さて

としお氏は無事(?)入院。

いつも絶妙なタイミングでコトを起こしてくれる13番さんも

今回は何も音沙汰なく

 

 

これまでの経緯を振り返ったら

何が起きても不思議ではない。

 

身動きできないとしお氏入院中

『急変』だけはカンベン願いたいものである。

 

ところで

としお氏が入院した日

家のドアを開けた時に

悪いがちょっとだけワクワクした(笑)

 

 

このほぼ平成の30年間。

家に朝から晩まで一人居るというシチュエーションは

一日たりとも無かったんだもん。

 

玄関開けたら誰か居る。

…いや、その逆もアリ

嫁・妻・母は家に居るのが当たり前の山田家。

(嫁に関してはワタシに限る)

 

 

 

『嫁』は女に家ってか?・・・いつの時代だよ?

 

 

図らずもとしお氏の入院によって実現しちゃった

3週間限定・プレ一人暮らしのスタートであります。

 

ただ

初任者研修の日程はまだ2日残ってて

最終日は修了試験もある。

 

取りあえず

これをやり終えないことにゃあ。

 

 

初任者研修を受けて思ったことは

とにかく『書く』ことが多い。

 

 

記録と数値の把握は介護において

理念や知識とともに重要項目だということを認識するため

とにかく講習中も書く作業が多いのだ。

 

修了試験はテキストと自筆ノート(コピー等はダメ)

持ち込み可なので

授業を真面目に受けていれば

それほど難しいものではない。

 

しかし、1時間の試験の間に出題のポイントをおさえて

結構な字数の記述問題も出題されるのだ。

 

 

ほぼ1か月間、

勉強とか実習とかペーパー試験とか。

ウン十年この方、あまり機会のなかった身としては

なかなかの難行苦行だったけど

何とか無事、修了試験までこぎつけられたのは

 

講習開始当初の8名

途中誰一人欠落することもなく

(速習コースでは珍しいことらしい)

和気あいあいと一緒に勉強できた

クラスメイトによるところが大きかったと思う。

 

 

本当に心より感謝。

 

お世話になりました。

 

 

 

 

 

告知が遅れましたが

 

 

 

 

共に更新されました

 

●すくパラ

 

男の子女の子の違いを認識した3歳児健診

 

 

●毎日が発見ネット

 

 

 

 

読んでみてください。

 

 

本 お知らせ 本

 

 

『13番さんのあな』が昨年の7月28日

本になりました→

 

購入はこちら

 

Amazon↓

 

楽天↓

 

電子書籍の購入は→コチラ

 


          

山田あしゅら記事一覧

 

 

           

山田あしゅら記事一覧   

毎週月曜日19時更新です

 

 

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村