a guardian angel

スキビ好きな私が無謀にも始めてしまった…

二次創作・ネタバレ・つぶやきを含む妄想ブログです。

当然のことながら、作者さま・出版社さま等とは一切無関係です。


テーマ:

携帯を持って部屋に戻った私を…見つめる彼の瞳…

私の手の中にある携帯に気づいた彼が傷ついた顔をした。

その次の瞬間…彼からスッと表情が消えた。

ショータローの話題は彼を怒らせる禁忌だったのに…

つい…アイツのことを考えると周りを見失ってしまう私…。

そんな私の姿は…彼にどう見える?

…彼が怒っているように思えて…動けない。

きっとアイツと電話してたって思われてる…。

その証拠に彼の瞳は私を映しながら揺らいでいる。


         魔王が降臨する?


身構えていた私に掛けられた言葉は…意外にも…カインのものだった。

私は彼からの言葉に大きく頷くとバスルームへと逃げ込んだ。


私がこんな思いをしなきゃいけないのも…全部ショータローのせいよっ!!

ウイッグをはずし…怒りながら服を脱いでキョーコへと戻っていく。

メイクを落として…頭から少し冷たいシャワーを浴びた私は…

冷静さを取り戻していく。


シャワーを浴びながら…セツを演じ始めてからのことを思い返す…

私がセツを任された意味…

敦賀さんの食事事情が気になって、軽い気持ちで引き受けてしまった社長からの『危険なミッション』

BJを演じるカイン・ヒール…を演じ始めてからの敦賀さんは、いつもの彼とは違っていて…

どこか危うい橋を渡っているような…不安定さがあって…

それは違和感として私にも伝わってきて…

壊れてしまいそうな…程、何かに傷ついて…何かと闘ってるように思えた。

そんな彼の力になりたくて…彼を守りたいって思ったから…

今の彼を1人にしちゃいけないって…彼のそばにいたいんだって気付いた。


だけど、彼の告白でやっと自覚した私は…その想いとは裏腹に…

初めての恋人…の存在に戸惑うことばかりで…

しかもこの状況…カインとセツは…気持ち悪いくらいラブラブな兄と妹で

そんな設定も彼にとっては何ともないんだろうけど…

想いを自覚した今となっては…

彼の態度が…カインとしてのものなのか、彼の意思なのか…さえもわからなくて…それに彼と二人っきりのこの空間にいること自体が…正直落ち着かない。

彼と二人っきり…

そう思った途端…昨日の艶っぽい瞳で云われた彼の言葉を思い出す…。

「それから先の初めては…全部…俺だけのものにさせて?」

それから先…って…つまり…その…///


シャワーを止め…鏡の中に映る自分の姿を見ながら…

( もう少し胸が大きかったら… )

って…私ったら何考えてんの?!もぅっ~~っ///

ふぅっと溜め息をこぼしながら下着へと手を伸ばす。

セツカの下着…女神の指定とはいえ…いつものことながら

はっ恥ずかしいっ。このエロカワショーツにキャミスタイルなら…

…胸の小さな私でも…彼の目に…それなりにセクシーに映ったりする…のかな?

って…何その気になってるの…?

実際に迫られたりしたらパニックを起こすに決まってるのに。

そういうことに全く免疫のない私が…あの帝王相手に?

無理!!無理に決まってるっ。

私なんかが相手になれるわけない…

っていうか困る!!

…はぁっ…なんか…いろいろ考えてたらのぼせちゃったかも…。

って…忘れてたけど、誤解されたまま…なんだよね?

とにかく、誤解だけは解かなきゃ…

でも…なんて云えば…?

名前を出すこと自体、さらに状況を悪くするんじゃ…?

そんなことをぐるぐる考えていたら、ドアをノックする音が聞こえた。

コンコンッ…

「…大丈夫か?

いつもより…だいぶ長いみたいだが…のぼせて倒れたり…してない…か?」

私を…セツカを心配する声に慌ててドアを開けた。

「大丈夫よ、兄さん…心配しないで?」

にっこりと…セツカになって返事をした私の目に映った彼は…

いつものバスローブ姿じゃなくて…足元にはキャリーケース

…そして、これからここを出ていくという彼の姿にしか見えなかった。

その姿に愕然とした私は…持っていたパンツを落としてしまった。


→ 15話へ続く

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

みーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。