じいちゃん入院とばあちゃん転院。

それとほぼ同時に始まったパートタイムの仕事。

 

入院転院が重なってしまった当日は

シフトが決まったばかりだったのに

早速『休み』。

 

 

二人がそれぞれの病院に落ち着いた後も

いつ緊急の電話がかかって来るかドキドキの日が続く。

 

 

実際しばらくワタシの携帯には

双方の病院からの連絡が交互に来ていて

仕事帰りに慌てて電話を返すこともたびたびだった。

(ほとんど急を要する用事ではなかったけどね)

 

 

 

入院3日目には持ち直したかに見えたじいちゃんも

次第に元気がなくなってくる。

 

検査の結果

『飲み込む力』がないとの診断がおり

 

 

ばあちゃんと同じ『点滴だけ』になってしまったじいちゃん。

 

食べられないことで

このまま気力が落ちていっちゃうのか

 

はたまた

1年以上持ちこたえているばあちゃんと

同じ道筋をたどることになるのか

 

こればっかりは

おてんと様でも分からない。

 

そんなこととは全く関係なく

世間はちょうど改元に向けて

『平成最後の○○』で盛り上がっていた。

 

 

それから約2週間後の23日。

 

夜遅く

やはりワタシの携帯がなり、出ると

 

じいちゃんの病棟の看護師さんからだった。

 

 

そう言えば

初任者研修の講義で習った覚えがある。

 

死期が近づくと

顎をアグアグさせるような呼吸が現れのだるそうだ。

 

そんなに急に来るものなの?

じいちゃんのことだから多分大丈夫だなんて

誰が言った?・・・あ、ワタシか。

 

現時点では血圧の下降もそれほどではないので

今すぐどうこうというわけではありませんが

心積もりはなさってください。・・・と看護師さん。

 

翌日としお氏が病院へ向かい

様子を見届けてから

急遽各所に連絡。

 

義弟のよしおさんと

近しい親戚に見舞いをお願いした。

 

 

 

 

記事がアップされました

火災寸前!物で溢れる部屋にあったのは…

焦げ跡の残るタコ足配線コード

 

 

 

読んでみてください。

 

 

 

 

本 お知らせ 本

 

 

『13番さんのあな』が2017年7月28日

本になりました→

 

購入はこちら

 

Amazon↓

 

楽天↓

 

電子書籍の購入は→コチラ

 


          

山田あしゅら記事一覧

 

 

           

山田あしゅら記事一覧   

隔週更新の予定です

 

 

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村