残念ながら

正解者はありませんでした。

 

 

 

正解は

 

 

 

その後のドタバタでそれどころじゃなかったけど

写真撮っとけば良かったな~。

 

 

それは見事な一抱えもある大きな花束。

 

 

 

じいちゃんの誕生日を3日後に控え

 

義弟もそれを覚えてて

持って来たらしい。

 

そして

息子として

親のことは一応気になってるらしい。

 

ただ

介護の経験がないから

(立ち入ろうとする必要性すら感じてないから)

 

それがどんなもんなのか分からないだけ。

 

ワタシが送った手紙のことも

分からないながら読んだは読んだ。

 

と、そんな感じ。

 

伝わったかは別として。

 

 

その上

残念なことに

男同士の兄弟は

双方コミュニケーションがヘタときたもんだ。

 

 

 

すぐ後に来た

 

 

タムラ先生の診察を

終わりまで見ていき

 

帰って行った義弟。

 

立場の違いによる

伝え方の難しさは

その後も続くのだが

 

2人しかいない兄弟。

 

思いのズレを近づけるも

引き離すも

 

そのカギを握るのは

 

やっぱ

かあちゃん・・・かな?と

 

ウスウス感じた。

 

 

 

 

実にめんどくさいことでは

あるんだが。

 

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

AD

コメント(23)