一歩前へ!のお手伝い。

テーマ:
僕は、人と話すのが好きです。
話しているうちに悩みを
相談されることもしばしばあります。

相談されるということは、
頼りにされているということなのかな
と感じて嬉しくなり、

その相手に何とか解決策を
提示したくなります。

いや、「解決策」と言うと大袈裟かな。
「解決に繋がるかもしれない次の一歩」
とでも言うのでしょうか

僕が提示した話を聞いて
「なるほど!それ今度やってみる!」
と言ってもらえると嬉しいのです。

よく言われることですが
人に相談するということは
その時点で相談者の中には
答えがあるものだと思うのです。

相談というのは、その自分の中の答えを
うまく言葉にしたり
顕在意識に浮かんで来させるために
するものだと思っています。

それを、相手からどう引き出すか?
その作業が面白くて仕方ないんですね。

とはいえ、本格的なコーチングの勉強を
した経験があるわけでもないので
あくまで僕個人の意見を
述べさせていただいているに
すぎないのですが…^^;

久しぶりの投稿なのに
いまひとつ内容がない…。

いや、今日ランチしてて
相談を受けたので、ちょっと嬉しかった
というお話です。

毎日書かなきゃダメですね。
反省。