沼垂テラス朝市に、まちづくりのヒントをもらいに! | あらかわ地区まちづくり協議会お知らせブログ

ここは、新潟市中央区の信濃川河口付近にある古くからのまち「沼垂(ぬったり)」!

もともと市場として使われていた長屋を改装し、昭和レトロな町並みを残しつつ新しく生まれ変わった『沼垂テラス商店街』

 

毎月第1日曜日に開催される【朝市】に行ってきました!

朝市のテーマが毎月設定されており、7月のテーマは「いぬとねこ」!

ねこグッズが売られていたり、イヌが散歩していたり、、、、

出店しているお店の店員さんも「今月の朝市テーマなんだっけ!?」って会話が聞こえてくるという、ゆるい感じの雰囲気が商店街に多くの出店者や、お客さんを惹きつけています!

地元商店街の八百屋さんだったり、

パン屋さんが朝市にかけつけたり、

健康を意識した野菜が売られていたり、

工芸品屋さんがあったり、

昔懐かしい射的屋があったり、

近所の居酒屋さんが朝食メニュー出していたり、

朝市の人の賑わいを利用して、普段入りにくいオサレなお店で、

焼きプリン食べたり、

沼垂商店街名物の沼ネコ焼きが、実演販売していたり、

 

初めて来たんだけど、どこか懐かしさを感じるし、なんでか分からないけど凄く居心地が良い!お店の人もお客さんもイキイキしている感じがして、「また来ようかな」と思わせる空間がそこに出来あがっていました!『ヒト×モノ×空間』

 

高齢化や郊外型の大型店舗の出店などの影響で、商店街が力を失い、シャッター通りとなっていく大きな問題から、「昭和レトロ」と「若者達のこだわり」を武器に賑わいを取り戻した「沼垂テラス商店街」!

 

鍵は、『もとからのお店屋さん(八百屋など)』×『この商店街に魅力を見出した若者達のこだわりのお店』のマッチング!

8月の朝市テーマは「海とミナトとヌッタリと」!

いや~、楽しみだな!