夫かも?)のですが、本人が揺れ動いているならどうせ留年しても4年間の高校生活だし、受験する気はあるようなので、焦らず考えても浪人してるのと時間的には変わらないので、もう少しきちんと体調を整えてから納得いくまで悩むことを本人が決定しました。学校へは本人が担任や主任の先生に伝えているので、今は彼の動向を見守ってくれている状況です。前は毎日のように後何時間で単位が取れなくなる!と言われていましたがリハビリ程度に体調に合わせて学校に来る生徒だと思われているようです。今、高校受験のシーズンで選択を悩まれてる方も多いかと思います。うちは中学1年の1学期末から学校に行けなくなり、中学2年の2学期からは普通に登校していました。丸一年授業を受けていなかったのでブランクがありましたが、なんとか遅れを取り戻せる時間がありました。そのため高校の選択は普通にしましたが・・・結局は行けなくなりました。結局こうなるなら・・・近くの楽な高校を選んだほうが良かったの??もっと、安全な道を選んだら良かったの??…なんて、全く思っていません。覚悟はそれなりにしていましたが、行けなくなった時のストレスは半端なくて、想像以上でした。覚悟をしていなかった本人はそれはそれは苦しく辛い思いをしています・・・でも、だからって、予防線を張る受験の選択をした方が良かったとは思っていません。あの時、やりたいこと、出来ること、希望、未来・・・を夢見て本人が望んで選んだことはとても大切なことだったと思っています。その時に出来ることを出来る限りチャレンジして、それがダメになったとしても、その時に改めて色んな道を考えて探して選べばいいし、高校の場合は即、退学留年に直面するけれど、本人が考えて向き合って、そこでまたさらに深く大切なことに気が付けるんだと思います。この経験は彼のこの先の人生にとってはさらに大きな経験となって、マイナスではないと思っています。後悔するかどうかはその後の自分次第だと、出来ることは自分の今居る場所で頑張るだけだと、言い聞かせています。誰も先のことなど分からないし、誰も何が正解なのかは分かりません。ただその時々の自分の意思を尊重して進んでいくのが後悔しない方法じゃないかな?と思います。どの道も本人次第で本人の納得と未来を夢見られる道なら、親の出る幕はほぼナシですが、暴走し始めたらちょっと引き留めるくらいで、その時は、「こうしたほうが良いよ・・」ではなくて、「こんな道もあるよ♪」って感じでプレゼンはします。どの子にも未来は用意されています。子どもが希望を持てる道を・・・もしまた、つまずいてもまた道を探せばいい・・・私はそう思っています。↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      116
      10
      1
      テーマ:
  • 31Oct
    • 自律神経を整える

