先月末に屋根瓦が設置された、

  

「霞の棟」

    

 

9月に入ってからは内装工事が着々と進んでいます。

  

対面する「月の棟」からの見た現在の「霞の棟」の様子です。

  

 

木造三階建ての改装工事。

 

屋根瓦が乗ると、お寺の修復を見ているようです。

 

 

内装工事は外から見てもあまりわかりませんが、

 

部屋のレイアウトはしっかりとされ、これから壁や床板が張られていくのかと思います。

 

110年目の日本建築がどのような形に変わってくるのか?

 

とても楽しみです。

 

今月中に足場が外される予定ですので、その際にまた全体像をお知らせできるかと思います。

 

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net