生計維持確認届

 

 

あーんだけ頻繁にアップしてたブログ

こんだけ落ちると

生存報告せにゃならぬ(笑)

 

生存報告と言えば

タイトルの(←むりくりこじつけ。)

 

『生計維持確認届』

 

毎年じいちゃんの誕生日が近づくと

年金機構から郵送で送られてきて

記入して送り返すヤツ。

 

 

要するに

おみゃーさん年金受給しとらっせるけど

ちゃ~んとご本人さん(達)は生きとりゃーすかね?

という質問に答える書類なのである。

 

提出期限は誕生日末日。

 

これを出さないと年金支給が止まっちまう

と説明書きには書いてある。

 

 

 

このブログを書き始めた頃から

こういった書類提出には

色んなすったもんだがあった。

 

そう

もちろんすったもんだのタネは

 

 

このお方。

 

元気でしっかりしていたころは

書類関係の提出

ばあちゃんの分も含めて

全てじいちゃんがやっていた。

 

元々几帳面で

こういう手続きに関しては

ワタシよりずっとキッチリしてた人だったからね。

 

・・・が

いつまでもキッチリとはいかないもので

 

だんだんと

危なっかしくなってくるのだよ。いろいろと。

 

なのに

当人はいつまでも変わらず

 

 

こういうスタンス。

 

中途半端なこの時期が一番メンドクサいのは

周知の通りなのである。

 

 

このように本人の努力で何とかなってるうちは

まだ良いんだわ。

 

そのうち

重要な書類を見落とすことも出てきたりする。

 

 

なのに

年金、介護、福祉関係などの書類は

煩雑なくせして

全て本人宛に届けられるのである。

 

気をつけてないと

先にじいちゃんが開封し

ヘタするとそのまま魔窟で死蔵される恐れもあるのだな。

 

 

解読力、判断力、実行力において

かなり危なっかしくなった人宛に

届けてどうなるもんかと

送られてくるたび思ってた。

 

・・・高齢でもちゃんと出来てる人もあろうから

じいちゃんに限って言うのだけれど・・・ね。

 

そのうち

ポストまで行くことが難しくなり

少なくとも

先に開封→死蔵の恐れがなくなったのは

数年前。

 

こちらの裁量で処理できるようになり

メンドクサイことがなくなった代わり

 

メンドクサイ煩雑書類は

全部ワタシのお仕事に。

 

 

家に居なくなり

その量は随分少なくなったものの

今でもこういう書類は送られて来る。

 

支給される年金で

じいちゃんの入所費用と

ばあちゃんの入院費用が

ギリ賄えるのだから

書類にちょいと記入して送るくらいのこと

やぶさかではないのだが

 

 

そういう書類処理があるってことすら知らない実子

 

 

そろそろ

おべんきょしといても

良ろしいんじゃないのかと。

 

 

本 お知らせ 本

 

 

『13番さんのあな』が昨年の7月28日

本になりました→

 

購入はこちら

 

Amazon↓

 

楽天↓

 

電子書籍の購入は→コチラ

 


↑連載書かせていただいてます↓

https://mainichigahakken.net/

 

13番さんの最新記事はこちら↓

頑なにデイサービス利用を拒む義父。義母の通所にまで口を出し・・・

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村