虫刺され

テーマ:

少しずつ秋の空気に変わってきていますが

昼間は気温が高く公園などにはまだまだ蚊がいますよね

 

 

 

虫除けスプレーはしっかりしているのですが

体温が高い子供達はどうしても刺されやすくて(´・_・`)

刺されると見ているこっちまで痒くなってしまうくらい赤く腫れてしまいます。

 

 

 

蚊に刺されるとかの唾液が体に入り

それに対するアレルギー反応によって

痒みや腫れが起こってしまうのですが

大人に比べて子供の方が大きく腫れるのは

肌のバリア機能がまだまだ未熟だからなんです。

 

 

 

患者さんやママ友さんからもよく聞かれる

子供の虫刺され

 

 

 

刺されたら炎症を抑えるお薬を皮膚科で処方してもらい、しっかり塗ってあげるのが大切なんです。


 



 

虫刺で薬なんて!!

と思う方も多いと思うのですが

早めに炎症を抑えることで痒みも治まり

掻きむしってそこからばい菌が入ったりすることも防げるのです。


 


 

我が家は基本、お薬を常備して刺されたら塗るので、刺されても2~3日では良くなるのですが




先日の鹿児島旅行には

お薬を持って行ってなくて(u_u)

 

 

 

娘が腕を刺されてしまい、

帰宅してからすぐにお薬を塗ったのですが

それまでは痒くて掻いてしまったようで、

一週間経ってもまだ赤みが(´・_・`)




{87FE72A2-3862-4958-A1BE-02CD3B47EB61}


 

改めて早めに治療することの大切さを痛感しています。

 

 

 

 

 

蚊の季節はまだ続くので、

皆さんもたかが蚊と

思わずに早めにケアしてあげてください。




そして、日頃から皮膚のバリア機能を保つように保湿することも忘れないでくださいね!

 

 

 

AD