『図解でわかる職場のハラスメント対策 いちばん最初に読む本』

 

 本日発売になりました!Amazonで買えますよ。

 

 

 発売を記念して・・・。

 

 ハラハラおじさんLINEスタンプ

 

 

『ハラハラおじさん』ブログと・・・。

 

『ハラハラおじさん』LINEスタンプを・・・。

 

作ってしまいました。爆  笑

 

『ハラハラおじさん』は出版する際に、原画として描いたイラストから誕生したキャラクターです。笑い泣き

 

ブログは、まだこれから順次作っていく感じ『育つブログ』となっていますので

 

未完成加減はご了承下さい。(笑)

 

ちなみに・・・。

 

 

 

ホームページは、地味に育っていますので、よかったらこちらもご覧くださいませ。

 

 ハラスメント対策の強化を織り込んだ労働施策総合推進法等改正案が

 

 2019年(令和元年)5月29日に、国会にて成立しました。

 

 早ければ、2020年4月(中小企業は2022年4月)にも施行される予定です。

 

 事業主によるパワーハラスメントの防止措置が義務付けられ

 

 詳細は、指針にて年内にも公表される予定です。

 

 『図解でわかる職場のハラスメント対策 いちばん最初に読む本』

 

 2019年(令和元年)6月3日より、予約を開始しました。

 

 

 Amazonでは、6月13日発売予定です。

 

 改正案の内容も織り込んでおります。

 

 よかったらぜひご覧くださいませ。

さて、ご案内の通り、こちら

 

 

令和元年6月13日に出版予定でございます。

 

表紙ができてないとこんな感じになるんですね(笑)てへぺろ

 

そんなこともありまして・・・

 

 

こんな感じで

ホームページを刷新しました。

 

地味にURLも変わっています。

https://www.angelbee-design.com/

 

近況は、なかなか説明がしづらくて・・・笑い泣き

何屋なのかも難しいので、そもそもどうか・・・みたいなところもありますが

今やっていることをありのまま掲載しています。

 

「主役は君だ!」とか

「正直・・・うちの会社ってどうよ 座談会」

など、ちょっと面白いプロジェクト名が多いかもしれません。

 

遊びゴコロ満載でお送りしています。

まだ掲載していないものもありますが・・・

 

プロフィール写真は

森健児さんにお願い致しました。

 

よかったらご覧くださいませ♪

こちらの本の編著から約1年半
増刷から約半年の月日が流れましたウインク
感謝、感謝でございます照れ


このたび6月13日に新刊が出ることになりました

『図解でわかる職場のハラスメント対策 いちばん最初に読む本』

アニモ出版さんから出版されることになりました。

この本は
酔っ払いセクシャルハラスメント
ゲロー妊娠・出産・育児休業・介護休業などに関するハラスメント (いわゆる マタニティハラスメント 、パタニティハラスメント を含む)
滝汗パワーハラスメント 

3つの職場のハラスメントについての総合対策本
として作りました。

ちなみに、現在開会中の国会においてもハラスメント対策について審議中なので

事業主の

滝汗パワーハラスメント

に関する防止措置

の導入など、ハラスメント対策に関する法改正案についても盛り込んだ内容となっています。

まだ絶賛制作中ですので口笛

詳細は、少しずつご紹介していきたいと思っています。

取り急ぎご報告まで。

 先日、お知らせしたこちら


 

 1月23日の今日、2刷が無事納品されました。

 法改正等も加味しましたので、ぜひ今後ともご愛顧いただければ幸いです。ウインク

 

 

 初版から数えて、改訂2版、改訂3版、改訂4版まで、増刷を重ねて、今回まで来ました。

 ここまで皆様に愛されたこと、本当に感謝です

 

 さらに、米澤裕美先生にバトンタッチできての改訂4版・・・。

 ひとしおうれしく喜びを感じています

 

 これで私自身もまた

 新しいスタートラインに立てるように感じます

 

 米澤先生はじめ、この本にかかわってくれたすべての皆様

 そして、この本を手に取ってくださった

 書店で購入してくださったすべての皆様に

 厚く御礼申し上げます 

 昨年2月に出版したこちら

 

図解でわかる社会保険 いちばん最初に読む本<改訂4版>

 

そうです!!!

