お葬儀の会場使用料の相場 | 葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ

葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:



先日、合同葬なら会社でお葬儀をやることができ、
会場の費用の節約になりますよ、というお話をしましたが、


実際の会場の使用料がどのくらいなのか
についてもお話しておかなくてはいけませんね。


あくまで「会場使用」のみの料金です。
お通夜と告別式の2日間使用と考えると、


東京23区ですと、30万円は最低ラインとして、
有名なところ、大規模なところなどはかなりの額を覚悟!です。
ちなみに、青山葬儀所は130~192万円
(故人または申込者が都民かどうかで価格が変わります)
築地本願寺は第二伝道会館と呼ばれる最も小さな会場では80万円ですが
本堂は借りるだけで400万円を超えるとされています。


故人のたってのご希望だったり、会葬者が2000人を超えそうだったり、
また、社会的地位からの配慮だったり・・で、お住まいの地域に関わらず
お選びになる遺族さまはいらっしゃいます。



東京多摩地区はおおよそ30万円以下、18~25万円が最も多いです。
だいたい会葬者1000人までであれば対応できる式場はありますし
100人前後にちょうど良い式場も、小じんまりした会場も選べます。
都心に比べて土地が確保しやすいということもあるのでしょうね。



以上は民間の式場の状況でしたが、
これとは別に、格段に安いのが公営の式場です。
50~100人規模対応のところが多いです。

ただし、民間のように誰でも電話で予約OK、というわけにはいきません。
市役所などに申し込むのですが、利用者の制限(住所・所得など)や、
数回にわたる書類提出の必要があります。
最近は込み合っていて予約待ち、という場合も多いようです。


お気づきかもしれませんが、内情をいうと、このお金は
葬祭料として葬儀社がお客様からいただきますが、
葬儀社の売り上げにはならず、その会場の管理運営会社にそのまま入るものです。


たかが会場でしょうか?されど会場でしょうか?
・・・会場料金のお話でした。

荒井昭博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります