月の棟からの眺め

テーマ:

今日の修善寺温泉は曇りのち雨。

 

朝のうちは曇りでしたが、9時過ぎくらいから霧雨に。

 

チェックアウト過ぎには傘が必要になるような雨に変ってきました。

 

今日は一日しとしとと雨の降る一日のようです。

 

今日は大正8年築・昭和35年内部改装 月の棟 からの眺め

  

大正14年に、芥川龍之介さんが2週間ほど滞在した棟です。

   

   

左は明治14年築青州楼、右は昭和7年築あやめの棟

   

下はロビー先のベランダの屋根。

  

雨樋を直しましたので、ピカピカしています。

   

  

月の棟からは、旅館内のいろいろな建物を眺めることができます。

  

  

右側手前は昨年改修された家族風呂、その奥に明治41年築 霞の棟
    

   

霞の棟の右に、明治32年築・昭和33年改装 雪の棟
   
霞の棟と雪の棟の間に・・・

 

わかりますか?

  

  

ズームで撮ってみました。
  

  

竹林の小径に続く、桂橋も見えたりします。
  

 








新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。

We look forward to your visit to our website.

              ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  http://arairyokan.net/