      1か月半で新たに通い出した治療所の4回目の施術が終わって4日程経ちました。調子は受ける度に上向きになっています。吐き気は徐々に消えて行ったようです。だるさは施術後は取れるようですが調子が悪いとだるさが出現します。頭痛は半減してきています。受けなかった場合と比べることが出来ないので、体調が上向いた理由を限定することはできませんが・・・・。生活のリズムが乱れて、日常生活を普通に送る事が出来ない・・・お医者さんに行ってどこを調べても悪いところはないと言われる・・・以降、メンタルの問題へ・・・となる。メンタルにズバリと思い当たることがなければ(メンタルの不調の大半も自律神経の乱れなんでしょうけど・・・・ストレスの原因を取り除けば自然と治っていくものかも?)、まず、自律神経を整えるのかな?「自律神経の乱れ」の中にいろいろと細かな病名があるのかもしれないなあ・・と思えてきました。ここからは色々調べて、先生から学んでまとめた素人の考えの次男の場合ですので参考程度に・・・疲労がたまる(身体的・精神的ストレス)↓血流やリンパの流れが悪くなり内臓機能が低下する↓食欲がなくなる↓胃腸の機能が低下するので食べても栄養を充分分解・吸収することが難しくなる↓脳や身体に必要な栄養が足りなくなる↓疲れから回復できなくなるホルモン不足から頭痛も吐き気もめまい倦怠感も起こる(←次男の主な症状です。)気分がネガティブになってくる・・・体内時計が狂ってくる・・・等、色んな不調が出現。その不調の出現は個人の弱い部分に集中するのかもしれません・・アレルギー体質の人はアレルギーがひどくなったり、持病がある人は持病がひどくなったり・・・うちの場合は脊椎側弯症気味でねじれもあるのでさらに流れが悪くて回復も遅いため悪化も早い・・・これを改善するため、今、血やリンパやホルモンの流れをよくして胃腸の働きを元に戻して栄養の吸収力を上げて質の良い栄養素を身体や脳に運べるようにすることに努めています。流れをよくするために先生のお世話になっています。前に整体に通っていましたが、通っていた整体は血流をよくする面では一緒なのですが、先生は内臓の機能を回復させることを意識して施術されます。食事については動きが悪くなっている胃と腸を整えて(サプリ等)、内臓に刺激を与えると考えられる食材を避けています。糖尿ではないけれど、血糖値を急激に上げると血糖値を下げるホルモンを出さないといけないのでそれも弱った体には負担になるそうで、血糖値を急激に上げないように気を付けています。まず、小麦。後それでも改善しなければ・・・発酵食品、乳製品と避けていくようですがうちは小麦だけ避けています。とりあえずパン・うどん等・・ちょっと混ざってるくらいは気にしません。たまに炭水化物も多く取ると食後に起きてられないほど眠くなるようです。(食後に眠くなる原因→★)ホルモンのバランスが良くないうちは炭水化物(主に白米)も少なめにした方が体に負担が少ないのかもしれません。食べる順番や食べ合わせで、同じ量の炭水化物でも上昇の度合いが変わるようなので気を付けています。しばらくは健康な時とは違うと思ってないと少し良くなったと思うとすぐに大丈夫かな?と思ってしまいますが・・しばらくは注意が必要です・・・これがなかなか難しいのですが・・肝に銘じています。おやつは素焼きのナッツ・チーズがメインです。食後ならチョコや甘いものは少しくらいは食べています。アレルギーでも糖尿でもないのである程度は・・・いいかな~??って感じです。ただ、すきっ腹には食べることを避けています。後、油はオリーブオイルだけにしています。不飽和脂肪酸と言われるものが体には良いようです。オリーブオイルが一番安価な不飽和脂肪酸のような気がするので・・・そして、毎日摂っているのは鶏がらスープです。作り方は適当なので(^^ゞコチラを参考に→ ★鶏がらの栄養素はコチラ→ ★身体に足りない栄養素を摂りやすいそうです。朝晩マグカップに入れてレンジでチン!して生醤油を垂らして飲ませています。朝、食欲がないけれどスープなら飲めます。近所で地鶏の生の鶏がらが買えるので週に1度下茹でした4羽分とねぎ・しょうが・水2.5~3Lを圧力鍋に入れていろんなサイトを参考にしながら濃い鶏がらスープを作っています。4羽だと冷蔵庫に入れるとドロドロしてます。2羽だとサラサラです。コラーゲンたっぷりなのか??私が飲むとアンチエイジング効果がありそう♪野菜を入れてスープにするのが良いのでしょうが・・毎日スープを食べる飽きるだろうし・・・面倒なので・・・飲んでしまえ!!って感じです。醤油を少し入れると薄めのラーメンスープのようで美味しいみたいです。寝る前にはナッツ・チーズ・鶏がら醤油スープを飲ませています。起きるのが遅いので晩御飯から考えると12時間以上何も栄養を摂らない状態になるので栄養不足になるのは必然のような気がして、寝る前に少しでも栄養を入れると安心な気がします。ニンニクを足したり、晩御飯にそのスープで料理をしたりしますが、料理にすると全部飲み干さないのでもったいない・・・・もう少し元気になったら朝だけでも良いかと思いますが・・鶏がらスープの摂り過ぎの不都合ってあるかどうかは分かりません・・・・晩御飯しかきちんと食べられないので摂り過ぎはないかな??と思っていますが・・・そして、毎食事にはタンパク質!!ささみ、胸肉が多いかな~??身体の細胞の元はタンパク質なので・・・豆腐もできるだけ食事のメニューに加えますが、男子は「肉!!」です・・鶏肉が好きな子で良かった・・・・野菜は可能な限りたくさん・・・食事に関しては自律神経が乱れなくても身体に良いことだ思うので家族みんなで気を付けています。少し気を付けてる程度なので続いています。ほぼ毎晩ですが、本人が希望した時はお風呂上りにうつ伏せに寝て首~背中~腰をマッサージをしています。そんな感じで一か月半が経ちました。次男の体調は緩やかに上昇!?のような気がしています・・・・回復までどのくらい時間がかかるかは分かりませんが・・焦りは禁物ですね・・・運動について先生に尋ねると、まだカラオケ歌いながら踊るくらいじゃないと疲れるかな??って言われてしまいました。ウォーキングはもう少し先かな?という感じです。学校の単位は午後から登校のためほぼアウト!辞めるのか続けるのかどうするかはもう少し思考が回復してから決めるそうです。自分の気持ちとキチンと向き合えないまま決めてしまうのは難しいようです。待つ身は辛い・・・・でも、待つしかない・・・と、言い聞かせる日々・・・・でも、少しずつでも元気になって来ているのが救いです♪↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      98
      2
      テーマ:
  • 14Oct
    • 不調の原因は・・・

      中学1年の夏に起立性調節障害と言われて、丸1年休養して復帰してからは普通に過ごしていたけれど、高校に入学してまた不調でダウンしました。改めて、色んなお医者さんに行きました。1年半、普通に過ごして普通に受験して希望の高校に通って中学の時に失われた1年を取り戻そうと本人が勉強や部活を頑張っていた最中でした。治ったと思っていたのに・・また学校に行けないほどの不調・・・覚悟はしていたけれど、私のショックは相当大きいものでした。不調を繰り返すということは、この先もこの体質と付き合いながら生きていくということだと思って今のうちに対策があるならと今も色々と調べています。そして、最近は内臓まで意識して施術して貰える治療所にお世話になったり、病院の先生に紹介頂いたゴッドハンド的なカイロにもお世話になっています。まだ、それらについては施術途中なので効果は未知数のため後日・・・次男はカイロの先生から最初に側弯症だと言われました。と、言うか・・はっきりと言われたのは初めてでした。病院で胸のレントゲンと撮った時、整体に行った時・・歪んでるとは言われていたのですが・・側弯症とまでは言われなかった・・専門外なので言えなかったのかも?又は、軽いのかもしれません。「そっか~~・・背が昔から高かったし~猫背だし~」くらいでしか受け止めていませんでした。今施術を受けている2か所で色々と学んで考えてみると、うちの子の場合は側弯症によって色々なものの流れが悪くなって不調が起こっているのでは・・と思えてきました。普段はギリギリで大丈夫でも、疲れやすく疲労がたまりやすいので自律神経まで不調になるのかな・・・ひとくくりに自律神経の不調と言われてしまいますが、原因は人それぞれなので難しいですね。↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      46
      テーマ:
  • 11Oct
    • 我が子のその後

      まひろさん関連の投稿が続きましたが、うちの次男の現状を私自身の頭の整理のために書きたいと思います。今の状況は頭痛・吐き気は続いていて・・それでも本人曰く、「良くなりつつある。」そうで、4時間目か5時間目からの登校です。診断書を提出しているので出席日数の猶予は少しはあっても、それももう限界まで来ています。回復が早いか単位が取れなくなるのが早いかの攻防です。(-_-;)このままでは、出席もそうですが、まだ集中できない頭痛のため勉強が出来ていないので全滅するのは目の前。先日、本人を交えて担任の先生と話をしました。「選択肢は3つ」かな?・今回単位が取れなくても学校に残る。・転校する。・自習で高卒認定を受けてその先の進路に備える。同級生ですでに転校した生徒がいるようです。過去には5年かけて卒業した生徒、3年間籍だけ置いて高卒認定を取り大学受験をして同級生の卒業と同時に中退を選んだ生徒もいるそうです。「本人が何を大事に思うのか?」本人もどうしたいか悩んでいるところで、急激に回復して復帰出来たらそれが一番!だと淡い期待を抱いていることころもあります。・・・その気持ちを思うと泣けてきます。でも、そんな都合の良い病気ではありません・・・現実は現実です。もし、転校するなら・・と、調べて学校見学に主人と本人と3人で行ってきました。高校卒業資格の74単位を取得する学校です。登校日は生徒がそれぞれの都合で選択できます。午前が無理なら登校時間を調整しながら74単位を取得することも出来そうです。登校が無理なら通信制もあります。(年数回は登校がありますが・・)なにより本人の悔いが残らないような選択をして欲しいと思っているので、毎日胃が痛い中、見守っています。何を選ぶかはきっと時間と共にはっきり見えてくるかな??進路の選択に正解はありません。本人にも分かりません。何をどう選んでもきっと「自分次第でなんとでもなる!」と思える気持ちを持ち続けることかな??と思います。↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      55
      6
      テーマ:
  • 06Oct
  • 24Sep
    • ゆかちん♪さん へ「知り合い」からのコメントの返信です。

      前回の投稿のコメント欄でゆかちん♪さんのコメントを「知り合い」が読んで返信が来ました。ゆかちん♪さんにメッセージでお送りしようと思ったのですが、受け取らない設定でコメント欄にも1000文字を超えて入らなかったので新規投稿と言う形になります。(;'∀')ゆかちん♪さん以外の方にも何か参考になる事もあるかもしれませんね。以下、メッセージです。---------ゆかちん♪さんへ苦しむ我が子を何もできず見ているのは、まさに断腸の思いですね。胸が張り裂けそう… その気持ち、痛いほどわかります。ゆかちん♪さんの何かの参考になればと思い、rayさんにこのコメントを託します。何年もうちの息子の「嫌な気持ち」と付き合ってきた私なりの解釈は、それは「自分の体を守るための、脳からのストップサイン」です。最初は「嫌な気持ち」が出た際、「ああ…またか…」と落ち込み、絶望しかありませんでした。しかし一番最近では「おっと出たぞ。まずいまずい、ちょっと無理しすぎた?しばらくじっとしてよっか。」といった具合に、1つのサイン程度の扱いになりました。とにかく無理せずじっとしておけば、その気持ち自体は1ヶ月もしないうちに治まりますから。それにその段階でしっかり休んでおけば、落ち込みも具合もましなんです。さて、ゆかちん♪さんのお子さんの「引っかかり」の気持ちと、うちの息子の「嫌な気持ち」は、同じものでしょか?ゆかちん♪さんのお子さんは、ODがひどい症状を起こした頃に「引っかかり」が出たとおっしゃってましたね。うちの子も疲労が蓄積してもうダメだ!って時に「嫌な気持ち」が出てきます。学校が大好き、先生も友達も大好き…なのに教室へ入れない。これはうちも同じです。学校で何も嫌なことなんて一つもないんです。でも学校へ行くのが「嫌」なんです。なんだかとってもよく似ていますね…。うちの息子は副腎疲労症候群を患っておりますから、副腎から出るはずのコルチゾールというホルモンがうまく出ません。健康な人は朝6時頃からこれが大量に分泌され、脳が眠りからゆるやかに目覚めていきます。つまり、コルチゾールの分泌が少ないと、脳が眠ったままの状態で朝起きられなくなります。また、副腎から出るはずのアドレナリンやドーパミンといった神経伝達物質もうまく出ません。これが出ないと何もする気が起きず、活発な活動ができなくなります。起立性調節障害と副腎疲労症候群との相関関係は、私は専門家でないのでわかりませんが、こちらの病態もよく似ていますね。そして、「嫌な気持ち」が出た時の、私なりの対処法です。まずは子どものつらい気持ちに寄り添う。「つらいね、しんどいね。でもそれはA(子どもの名前)が悪いんじゃないよ。病気のせいだからね。Aがさぼってるとか、だらけてるとか、そんなんじゃないのはお母さん、わかってるからね。」とか言って、なるべく子どものストレスを取り除く。(ストレスが一番この病気には悪いので…ってストレスはどの病気にも悪いですよね。)そして、ゆっくりさせてあげる。家で好きなことを好きなだけさせてあげる。ゲームでもパソコンでもこの際OK! 勉強しろなんて絶対NG。そして少し元気が出たら一緒に外に出てみる。外食でもいいし、映画を観てもいいし。(rayさんのブログにあるように、うちはよく山に登りました。)その間、担任の先生とは密に連絡を取っておく。もし友達が遊びに来てくれたら、熱烈歓迎オーラを出しておやつやお茶をご馳走し、「またいつでも遊びに来てね。」と帰す。(彼らが学校へ復帰する時の手助けを、絶対にしてくれます!)以上です。最後に大丈夫!うちの子もずいぶん良くなりましたよ。時間はかかるかもしれないけど、ゆかちん♪さんのお子さんも必ず良くなられますよ。一緒にがんばりましょう!------------------------

