直葬・家族葬の落とし穴 | 葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ

葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:


昨日は、本当にまれですが、
結果的に悲しすぎた「直葬」のケースをお話しました。


直葬ですが
費用や手間が比較的少なく抑えられるのがのが魅力と、
最近お問い合わせも増えています。



おそらく、お葬儀が気になっている方には
ごくごく近しい人や直系の家族で、いわば「水入らず」で見送れる
「家族葬」とあわせて
気になるキーワードの一つではないでしょうか。


ただ、実際家族葬や直葬を行われたご家族にうかがうと
「あとから『お線香をあげたい』 と自宅にお客が絶えなくて・・・かえって大変です」
「親戚から文句を言われつづけることになってしまいました・・」

というお話も少なくありません。


「水入らずでゆっくりとお別れ」にするためには、
そのための周りへの配慮や準備、
言いかえれば「根回し」が必要な場合があるという事ですね。




きびしい事を言うようですが、

故人の交友関係がどれほどの範囲でどれほどの深さなのかは
ご本人しかわからないことです。

また、故人の気付かないところで
非常にご縁を感じていらっしゃるかたも多いかもしれません




お葬儀は故人のための場であり
ご縁があったかたの最後のお別れの場です。

故人とその方たちに心残りがない形をとってさしあげるのが大切ではないでしょうか。


それがのちのち、遺族のかたにとってもいいことなのではと思います。


ご遺族の気持ちも大切なことは十分分かっていますが、
僕もうちのスタッフも重ねてお聞きするようにしています。
「直葬で大丈夫ですか?」
「御家族だけのお式で、あとあとお困りになることはございませんか?」

荒井昭博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります