さてウダウダのろのろ綴ってきたばあちゃんの葬儀顛末だが

今回で終了。

 

もちろん葬儀が終わった後も何だかんだあり。

喪主家族は結構大変。

 


ワタシはこれで3人目を送り出したことになるので

(父、義父、義母ね。)

大体どういうふうに動けばいいか分かってきたけど

親や家族が亡くなると

悲しみに浸る間もなく次から次へとやることが湧いてくるのは

皆同じ。

 

ばあちゃんの場合じいちゃんほど大変ではないけど

(契約は老健ぐらいであとはほとんどないのでね)

それでも一通りの手続きはあるわけで。

 

そうそう。一つ特筆すべきものがあった。

 

ほら。

 

前に書いたばあちゃんの修了証や資格証書。

 

お棺に納めていざ火葬場へという時に

 

 

さくらちゃんが

「もしかしたらその証書、返納しないといけないかも・・・」

と教えてくれたのだ。

 

自身も看護師のさくらちゃん。

そういうことに詳しいのは親族の中で彼女だけ。

 

なるほど後で調べたところ

『看護師が死亡または失踪の宣告を受けた場合は

看護師籍の末梢手続きを行い、免許証の返納をしなければ

ならない。』とあった。

 

 

看護師ってのは人の命を預かる重要な仕事だからね。

免許を悪用されるとマズいから

きちんと届け出ないといけないわけだ。

 

手続きするのは住んでるところの保健所。

 

保健所へは他にも用事が…。

ばあちゃん結核を患ってたから

半年に1回レントゲン検査を行ってその結果を報告している。

だから死亡したと連絡する必要があったのだ。

(一応ワタシのレントゲン結果の報告もね。)

 

で、葬儀から1週間ほど経ったころ保健所へ。

 

 

まだ第3波が今ほどひっ迫していない頃だったので

保健所は割と静かだった。←まぁこれは幸い。

 

職員さんが早速調べてくれたけど

 

 

電話しながら何かやりあってる。

 

どうやら戦時中に取得したばあちゃんの看護師資格は

混乱の中で登録が行方不明になってたようだ。

厚生労働省まで問い合わせたけど該当が見つからない。

 

ただ、保健婦の資格は記録が残っていたようで

その証書だけは無事返納することが出来た。

 

本来はきちんと手続きせねばならないものだが

当該看護婦がここまで高齢で亡くなった場合

知らずにそのままって人も多いのだとか。

 

 

取りあえずはお役目終了。

 

世の中知らないことはいくらでもあるもんだね。

勉強になったよ。

 

 

 

 

その後コロナが深刻化し始めた頃に

四十九日の法要となったが

 

 

 

色んな転機でスルスルスルと難所をすり抜けてきた

ばあちゃん。

 

今にしてみれば

ワタシたちが困らないように

タイミングを計っていたんじゃないかって思うことは

多かった。

 

 

 

本 お知らせ 本

 

 

『13番さんのあな』が2017年7月28日

本になりました→

 

電子書籍の購入は

【Kindle】

 

 

【楽天kobo】

 

 

 

          

山田あしゅら記事一覧

 

 

           

山田あしゅら記事一覧   

月1更新の予定です

 

 

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村