      91
      6
      1
      テーマ:
  • 23Sep
    • 知り合いのお子さんの現在大学1年生のA君の小5からの経緯

      ひとくくりに不登校と言っても個人差は大きくて対応は臨機応変に・・・でも、母は我が子に何が起こったのかパニックになるし勉強も学校も気になるし・・本人も大変ですが、本当に支えるほうも大変ですよね・・・以下の話は知り合いのお子さんの、現在大学1年生のA君の小5からの経緯です。ブログをされていないのですが、貴重なお話だと思いましたので、「どなたかの役に立つなら」と公開の許可を頂きました。代わりに投稿させていただきます。---------------------------------------------小5 GW明けに初めて「学校へ行くのがいやだ。」と言い始め、担任の先生と相談して一週間休ませて、その後一学期中は送り迎えをしながらなんとか通う。2学期からは機嫌よく通い始めたものの、11月中旬から2度目の行き渋り。担任の勧めで市の教育センターにある教育相談所に行く。不登校の子が通うフリースクールがあるが、本人が学校の方がいいと言うので、休みがち、遅刻・早退しがちでなんとか通う。 小6 ㋃から問題なく普通に通う。が、11月中旬から三度目の行き渋り。またも休みがち、遅刻・早退しがちでやり過ごす。その間私立中学進学も考えるが、見学に行ってみて本人が「遠くてとても通えない。」と言うので断念。近くの公立中学へ進学する。 中1中学に入り、小学校での行き渋りの不安を払拭するかのように、授業にクラブに塾にと、週末も休むことなく毎日精力的に動く。夏休みも毎日クラブ三昧。が、2学期に入って中間テストあたりから様子が変に。クラブへは行きたいが、朝から学校に行くことが負担になってきているような感じ。それでも行き続けるが、12月には週に1度ほどしか行けなくなる。それでも週末のクラブに参加していた。冬休みになり学校が休みになるとクラブには毎日参加。無理に無理を重ねる。そして年が明け、3学期初日。家に帰りつくなり倒れ「もう無理。」それっきり学校にも塾にも、もちろんクラブにも行けず、自宅で休養。不登校の理由は特に見当たらないので精神的な疾患を疑い、心療内科を受診。「冬季うつ」との診断を受け、治療を開始する。クラブの顧問の先生のアドバイスを受け、母と犬とでよく山登りに出かける。(近くの山に1時間半程度。)再び教育相談所へ相談。その後2月半ばから別室登校を始め、勉強も少しずつ再開し学年末テストは別室で5教科のみ受ける。心療内科の薬は効かないし長い待ち時間が嫌だと言って3ヵ月もしない内に行かなくなる。修了式前には教室に戻り、1年生を修了する。 中2春休みに父と母と3人で山を登っていた時のこと。「お父さん、心配かけてごめんね。でももう大丈夫だから。学校にもちゃんと行くからね。」と発言。学校側も気にかけてくれ、仲のよい子と同じで、担任も学年一評判のいいベテランの男の先生のクラスにしてくれる。本人の言葉どおり、初日から毎日通い始める。が、GW明けにまたダウン。結局中2の一年間は、週に1~2日、数時間ずつ程度の出席のみ。ただし夜になると元気になるので塾には通えていた。そして学校の定期テストや実力テストは全部受けた。この一年間、カイロプラクティックに通っていた。そこでは波動の原理を利用した「フィシオエナジェティック」という技法で体の中の悪いところやその原因を調べてもらえる。(ドイツではちゃんと認められていて、保険も適用されている技法なのだそう。)それによると息子は「頭の中に何らかの炎症?があって、アドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質が脳に行き渡っていないことが不調の原因。心理的要因は全くない。指定のサプリメントを52週飲むと治る」という。ほかに評判の心療内科の予約をたまたま取れたのでそちらにも通っていた。躁うつ病との診断でデパケンという薬を処方さえたが、まるで効かなかった。あげく「薬の効かないタイプ」とさじを投げられる。カイロの先生のおっしゃることを信じて、復帰したときに困らないようにできる範囲で勉強をして過ごした一年だった。 中31学期が始まり、カイロの先生の予告通り毎日休まず登校し始める。しかし、その頃から今までとは少し違う病状が出始める。慢性疲労。疲れやすく回復しにくい。学校へは行けるが塾には通えなくなってしまう。頼りのカイロの先生に診てもらうと、「原因は魂が自分のやりたいことをしていないから云々」…??? それでもがんばって学校には通い続ける。公立高校に進学するための内申を取るために学校に行かないといけないことは、本人もよく承知していた。夏休みになり、学校がなくなると塾の夏期講習には行けるようになる。が、2学期が始まるとまた塾には行けなくなる。学校の方が大事だからそれでもよしとした。朝起きづらく休みがちになりながらも10月の中間、11月初旬の実力テストは頑張って受けた。そして11月中旬。ついに学校に行けなくなる。本人曰く「嫌な気持ち」に支配されてしまうそう。何もやる気が起きない様子で2学期末テストは受けられず。「公立高校に行けなくなるよ。どうするの。」と尋ねても「どうでもいいわ、もう。」と超投げやり。カイロの先生に診てもらうと「甲状腺に何かがあります。」そうで、お勧めのサプリメントを飲むと3学期にはギリギリ間に合って治るという話だった(と思う)。ほかに何もできないので、再びカイロの先生を信じて塾にも行かず自宅療養する。山登りも復活。12月も近づき、いよいよ受験校を決めないといけない。中学と違い出席日数が足りないと留年しまう公立の普通科より、通信制高校の方がいいのでは?と提案しつつ本人の意志を聞くと、「公立の普通科に行きたい。」と言う。それを受け、担任と母の二者面談で(本来は三者面談だが。)相談する。彼の内申でギリギリ受けれる公立高校が近所の高校ということだったので、とあっさり決定。併願の私立も近くの高校に決め、本人には事後報告。3学期になり、少しは学校に行けるようになり、勉強はまるでしてないながらも学年末は受ける。併願の私立の願書も出し、受験。なんとか合格。とりあえず4月から行けるところができたと一安心。1月~2月上旬がんばった分、またしばらく自宅休養。もうカイロの先生には行かず。2月半ばの公立前期は無理だから受けないと主張。(一応願書は母が出しに行ったけど。)2月末からそろそろ登校を再開し公立後期は願書も自分で出し、卒業式にも出席。11月以来全く勉強していなかったが、受験した公立後期になんとか合格し、説明会や物品販売やと忙しい春休みを迎える。 高1晴れて高校生となり、希望に満ちた春を迎える。疲れやすいのは相変わらずだが、無理しないよう夜は10時には眠るようにして、休みなく学校に通う。クラブは将棋部に入る。夏休みには学校主催の語学研修に参加し2週間ほど海外へ。カリキュラムを無事こなし、元気に帰ってくる。2学期になり、文化祭の準備に追われる。疲れている様子が気になるが楽しそうでもあり、母には止められず。そして魔の11月。またしても「嫌な気持ち」が出現。学校に行けなくなる。ここで初めて副腎疲労に詳しいクリニックを見つけ受診。色々な検査をしてもらい、副腎疲労症候群と診断される。初めて病名を告げられ全ての説明に心から納得し、治る希望を見いだし安堵する。本当に素晴らしいお医者さんで、常に息子に寄り添ってくださってました。2学期末テストは受けられなかったが、成績は良かったので見込み点で問題なし。休んでいる間はパソコン三昧で全く勉強せず。12月中頃からぼちぼち学校に行き始める。担任とも懇意にしていたので出席日数が危ない科目を教えてもらい、そこに重点を置いて休み休みながらも3学期をやり過ごし、なんとか2年に進級する。 高2治療を続けながら、疲れすぎないよう体調管理に自ら気を付けながら、通常に学校へ通う。友人関係も良好で高校生活を楽しむ。しかしやはり疲れは蓄積されてしまっていたようで、10月末の修学旅行(これもめちゃくちゃ楽しそうでした)のあと、例の「嫌な気持ち」出現。学校に行けなくなる。それでも本人は「去年より状態はいい」と言う。確かに休んでいても好きな数学の問題集をやっていた。この状態で勉強できるのは初めてだった。また1ヶ月ほど休養して、ぼちぼち復活。どの教科をあと何時間休むと進級できないか、担任と学年主任が説明してくれ(その場に本人もいました)、時間割とにらめっこしながら3学期の出席予定を親子二人で考えて、その表を冷蔵庫に貼ってクリアしたら大きな×で消していき、なんとか3年に進級する。 高3いよいよ受験を迎える3年生。クリニックに通い始めて1年余、その成果は現れているとは思うものの、今一つ疲労感が抜けない感じの彼。中間が終わった5月半ばに「嫌な気持ち」が出てきた、と衝撃発言!11月ならまだしも、まだ先の長い5月になんてこと!…そこに登場したのが「灸のような指圧」!!!ちょうど5月初旬にお姉ちゃんが指圧の治療院に行き、何度か試しにやってみてその成果を実感し始めたところだったのだ。とりあえず毎日「お灸のような指圧」をして疲労回復に努める。1週間もすれば「嫌な気持ち」は治まったので学校には復活するが、とりあえず負担の大きい6月の体育祭参加は諦めようと決め、担任に報告。その後は無事期末テストも受ける。夏休みに入ったらすぐに行こうと「お灸のような指圧」を施術してくれるところに予約を取る。そこの先生のことは気に入り、クリニックと並行して通うことになる。夏休みには大学のオープンキャンパスにも3校ほど友達と連れ立って行き、結構元気に過ごす。その間も毎日のようにお灸のような指圧をして受験勉強を進める。2学期には最後の文化祭を大いに楽しむが、まだ元気。しかしやはり11月にまた「嫌な気持ち」出現。大学入試に内申は関係ないので無理をせず、2学期末テストは休む。(遂に高校3年間2学期末テストを一回も受けず!中3から数えると4年連続!)休んでいる間も自分なりに勉強はキチンとこなす。12月には「嫌な気持ち」も治まったようなので、学校には無理のない程度に出席し、塾には行かず(行けず)自分のペースで受験勉強をがんばる。そしてセンター、二次と受験をこなし、無事第一志望の国立大学に合格する。なお、体力的に無理なので私立は受けず、でした。 現在大学に休みなく真面目に通う。サークルに入り、活動に週2回ほど参加。チューターとして母校の後輩を教えるバイトに週1で入る。クリニックからは5月頃に「卒業」を宣言され、治療修了。もうひとつの治療所へは2週に一度の割合で一人で通う。夜更かししないよう気を付け、体調管理には常に注意してい暮らしている様子。以上です。最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。----------------------------------------------------子供のその時々に向き合いながら寄り添っていく・・・親は正しいのかどうかも分からない中で結果を柔軟に受け入れる気持ちをキープする・・・とても難しいけれど、親も修行ですね・・・・私はまだまだだなぁ・・(-_-;)

      47
      2
      テーマ:
  • 20Sep
    • 新たな対処

      その後の次男は随分と学校へ行く時間が長くなりましたが、フルとはいかず・・・疲れやすい。それに尽きてきます。色々と調べたりしていると・・・副腎疲労 のキーワードに行きつきます。参考⇒「副腎疲労症候群」⇒ ★起立性調節障害を詳しく診て頂ける病院も考えましたが・・積極的に疲労を取ることを考えると・・・必要な条件は副腎疲労に詳しく、その回復を考えてもらえるところかな?と思いました。今通っている整体も良いのですが、普通の施術じゃ「何か」が足りない様子です。なので、さらに一歩踏み込んで(ホルモン分泌や内臓への刺激?)施術できる所があれば…思いました。そう考えて又必死で悩んで探していたら、運よく効果のある治療所に通われて良くなっている方と知り合いになれて色々と情報を頂きました。こればっかりは誰にでも合うものではないし、自分もしっかりとした覚悟を持たないと疑心暗鬼でも良くないし・・最初はどこでもチャレンジです・・試してみないと分からない。お医者さんにしても整体の先生にしても、受ける人の心に寄り添って考えてもらえるかどうかは私の重要ポイントです。腕がいいと噂の先生でも辛い気持ちに寄り添って、「良くしてあげたい」、「楽にしてあげたい」と言う心を感じなければ次は行きません。今は選べる時代です♪教えて頂いて、ネットで調べて熟読して、ここなら…もしかして…良くなるかも⁈と、思ったので、ドキドキしながら治療所に予約を入れると調子が悪い学生だと知って、早急に時間外でじっくり診て頂いて、施術も丁寧で本人が寝てしまうほどリラックス。それと食事のご指導いただきました。サプリの吸収を考えると胃と腸の調子をまず整えることだと言うことで胃の調子を整えるサプリと腸のためのサプリを頂きました。どういうサプリメントがなぜ必要なのか教えて頂き、家でも出来る施術を教えて頂き毎晩息子に施術することで回復を早めると言うことでそれも納得。次回、通うまで様子を見るだけではなくて、自分にもできることでなんとなく回復が早くなるような気がしてきます。施術による親子のコミュニケーションも良い部分があるのかもしれないと思います。身体が温まるようで、気持ちよく眠りにつくのも早いようです。繰り返す不調は体質としての弱さを長い目でみて整えられたら良いのですが・・・・今はこちらで様子を見ようかと思っています。↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      43
      テーマ:
  • 06Sep
    • 復帰しても難しい事

