久々にワタシの歯医者

テーマ:


13番さんの通院から解放されて久しい。

 

入れ替わりに

今度は自分の通院が増えた、介護者あるある。

 

まぁ、そういうお年頃ではあるが

早急に対処が必要な内臓関係の通院はともかく

 

ずっと後回しになっていた歯科の通院を

先々週あたりからやっと再開することに。

 

実はもう1年以上

噛み合わせに違和感を感じていた。

 

何を隠そうワタシは元々

 

 

出っ歯なんだが

 

最近、上の歯が更に前に出てきて

下の歯との噛み合わせが一層悪くなってしまったのだ。

 

うまく噛めないものだから

どうしてもしっかり咀嚼せずにに飲み込むことになる

 

 

最近の胃の不調の一因も

そんな辺りにあるんだろう・・・とは思ってたんだけどね。

 

それからもう一つ。

気になってたのは前歯の歯並び。

出っ歯がひどくなるにつれ

 

 

前歯の真ん中のすき間が

どんどん広がってきちゃったこと。

 

これは見た目がかっこ悪い。

 

 

問題はこのまま噛み合わせと歯並びが悪化した場合

将来的に何か困ったことが起きはしないかということ。

 

噛むことは脳の働きにも関係するって

どこかで聞いたことがあるし

 

13番さんたちが曲がりなりにも

90前後まで元気でいられたのは

自分の歯でモノが食べられたことだと思うから。

 

 

決して長生きしたいと思っちゃいないけど

生きてる間モノがおいしく食べられるか否かは

間違いなく幸福度を左右する。

 

 

痛ければ飛んでく歯医者も

支障が大きくならないと、その後の通院の長さを案じて

どうも足が向かないが

だんだん心配になってきた次第。

 

で、久々に行った。

行きつけのN歯科。

 

 

 

これね。

数年前介護中も言われた。→

 

顎関節症を起こして

この歯科でマウスピースを作ってもらった時だ

 

原因は寝ている間の無意識な歯の食いしばり。

 

 

あれが未だに続いているってことかしらん。

 

 

先生が言うには

歯の食いしばりによって

下の歯で上の歯を押し出してしまっている可能性があるとのこと。

 

食いしばりを防ぐために

顎関節症の時とは違った

柔らかいマウスピースをはめるらしいんだけど

 

その前に

 

 

 

 

と、1枚のプリントを渡してくれた。

 

長くなりそうなので

次回に続きます。

 

 

 

 

 

新しい記事が更新されました

 

読んでみてください。

 

 

本 お知らせ 本

 

 

『13番さんのあな』が昨年の7月28日

本になりました→

 

購入はこちら

 

Amazon↓

 

楽天↓

 

電子書籍の購入は→コチラ

 


連載書かせていただいてます

山田あしゅら記事一覧

 

 

 

 

 

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村