旅立ちのお支度(死に装束) | 葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ

葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:


故人がお棺に入る際に身につける衣装を一般に「死に装束」といいます。
ご遺体をお清めして、それを身につけさせるのですが、
時間がたつとお体もかたくなってきますので、
納棺の際に一式身につけて差し上げます。


映画「おくりびと」では、それを執り行う「納棺師」が主人公になっていましたね。
うちの「A’ZUMA感謝祭」でも「おくりびと」実演を何回かやってます!



仏教の伝統的な死装束には、
経帷子(きょうかたびら)・頭巾・上帯(うわおび)・手甲(てっこう)・脚絆(きゃはん)・
足袋・草履・杖・六文銭・頭陀袋(ずだぶくろ)
などがあります。

あの世への旅じたくのひとそろいという意味なのです。
実はお遍路さんの服装もこれにならったものです。

$葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ


*経帷子(きょうかたぴら)
麻や木綿などの単衣の白い着物です。
これに経文を書き、その力で生前の罪滅ぼしをするといわれています。
通常と違い左前に着せます。


*頭巾・天冠(てんかん)
はちまきに三角形の布や紙を取り付けた冠のことです。


*頭陀袋(ずだぶくろ)
修行僧が托鉢(たくはつ)するとき、経文や布施(ふせ)を入れるために首から提げる袋と同じ形です。
  この中に、三途の川(あの世とこの世の境の川)の渡し船のお金として六文銭を入れます。


神式では、白い小袖を着せます。


キリスト教式では、とくに決められた死装束はなく、服装は自由です。
故人の身に着けていた十字架を持たせる場合もあります。


最近では、仏式でも故人の好きだった服をそのまま着せて、ということも増えています。

荒井昭博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります