認知症も極まると

 

ばあちゃん

土曜日もかめさんへ行って

お風呂も入って来れた。

 

しかし

土曜日時点ではご飯の進みはすこぶる悪く

どんなにがんばってもなかなかのみこめない。

 

 

食欲がないとかではなく

『食べ方・ゴックン』を忘れちゃった

・・・そんな感じだ。

 

認知症の進行のせいなのか

生き物としての本能までも忘れてしまったらしい。

 

あんなに食いしん坊で

食べること大好きなばあちゃんだったのに・・・。

 

看護師さんからは

うつらうつらしている時

無理に食べさせない方がいいと言われているけど

 

家では

木曜日からほとんど固形物を口にしていない。

 

このまんま

食べられなくなって

ろうそくの火が消えるごとく

あの世に行っちゃうんだろうか

 

・・・なんて、悲観的な思いばかり浮かび

それでも何とか食べてくれないかと

ゆっくり促してみる。

 

でも、ほとんど食べられず

水分を摂ることすら難しかった。

 

 

ところが

 

日曜日の昼間ほぼ1日

眠り続けたら

 

起きてから

力強く『ゴックン』が出来るようになり

用意したお粥をほぼ完食。

 

 

切れてたどこかの回路がつながったのかしらん?

 

認知症ってホント

不思議。

 

このままの調子でいけるといいんだけど・・・。

 

 

 

 

本 お知らせ 本

 

 

『13番さんのあな』が7月28日

本になりました→

 

予約はこちら

 

Amazon↓

 

楽天↓

 

電子書籍の予約は→コチラ

 


↑連載書かせていただいてます↓

https://mainichigahakken.net/

 

 

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村