「図解でわかる社会保険 いちばん最初に読む本<改訂4版>」

 

米澤裕美にバトンタッチして

今回は編著者として参加させていただいたのですが・・・

 

このたび、めでたく

出版1年を待たずに、増刷が決定されました!!!

 

1月末あたりに、書店さんに並ぶ予定です

 

2011年3月に初めて、単著で書いた

「図解でわかる社会保険 いちばん最初に読む本」

改訂2版、改訂3版とすべて増刷して

ここまで来ました

 

バトンタッチした「改訂4版」も増刷が決まり

とってもうれしいです

 

自分の力だけでは

ここまでいかなかった

改めて感謝です

 

現在は、社会保険手続きなどの現場を離れたので

米澤先生にバトンタッチをお願いしましたが

法改正も加味しましたので、ぜひ今後ともご活用いただければ幸いです

 

サイドの執筆実績も変更しました

増刷は、みんながHAPPYになる出来事

本当にうれしいです

 

米澤先生、編集のアニモ出版のスタッフさんはじめ

出版にかかわったすべての皆様

 

そして

この本を購入してくださった方、手にとって下さった方

読んでくださった方

すべての皆様に厚く御礼申し上げます

 

本当にありがとうございました

新年あけましておめでとうございます

。。。と言いながら
今年は喪中もあり
おせちもお雑煮もなく
時々、レジュメやら原稿作ったり
まったりなお正月。。。

とはいえ
年明けから兄弟一家が
かわるがわる来て
ちょっとした楽しい狂想曲が
今朝、終わったところです

のんびり日常モードに
戻って行こうと思います

初詣もなしだったので
おみくじをひいてみました
 
あなたの運勢は・・・


 
いいね数がギネス更新かぁ。。。爆笑
実現したら面白いかもしれない。。。

今年は、公私とも
初体験を楽しもうと思っています

最近は、髪のブローに凝っていて
出かけなくても
朝晩、髪を整えることにしました

ちょっとはまってますおねがい

髪質までなんかやわらかになり
今までやってみたかったけど
なかなかそうはならなかった髪型が
ふんわりした感じになると
鏡を見ながら自分の顔見て
うっとりします照れ

実は、この年末年始
人生、最高記録の体重を
更新しまくりましたが笑い泣き

ただ不思議とからだは動くびっくり

今まではDeadlineを超えると
だいたいだるくて寝込んでいたんです

太れるからだになる喜びも
悪くないかなぁ。。。と思いつつ

やはりからだが重いと
気分も重くなりがちガーン

自宅作業が増えても
お散歩はしていこうかな!?なんて
決意を新たにする今日でありました

仕事も新しい経験が増えたけど
不思議と同じ系統の仕事が集まってくれて
省エネでありがたいなぁと思っています

あまり枠にとらわれず
なんでもチャレンジしていこうおねがい

こんな私ですが
今年もよろしくお願い致しますウインク

 最近のやまださん

 
 先日、仕事と育児・介護の両立管理職研修に登壇しました。
 
 こちらの会社さんでは、多くのママスタッフさんが活躍中なので、妊娠・出産・育児に関しては、国の制度も含めた社員が活用できる制度をお話しました。
 
 
 そして、介護については、世代的にこれからの方、多数。。。
私の経験、メンバーで経験のある方の意見も伺いながら、介護は、妊娠・出産・育児と2つ違う点があります。
 
 1つは、妊娠・出産・育児は、準備期間があること
「赤ちゃんができたよ」とわかってから、職場の体制も含めて、準備期間があります。
 
 一方、介護は、突然倒れて入院して・・・など、急に起きることが多く、本人がどう生きたいか?死後遺族にどうして欲しいか?など判断できなくなることもあります。
また、いきなり起きるとまずどこに行ったらいいか?何をしたらいいか?から全くわからないので、窓口を知っているだけでも違うなと感じます。
 
 自分がすべてわからなくても、窓口に行って相談するだけで、いろいろな制度やを教えてもらったりすることもできて、あんしんです。
 
 そして、2つめは、終わりが見えることです。
 子どもは育てば大きくなりますが、介護は何年続くか誰にもわかりません。
 
 介護休業の活用は、本来介護”準備”休業で、介護離職した人と働き続ける人の大きな違いは、この休業期間の違いと言われています。
 
 仕事と介護の両立は、無理をしないことです。
「自分で介護する」を前提せず、いかに家族・ご近所・専門家(ブレーン)・職場など周りの力を最大限活用して、自分らしく生きることが大切だと考えています。
 
 ひとりで抱え込まないこと
 
 
 国は、介護離職ゼロを目指していますが、75歳になると介護が必要となる人が増えると言われています。団塊の世代の方が75歳になる2025年を間近に控え、本格的に介護が問題になる時代はすぐそこです。
 
 昨年母がなくなる前は、病院・ケアマネジャーさんはじめ、多くの方にご協力いただき、在宅介護をした経験などもお話をしました。
 
 大変だったなぁ・・・と思うこともあったけど、ぶっちゃけ笑い話になるようなエピソード満載で、かえって皆さんのお役に立ったように思います。
 かなりぶっちゃけたので、どきどきしつつ・・・
 隣りで聞いて下さっていた社長のお母さまにも
 「むしろ私の役にも立ちました。」
 そうおっしゃってくださり、ちょっと安堵・・・。(^_^;)
 
 笑いも満載で、明るく楽しく終了しました。
 
 育児も介護も両立にとっていちばん大切なのは、「お互いさま」の醸成のように感じています。その中身は「たすけあい」と「コミュニケーションの活性化」です。
 
 ちなみに東京都では、こんな制度を平成30年度からはじめているそうです。
 
 
 職場づくりとしては、その「お互いさま」の雰囲気を醸成するための環境整備と働くための障害を取り除くことが私たちにできることかな?と思っています。

 ブログのタイトル変えました・・・。

 仕事していて、ちょっと感覚が変わってしまい


 変えた理由は、おいおい書こうと思いますが

    まずはちょっと雑感として

 いま感じていることを書いていこうと思います

 

 パワーハラスメントや

   セクシャルハラスメントなど

 ハラスメントについての防止措置について

 労働安全衛生法などの改正案が

    労働政策審議会で来年2019年の通常国会に

     提出を目指しているという報道が出たのは

     記憶に新しいところです


 

 その中で対策で出ているのが

   いわゆる「カスハラ」

 顧客や取引先からの悪質クレームなど

 カスタマーハラスメントについての対策です

 

 「カスタマーハラスメント」についても

 対応の基準を示すことが望ましいとされ

 セクハラなどは、社外の取引先や顧客から

 セクハラを受けた際の対応を指針で明確化

    することとなりました

 

 「お客様は神様です」の誤解について

 三波春夫さんがお話しているので、

 ご紹介したいと思います

 

「お客様は神様です」について

 

 三波春夫さんは 

「お客様は神様です」というのは、

 「お金払ってるんだから

       なんでもやっていいのだ」

 ということを意味していないことを

    ここに示しています。

 

 “雑念を払って澄み切った心で歌う”

 ・・・という意味合いなども込めて

    お話されていたそうです

 

 『お客様の要求は、すべて呑む』

    ということではありません

 

 最近は、働き方改革の流れもあり

 営業時間を短縮したり、料金を引き上げたり

 賃金をあげる努力をするところが

   増えたように感じます

 

 なんでもやりますと無理をしないで

    お客様も選択するところが

    むしろ近年は、スタッフが定着し

    業績を伸ばしているように感じます

 

 今年は、財務省でのセクハラなど

    いろいろな問題がありました


   今までの価値観をこんなところからも

   変えていく必要を感じています

あくまで私見で、一般的に言えるかどうかはわかりませんが

 

仕事をしていて不思議だな・・・と

感じていることがあるので

ここで書き留めておこうと思います

 

男女脳の講座でお話やワークをしたり

 

組織改革などのプロジェクトで

それぞれの魅力を活かして

魅力ある職場づくりをしていくために

リーダー育成をしていく取り組みをしていると・・・

 

いちばん抵抗を見せるのは

 

男性。。。ではなく

高学歴・キャリア志向の女性だったりします

 

均等法世代の方はもちろんその下の世代でも

高学歴で大手企業に勤務した経験がある

男性優位の職場で戦った経験のある女性たち

 

何故か戦おうとするのです・・・

 

男性脳の話をすると「私は男性脳優位」になりたがり・・・

女性脳の話をすると「私は男性脳よりだからあてはまらない」と強調したりします

 

私が見る限り、全然男性脳優位っぽくはなく

とても女性らしい魅力ある人で

はたから見ていると男性社会で

女性が得意な臨機応変さや細やかな変化に気づけるから

あなたはその地位にいるんじゃないのかな?と思ったりするのですが

 

何故か、男性になりたがるキョロキョロ!?

そして、何故か戦おうとするのです・・・

不思議です・・・

 

今かかわるプロジェクトのほとんどは

男性にとっても女性にとっても

それぞれの持ち味を活かしていくよ

・・・と話しているだけで

 

かつ、戦わなくても男女関係なく

働くための障害を取り除いて

その人のタイミングで

チャレンジできる環境をつくるための取り組みをするものです

 

何故か戦おうとするのです・・・

 

高圧的に指示をしてプンプン

職場の人間関係がギスギスしたり

 

均等法世代で戦ってきた先輩方には

私たちが戦って勝ち取ったのだから

感謝して欲しいし、あなたも戦うのよ

頑張るのよ

なんてたまに言われたりします

 

。。。が

 

同じ女性同士、戦わなくてもいいんじゃないかな!?

思ったりしています

 

正直、これ以上戦うのは嫌だなぁと思うのです

男性とも今の組織とも。。。

 

これ以上、頑張らなくても

 

自然に

好きなときに

好きな人と

好きな場所で

 

戦わなくてもいい職場環境づくりを

仕事にしてきました

 

新しい職場環境づくりです

子どもが育つなら

その一瞬一瞬はそのときにしかないので

仕事よりもそちらを体験させてあげたいと思っていました

 

人は、仕事だけして生きているわけじゃないしね

 

自分がスタッフを雇っていた時も

うちは、遅刻・早退、ご自由にでしたが

みんなこちらが止めるくらい

よく働いてくれました

 

もちろん、私もなんだかんだ

ここまで仕事してくる中で、たくさんの戦いを経験してきました

私もつい戦うスイッチも持っていたりします

 

戦おうとする気持ち、わからないではないです

 

そして、不思議と

戦う人ほど弱さを持っているのも感じます

 

あなたは正しい。。。

そう言われたくて、一生懸命、頑張ってしまったりする

 

そんな弱い私もかわいいじゃないかてへぺろ

。。。なんて思ったりしています

 

ちなみにプロジェクトでは

戦った!?皆さんとも

今はノーサイドになり

こちらの想いも理解もしてくださり

 

いまは自分らしく自分が望む場所で

それぞれ働いています

 

正直、やまださんの悪口グラサン

たくさん言ったけど

プロジェクトに参加してよかったと

 

私がお話したかったのは

あなたには

あなたが気づいているかいないかはともかく

他の人にはない魅力があり

 

あなたらしく活躍できる場所は

すぐそこにあるよと言いたかっただけで

 

あなたが気づいてくれてよかったと

今は感じています

 

 

 

 (こちらは、有楽町マリオンに出来たプラネタリウムの天井です。)