すき焼き4人前OKのじいちゃん。

 

話をしている間、しきりに

 

 

今自分がどこに居るのかしきりに聞いてくる。


 

 

おそらくね

看護師さんにも同じ質問を繰り返し

聞いているんだと思うのよ。

 

でも、すぐに忘れちゃう。

 

まだワタシが誰だか覚えているから

ソコまで衰えは進んじゃいないけど

ソレなりに進みつつある老いの進行。

 

 

自分が緊急入院した時のことも

ほとんど覚えていなくて

何でここにいるのかも分かっていない様子。

 

かつてばあちゃんも元気なころは

例えばショートステイの利用中

いつもと違う場所に自分の所在が分からなくなって

 

 

とても不安がっていたっけね。→

 

今自分がどこに居るのか

何度聞いても頭に入らない。

 

実はそれって不安のかたまり。

 

今じゃどこの病院に移されようが

『われ関せず』のばあちゃんも

話すことが出来るなら

「ココハドコ?ココハドコ?ココハドコ?」を連発したいのかも。

 

 

一方まだ頭がしっかりしているじいちゃんの

不安感はいかばかりか。

 

何だかじいちゃんかわいそう。

 

老いって残酷だよ。

 

・・・なんて思って話を聞いていたら

 

 

 

 

と、通常マウンティングじじに戻った。

 

ほーら

いつものじいちゃんだ。

 

 

ワタシの「かわいそう」を返しなさい。

 

 

 

 

本 お知らせ 本

 

 

『13番さんのあな』が2017年7月28日

本になりました→

 

購入はこちら

 

Amazon↓

 

楽天↓

 

電子書籍の購入は→コチラ

 


          

山田あしゅら記事一覧

 

 

           

山田あしゅら記事一覧   

隔週更新の予定です

 

 

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村