17/10/14(土) 勝負レース

テーマ:

こんばんは。

 

週末、全国的に雨模様ですね。

 

秋華賞は過去21回行われた中で、道悪馬場だったのは2011年「アヴェンチュラ」が勝った時の「稍重」1回だけ。

 

あの時は、「アヴェンチュラ・キョウワジャンヌ・ホエールキャプチャ」と中団より前目で競馬した馬たちの決着でした。

 

今年は混戦模様ですから、どういう結果になるのか楽しみですね。

 

秋華賞は個人的に相性良いレースで、近6年で本命馬4勝・2着1回・3着1回。

 

アメブロでは、まだ秋華賞を外したことが無いので、今年も当てて秋華賞の連勝記録伸ばしたいですね。

 

 

 

では、明日の勝負レースへ。

 

-東京9R プラタナス賞(ダート1600m)-

 

◎ ⑥ルヴァンスレーヴ

 

昨年の夏の新潟開催は、萩原厩舎の「エピカリス」の「逃亡劇圧勝」にビックリ。

 

今年の夏の新潟開催も、同じ萩原厩舎の「ルヴァンスレーヴ」のパフォーマンスにビックリ。

 

長い間、競馬を観ていますけど、新潟のダート1800m新馬戦で向こう正面からマクって、そのままノーステッキで2着に7馬身差を付けるような勝利は記憶に無いですね。

 

レースを見て頂ければわかりやすいのですが、普通はあそこから動いたら最後止まります。

 

流れがスローならまだわかりますけど、ハイペースに近いミドルペースだったので、余計にインパクトは強かったです。

 

この時の2着馬が未勝利圧勝。

 

6着馬「マイネルアンファン」も未勝利卒業。明日また一緒に走りますね。

 

メンバー的に恵まれた内容ではなく、かなりの能力を秘めている印象ですね。

 

シンボリクリスエス産駒で母父ネオユニヴァースという配合。

 

母母父「ティンバーカントリー」母母母父「リアルシャダイ」ですから、スタミナ豊富。

 

脚抜きいいダートは間違いなくプラスですし、東京のダート1600mならまた圧勝する可能性高いですね。

 

まだ2戦目ですから心配な部分もありますけど、楽しみのほうが大きい。

 

ここは、通過点だと思うので、馬単1着固定で狙ってみます。

 

 

馬単1着 ⑥→③・⑧・⑨ 各2,000円

 

馬単1着 ⑥→①・④・⑤・⑩ 各1,000円

 

投資 10,000円

 

 

相手は少し難しいですね。

 

「フィールシュパース」あたりが来ると外れますが、レース見る限りズブそうだったので、たぶん東京向きではないと思いますけど、果たして・・・