今日の修善寺温泉は晴れ。

 

明け方はまだ昨日の雨の余波が残っていましたが、

 

強い風と共にいいお天気に変ってきました。

 

 

今日はこの建物

 

大正5年築 登録文化財 桐の棟

 

のご紹介。

 

玄関を過ぎ太鼓橋を渡り、

 

 

「雪の棟」の先に「桐の棟」は建っています。

 

 

一昨年、築100年を迎えた「桐の棟」は、耐震工事の為一部改装を致しました。

 

 

ここには元々「池の間」と呼ばれていた、明治5年に建てられた建物がありました。

 

 

大正5年に建てなおされた建物がこちら

 

 

当時はまだ窓ガラスなどはありませんでした。

 

大正の終わりから、昭和初期に窓ガラスが入り、

 

 

昭和30年代には建築基準法の防火規定の強化により、

 

一定の幅で壁を造るようになったようです。

 

 

その際、川端龍子画伯の考証によって窓ガラスが大きくなりました。

 

そして一昨年の耐震工事で側面等に強化処理を行いました。

 

 

 

「桐の棟」のご予約はこちら→池のほとり水上に浮かぶ「準特別室」

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net  

 

 

 

 

 

AD