米国画家の描いた明治日本、永遠に息づく! | アダルトマダム、かく語りき。

アダルトマダム、かく語りき。

欲望のおもむくまま
アホっぽいコトから 形而上的事象まで
語りまくります・・・・・!  

文化系アダルト女子の雑食的エッセイ
     

 

 

あざやかに蘇る当時の色、風俗、色彩!

油彩画の中に閉じ込められた人々の息吹。

 

音、声、匂いまでも感じられそうな気がしてくる。

 

毎年、菊の季節になると

彼の絵を見て、明治の日本にワープしてみる私です。

 

 

 

 

Robert Frederick Blum 

ロバート・ブラムが見た明治の日本。


フィラデルフィアの万国博で

日本の展示を見て以来

この極東の国の風俗に魅せられたアメリカ人画家がいた。

 

念願かなって来日を果たした彼は

2年3か月の間、明治日本の市井の光景を描きまくる・・・・

 

 

 

 

「東京の花市場」 

1892年  プライベートコレクション 

 

 

東京の花市場。

道行く人々のかわす会話、時に怒声、菊の香、木製の車輪のきしむ音

ゆきかう下駄の音、行商人のくゆらすキセルの煙・・・

にぎやかな市場のさまざまな情景が、この1枚に籠められている。

 

 

 

 

 

 

「飴屋」 

1893年 メトロポリタン美術館所蔵 

 

 

こちらは伊香保温泉でのヒトコマのようです。

季節は花市場の絵よりも少し進んでいるのでしょうか。

 

いきいきと描かれた少女たちの実在感に、

その後の彼女たちの人生をふと想像してみたりもします。

 

 

 

 

「絹物商」 

1892年 

 

 

 

外は雨模様のようにも見えます。

とすれば梅雨時でしょうか。

 

あるいは外を歩いている男の

頭にかぶった傘が

日よけのためだとしたら

初夏の陽射しの頃でしょうか。

 

いずれにしても

本格的な夏を迎える前の情景のように思えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

室内と外の境目の光のトーンの描写が

なかなか心地いい!

 

 

水彩の上にパステルで描いてますね。

早描きなのに的確な描写力です。

 

 

 

 

いずれも写真を素材に描いていると思われますが、当時のセピアに退色した不鮮明な写真や不自然な着色写真(それはそれで趣がありますが)よりも、はるかにリアリティを持って、ある瞬間の光景を閉じ込めていることに驚嘆します。

 

 

 

 

Robert Frederick Blum 

日本に恋した画家 

 

1876年にフィラデルフィアで開催された万博で見た日本の展示がきっかけで日本への渡航を思い描くようになったブラム。念願かなって1890年に上野で開催された「第三回・国内勧業博覧会」に招待され訪日。2年3か月の滞在中に多くの光景を描いている。

 

 

 

 

1875年のブラム。

すでに日本に対して興味を持っていた彼だったが、この翌年、万国博覧会で本格的に「日本」と出会い

決定的な恋におちたのだった・・・

 

 

◆◆◆

 

以下、芸術新聞社のサイトより

ブラムのプロフィールを転載。

 

1857年7月9日、アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティでドイツ人移民の両親のもとに生まれる。

 

1876年、19歳の時、アメリカ独立100周年を記念した フィラデルフィア万国博覧会での日本の展示がきっかけで、日本に関心を持つようになる。
 

リトグラフ店で働いたほか、シンシナティ美術学校、ペンシルバニア美術学校で学ぶも、実質的に独学で才能を発揮し始める。


1879年にニューヨーク市に移住後、出版社チャールズ・スクリブナーズ・サンズの仕事をしながらヨーロッパ各国を訪れる。
 

1890年、33歳の時、エドウィン・アーノルドの雑誌記事の挿絵のため初来日、

その後1892年までの2年3か月を日本で過ごし、
明治時代初期の市井の風景を水彩画、油絵、パステル画で描いた。

 


帰国後、「飴屋」、「花売り」をパリ万博、シカゴ万博に出品し、

「花売り」はシカゴ万博で金賞を受賞する。


1903年、ニューヨークにて、肺炎により死去。享年45歳。
 

・・・・・・・・・・・・・・・

引用元 http://www.gei-shin.co.jp/books/ISBN978-4-87586-454-7.html

 

 


 

 

毎年、秋になると一度はロバート・ブラムの菊の絵に会いたくなります。

というわけで、毎年10月にこの記事を再掲していたのですが

今年は初めて11月のアップとなりました。

ようやく、落ち着いてブラムの菊の絵を見ることができるような気候に・・・。

 

というわけで、ミルクティーを飲みながら

明治の東京の花市場へとワープしてみました。

 

 

 

 

 

today's landscape photo 

 

 

城山湖

11月4日、母を乗せてのドライブで津久井湖の少し上にある城山湖へ。神奈川県相模原市

 

 

 

 

**

photo by Aran-Mira

©Aran-Mira/Keiko Kamma

**

 

 

 

 

◆◆

 

MAY YOUR DAYS 

BE BRIGHT!

 

 

 

 

***

みなさまの上に

素敵なことがたくさん

舞い降りてきますように!

 

あらんみらより

~愛をこめて~

***

 

 

 

 

 

 

 

 

 


As-salamu alaykum 
السلام عليكم 
Shalomשָׁלוֹם

 

Aran-Mira 

  

 あらんみらへのご連絡は
http://form1.fc2.com/form/?id=2f3364c973b07a77


Copyright (C)  「アダルトマダムかく語りき。」All rights reserved / 本ブログ内の写真、画像、テキストなどコンテンツの無断転載・転用を禁じさせていただきます。リンク、リブログは歓迎します。