コロナコロナで気がつけば3月。

 

学校は臨時休校になり

レジャー施設は臨時休業になり

 

お天気はピカイチなのに

街を歩いている人の数はグンと少ない。

・・・この辺り車の量は相変わらず多いけどね。

 

マラソンも一般参加を取りやめにして

無観客試合をテレビでみる。

そしてレンタルビデオ店が大繁盛らしいこの日曜日。

総引きこもりで何とかこの苦境を切り抜けよう。

 

・・・でもなぁ

これが2~3年前の我が家だったら

こんなにノンキには構えていられなかったんじゃないか。

 

 

過去の記事を探っていて

ちょうど3年前のこんな記事を見つけた→

 

じいちゃんの在宅介護が終わる直前

いわば一番苦しかったW介護の頃の記事だ。

 

介護者は常時引きこもりにならざるを得なくて

世の中の動きからは隔絶されているのに

いざ世の中にイレギュラーな出来事が起こると

 

 

モロ影響を受けてしまうことが少なくない。

 

(そういえばあの時のプレミアムフライデー

どうなったんでしょうねぇ・・・。)

 

 

このコロナ騒動の中でも

右往左往させられている介護者も少なくないのでは。

 

幸いなことに介護事業所に関しては

この界隈、自粛の動きはないようで

デイサービスなど普通に開業しているのが救い。

 

ワタシの勤め先も

ご自宅送迎前の体温チェックが増えたぐらいで

後は通常営業である。

 

歩行が危なくなってきた高齢者は特に

ちょっとの間も身体を動かさなければ衰えが進む。

 

何より

行き場がなくなってしまった場合の

家族の負担増は言うまでもないし。

 

こんな時

介護事業所の踏ん張りが支えるところは

実に大きい。

 

 

早いもので

 

 

 

 

 

本 お知らせ 本

 

 

『13番さんのあな』が2017年7月28日

本になりました→

 

電子書籍の購入は

 

【Kindle】

 

【楽天kobo】

 


          

山田あしゅら記事一覧

 

 

           

山田あしゅら記事一覧   

隔週更新の予定です

 

 

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村