コロナ騒動で学校が閉鎖になってから

孫に本読みを毎日させる様にしていますが

続かせるのは大変です

 

 

 

ピアノと本読み、または他の勉強が

終らないとテレビが見れない孫

嫌々ながら本を読み始めました

 

 

 

 

 

本読みをする時には

私に聞こえる様に声を出して読ませているのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日連続で一番簡単な

直ぐに読み終える本を選んでいた孫

それに読んでいるというよりも

覚えている台詞を言ってる感じでした

 

 

 

 

 

 

 

娘の所や義理妹の所から

孫が読めそうな本をかき集めてはいましたが

数に限りがあって少ない

 

 

 

すると末っ子が

 

 

 

 

 

 

 

歩いていける図書館に連れて行くといいました

我が家から歩いていける図書館は

6キロ程離れた場所で、歩く??

 

 

そして孫を連れて出かけていった末っ子ですが

直ぐに帰ってきました

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと本当に本を持って帰ってきました!

 

 

 

 

 

 

 

小さな図書館とはこの事でした

ご近所さんにある、小さな小さな本箱

違う通りの家に作ってあるので

私は気づきませんでした

 

 

 

 

 

 

 

この図書館を使うルールは

自由にここから本を取っても良い

また自分が読まなくなった本を

ここに置いていっても良い

そんな箱なんです!

 

 

 

 

 

 

 

本の数は少ないのですが

孫が読めそうな本が幾つか置いてあります

 

 

 

私の友達の家の近くには

この4倍くらいの手作りの

同じシステムの本箱が家の前に置いてあります

とても良いアイディアですよね!

 

 

今年の次女のクリスマスプレゼントに

この本箱を作って欲しいと旦那にお願いしています

 

 

 

    にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

 

いつも応援のクリックをありがとうございます!

 

 


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