今日の修善寺温泉は晴れ。

 

大正8年築 登録有形文化財 「月の棟」からの景色です。

  

 

目の前に明治14年築 登録有形文化財 「青州楼」

 

そしてその奥に昭和7年築 登録有形文化財 「あやめの棟」が見えます。

 

昔の日本建築、そして日本庭園を眺められる棟です。

  

   

大正14年には芥川龍之介が約1か月のんびりされた建物です。

   

この「月の棟」からはさらに、

 

明治32年築 登録有形文化財 「雪の棟」と、

    

明治41年築 登録有形文化財 「霞の棟」

 

も目に入ってきます。

   

  

只今「霞の棟」は改修工事中。

 

「月の棟8号室と9号室」からは、

   

築100年を超えた文化財の建物の改修工事も遠目で確認できたりします。

   

お寺の修復を見ているようで、なかなか見られない景色でもあります。

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net