      夏休みが明けました。夏休み中は部活三昧でした。部活は午前からでも授業より始まりは1時間遅く、半日だったり、休みも多くて良いリハビリになりました。宿題も全部終えて2学期が開始。案の定、朝の通学はまだ負担になりそうなので私が5時半起きでお弁当を作って午前中の仕事を先にある程度済ませて往復1時間強の「次男王子様お送り」です。(-_-;)バス~電車~自転車(10分) で、計1時間ほど、最後の自転車は体調が悪いと歩く方が楽なようで自転車を使いたがらず、歩くと30分かかってしまうので通学時間は1時間半近くなってしまいます。車だと30分前後なので体力温存のために体調がもう少し戻るまで仕方がないかぁ~?とサポートしています。帰りはゆっくりと帰ってきます。体力つくりも兼ねて。今はまだ駅まで迎えに行っていますが・・・体調だけではなくて、復帰で難しいのは「クラスでの自分の居場所」らしいです。新入生で1学期にまだ人間関係が出来ていないのに休んでしまって、たまに来ても青い顔をして返事もろくに出来ない自分・・・開き直れるほどまだ大人になり切れて居ないようで、相当な居心地の悪さを抱えています。元々一人でも大丈夫な方ですが、新しい学校の人間関係の中では居心地の悪さが辛い体に拍車をかけてしまうようで・・・登校に拒否的な気持ちも出てきてしまいます。仕方がないとはいえ、辛いのは分かる…ここのフォローが今一番大事なのかな?でも高1の今、親はもう黙って見守るしかないので自分で何とか乗り越えてね♪と話をしています。3年で卒業できなくても良いようなので、目標は卒業だと覚悟を決めたようです。「どうかこれ以上心が折れませんように・・・」そう願いながらサポートするしかありません。↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      61
      6
      テーマ:
  • 19Jul
    • 回復の兆し

      ここに来られる方はほとんどが起立性調節障害のキーワード検索で来られるのですが高校生になっての不調はちょっと起立性調節障害とは違っているようなので・・・そちらの様子は過去の日記をお読みください。↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★古い記事から読む★で、次男のその後ですが・・・新しい環境の中で緊張が続くと身体の緊張がひどくなって血流が悪くなって心身ともに疲労がたまってフリーズしてしまうのかな?テレビでやっていたんですが、自律神経は血管の周りを這うようにを覆ってるようで、緊張すると血管を締め上げてしまうそうです。そりゃ血流が悪くなるはずです・・・大切なことは力を抜いて筋肉を固くしない事。だそうです・・・疲労からの回復が見えたかな??と思ったら・・・少し動き始めました。まだ完全ではないけれど・・先週あたりから登校再開です。今回は1カ月強休みました。まだまだ本調子ではないのですが、運よく夏休みに入るので好きなように過ごしたらもっと元気になるかな?と思っています。でも、学校に通えたら終わりじゃなくて・・・問題はまだ解決ではなさそうです。本人は普通にみんなと同じようにやっているつもりだったと言っているので、知らず知らずの間に緊張して疲労を溜めてしまったのかもしれません。そろそろ不登校(気味)の親子にとって救いの夏休みですね♪充実した夏休みになりますように💛(^∇^)↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      137
      6
      1
      テーマ:
  • 08Jul
    • 高校の一時的対策として・・・

      1学期の中間テストの後、体調を崩して・・・その後・・みるみる気持ちも落ちてきた様子。う~~~ん・・・メンタル?整体でずいぶんと体調は戻った様子なのに・・・学校へ行くのは辛い様子・・・どうしたものかと・・・考えて・・・・中学の時にお世話になったカウンセリングの先生に久しぶりに連絡を入れてカウンセリングを受けました。体力のなさと自律神経の弱さはメンタルまで来るのか??逆なのか??いまいちは分かりませんけどこれが次男なんだなぁ・・と、受け入れるしかありません。簡単ではありませんけど・・中学と違って高校は単位を取得しなければ色々と面倒です。取りあえず私が出来ることと言えば、先生とのコミュニケーションを密にとり、「さぼりじゃなですよ~~病気なんですよぉ~~」と理解してもらうこと。学校の偉い先生にもご挨拶。部活の先生にもご挨拶。今の私には精神的にキツイのでなかなか大変です。涙さらに裏付けのため診てもらっていた病院の診断書を貰って、療養期間として期末試験は見込み点で切り抜けました。中間を受けていたので助かりました。診断書の提出で欠席も普通の欠席より猶予を頂けるようです。・・・でも長引くとどうなるかな??すでにこれ以上休むと単位取得がヤバい科目も出てきています。このまま行けない状態が続くようなら高校を諦めなければならなくなるのかと・・・私まで不安で眠れない日が続きましたが、本人も相当のようで・・・益々落ち込んでいきます・・・・私も焦る。私だけ学校に行って改めて話を聞くと・・・5年の在籍は認められるので退学は自主退学しなければなんとか籍はおいて置けるということでした。ほっとしました。追って必要単位を5年以内に取れば大丈夫と。万が一このまま1年のうちに来れなくても、もう一度1年からやり直してもいいと言うならそれも大丈夫なようで、本人に伝えると辞めたくないのでダブっても良いらしい。そういうことで改めて焦らず気長に回復を待つ状態になりました。学校側はダブるのが嫌だったり、学校が合わない等の場合は退学と言う道を選ぶ生徒もいるけれど、続けたいと思っているのなら学校からは何も言うことはないそうです。それを聞いてほんとにほっとしました。※※あくまでも次男の高校の場合です。※※行けない日が長引いて益々落ち込んでいたのにそれを確認して本人も安心したようでその日からランニングマシンで体力づくりを再開。 単純!!夏休みまでゆっくりして、2学期にさくっと行けたら色々と心配なく(勉強以外)大丈夫なんだけどなぁ・・・またしても良くわからないこの状態を受け入れて、しっかりと対処しなければ…本人が大学進学を希望しているし、留年になって受験勉強も長めに学校で勉強することが出来るから良いか♫と、絞り出す・・・レッツポジティブ♪♪そう思わないとやってられないだけなんですけどねっ(-_-;)↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      83
      4
      テーマ:
  • 18Jun
    • 整体3回目を終えて

