いろいろバタバタ。

間が空いてしまった。ごめんなさい。

 

話は←の続きデス。

 

 

 

 

4か月の間に3回もの転院を経てもなお

安定した低空飛行の日々を送るばあちゃん。

 

世間が猛暑になろうが極寒になろうが

いや、季節が移ろってることすら関係なく

ただ時間が過ぎるのを待つだけの毎日だ。

 

ワタシたちはワタシたちで

洗濯した寝間着を持って

言い訳だか懺悔だか分からない思いを抱きながら

病院に足を運んでいた。

 

カシマ病院へ入院してからこれで1年半以上が経過。

 

ここはパジャマでなく寝間着推奨だ。

 

入院と同時に急いで用意した寝間着は

連続使用にならないよう

5枚ほどをローテーションしてはいるものの

 

 

繕っては破れの繰り返しが頻繁になってきた。

洗いが激しいから『しょう』が抜けちゃうんだよね。

 

そろそろ買い替えなきゃなぁ・・・と思い始めた

8月の終わりごろ

 

 

ばあちゃんが入院している

カシマ病院の看護師さんから電話がかかって来た。

 

こんな場面はじいちゃんで何度も経験済み。

「先生からお話が・・・」の看護師さんの一言だけでピーン。

 

そろそろ退院を考えてはいかがかな?

という打診である。

 

 

 

←ここでも書いたように

鼻腔経管栄養の患者を受け入れてくれる介護施設は

市内にはほとんどない。

 

どうやら

管理が難しい順から言えば

①中心静脈栄養(点滴)

②鼻腔経管栄養

③胃瘻

ということになるらしく

 

中心静脈栄養でいるうちは

病院でみてもらえるけど

経管栄養に切り替わるとそろそろ施設に・・・

ということになるようだ。

 

 

もっとも

ばあちゃんの血管がそろそろ点滴を受いれ難くなってきた

ってこともあったようだ。

(分館病院の看護師さんからチラッと聞いた。)

 

分館病院で最初に担当の先生と面談した時

 

 

こう言ってびっくりされたのはこういうことだったか。

 

ばあちゃんの場合

首の下の動脈←静脈に(まちがえました・汗)

チューブを入れて栄養を投与していたが

感染など管理がとても難しいらしい。

 

そういった意味では

カシマ病院や転院先の病院には感謝しかないが

 

諸般の事情はあるものの

経管栄養に移行したら

こういうことが待ち構えているかも知れないことを

前もって教えてくれよ・・・とは思う。

 

 

 

 

 

 

本 お知らせ 本

 

 

『13番さんのあな』が2017年7月28日

本になりました→

 

購入はこちら

 

Amazon↓

 

楽天↓

 

電子書籍の購入は→コチラ

 


          

山田あしゅら記事一覧

 

 

           

山田あしゅら記事一覧   

隔週更新の予定です

 

 

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村