面談と介護調査を済ませると

入所は思いの外早く決まった。

 

 

カシマ病院はキタ老健の連携病院ということで

何らかの取り計らいがあったんじゃないかってのは

考えすぎか。

 

追い出され感いっぱいの移動とは言え

取りあえず落ち着き先が決まったことに

ワタシらは感謝しなくてはいけないということなんだろう。

 

ただ

今から退院となると

12月まで服用しなくてはならない結核の薬が

少し足りなくなるらしい。

 

 

カシマ病院⇔キタ老健間は車で大体15分ほどの距離だ。

だけど介護タクシーを使って

ばあちゃんを連れて行くとなると大ごとになってしまう。

 

結局、退院翌日に家族が受診することで

処方箋を出してもらえることになったんだが・・・。

 

キタ老健は医療機関併設の施設ではない。

入所先を探すとき

気になっていたのはそこで→

 

 

キタ老健のような施設だと

具合が悪くなったりして受診が必要になった場合

(緊急時は除く)

家族が病院へ連れて行かねばならないのだ。

 

少し肌寒くなってきた10月中旬

介護タクシーでカシマ病院からキタ老健へばあちゃんを移し

 

 

翌日はワタシのみで再度カシマ病院外来へ。

 

老健入所日はシフトのない日をあてたので良かったが

この日は午後から仕事があるのさ。

 

外来は予約が取ってあったが

案の定

診察までかなり待たされた。

 

やっとのことで

診察と受け付けを済ませ処方箋を受け取ると

外はにわかにゲリラ豪雨。

 

 

ばあちゃんが一緒じゃないのは良かったけど

 

一体何なのこの仕打ち。

 

とどのつまりは薬局に結核治療薬のストックがなく

(え?連係はないの?)

再び出直し、取りに来る時間はない。

 

結局

到着次第、薬局の人が老健へ届けてくれることになった。

 

・・・ワタシが行く意味あったのか?

 

 

 

 

更新しました

デイサービス利用を拒む義父を

こじ開けられるのか!?

ケアマネさんの…ナイスアシスト!!

 

 

読んでみてください。

 

 

 

本 お知らせ 本

 

 

『13番さんのあな』が2017年7月28日

本になりました→

 

電子書籍の購入は

 

【Kindle】

 

【楽天kobo】

 


          

山田あしゅら記事一覧

 

 

           

山田あしゅら記事一覧   

隔週更新の予定です

 

 

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村