      久しぶりに私の方が高熱でダウンしてしまって点滴を受けて復活しました。(-_-;)同時期にママ友たちの体調不良を耳にします。この時期は普通の人でも自律神経が乱れる時期なのですね。ODならなおさら・・・辛い時期ですね・・・本人が起立性調節障害のクリニックは行かないと言うし、少し回復に向かっているのでキャンセルをしました。OD体質(っていうのかな?)のため?自律神経が弱く血流が悪いので睡眠不足、疲労の蓄積、ストレスの蓄積で寝込んでしまうのかな?と言う感じです。そして、整体は週1回のペースで3回受けました。1回目はどこのツボを触られても痛い痛いと言ってました。先生に相当カチコチになっていると言われました。2回目では大腿部が痛くなくなり、他の部分も半減3回目は下半身全般が痛くなくなり、他の部分もさらに半減頑固なのは右肩だそうです。それが頭痛と吐き気に作用しているらしいです。頸椎、脊椎、腰椎までのラインを集中的にほぐしてもらい血流を良くしてもらっています。首と頭蓋骨の境目も良くほぐしてもらっています。スポーツをする子が多く通うからか整体だけではなくて、不調を繰り返さないために体の使い方も教えて頂けます。ダンベルを腕だけで上げるのではなくて体幹を使っての持ち上げ方等も教えて頂いていました。どんな場合も力を入れるとき、手足に力を入れるのではなくてすべて体幹を使えば、色んな部分の不調の予防になるそうです。ハードな運動部の選手クラスの子でも、体幹をうまく使えない子は手足の筋肉に余分な力が入るので固くなって故障の元になってしまうとおっしゃってました。施術後は血流が良くなるのか頭痛はひどくなると言うけれど、身体が軽くなるようです。幽霊のようにふらふらと歩いていた1回目でしたが、3回目終了後には家のランニングマシンで1キロ走れるようになりました。休養しているので回復して来ているのと合わさって整体だけの効果と言えないけれど、回復の速さは整体のおかげかな?と思えます。体が動き出すと気持ちも前向きに変わってくるようですが、コンスタントに学校へ行くのはまだです。1度、学校に出向いて数人の要職の先生に直接お話させてもらいました。電話だけで説明するより理解して頂けたようです。「出向いて説明をしてもらうことは他の先生に協力してもらう上でも大切なんですよ。」と担任の先生に言われました。究極、退学がよぎって寝られない日もありましたが・・・頑張ってほしいな・・・↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      100
      テーマ:
  • 10Jun
    • 整体へ

      体調は変わらず・・その上、テンションが休み始めたころより下がってきました・・汗先日、色々と調べた中でベテランの整体師さんがやってる中国整体に行ってきました。今時のカイロとか最新の施術ではなく、昔ながらの整体だと思います。スポーツをされる方が多く通われている経験豊富な方で、体を触るだけで筋肉の状態、体の使い方の癖が分かるのでアドバイスがいっぱい!!いつもの姿勢、いつもの呼吸まで見破られます・・・「ついでにこのO脚気味なのも治しておこうか?」笑と、言われ・・・ラッキーかも♪次男は全身の筋肉が凝っていて体幹が弱くて身体の使い方も不十分だと言われ、体の動かし方や呼吸を変えて心臓をもっと使えるようになれば心臓は大きく強くなると言われました。顎関節症は全身の筋肉を緩めて血行を改善すれば自然と治るはずだとも言われて、施術の1時間後は頭痛と吐き気は消えないけれどだるさはなくなったと言っています。施術後は口周りの動きもスムーズになったそうです。継続して行けば身体に良い動き方が身に付くように指導してもらえるし本人も楽になるようなので続けることにしました。全身の筋肉を緩めて血行を良くすることに大きな期待♪※※低血圧で苦しいのに整体で血行を良くしてよいのか?循環器の先生に聞いたら悪くはないけど若くて体が動くならジョギングの方が良いと思うよ・・と言われました。血行促進が不調の根本を緩和してくれるかも?と期待しているのですが血液が少ないのかもしれないODなら貧血で倒れるかも?と、心配はしています。本人に聞くと怠さが取れるから良いようです。選択は自己責任です※※他の身体症状は様子を見るけれど相変わらず。環境の変化による緊張の継続と暑くなり出す季節・・弱い自律神経。長引きそうなのでやはり起立調節障害の得意なクリニックに予約を入れました。結局そうなるのかぁ・・・と言う感じです・・・学生のうちになんとか改善できると良いなあ・・・↓↓↓=記事一覧=↓↓↓★最初の投稿から読む★にほんブログ村

      66
      6
      1
      テーマ:

プロフィール

ray(レイ)

自己紹介:
どなたかの参考になることがあれば・・・と思って起立調節障害と診断され2度学校に行けなくなった子供との...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス