給与って、そもそも何だ? | 栗鼠の観察日記 3

栗鼠の観察日記 3

大宮アルディージャ(Ardija)が大好きな税理士のブログ。

「社長は、会社金庫から万札を鷲掴みにして持ち去ってよい。」

前回、そんなことを書きましたね。

.

そう。誰も文句を言いません。

ただし、引出しの記録を残してくださいね。

.

社長は従業員であり、株主であり、債権者でもあります。

社長はいろいろな理由をつけて、お金を引き出してよいのです。

.

金額を漏らさず記帳するのは、もちろんのこと。

会社の経費なのか、

従業員の一人として(労働の対価として)、お金を貰うのか、

出資者として(配当として)、お金を貰うのか、きちんと区別して帳簿に付けましょう。

その区別によっても、税金の額が変わります。

.

実はね、小さな会社に税務署が来ると、一番に質問されるのがここなんですよ。

詳しくは、また今度。