a guardian angel

スキビ好きな私が無謀にも始めてしまった…

二次創作・ネタバレ・つぶやきを含む妄想ブログです。

当然のことながら、作者さま・出版社さま等とは一切無関係です。


テーマ:


a guardian angel-夜明け前.jpg


あの日の敦賀さんは…いつもの敦賀さんじゃなかった…。

私を助けてくれた時の彼は…

凶悪な殺人鬼BJ役を演じる…カイン・ヒール…

そのカインを演じるのは敦賀さんだ…。

どんな時も瞬時に芝居を組み立てて切り返すことのできる彼が…

あの時ばかりは違っていた。

私にありがとう…と言った彼の言葉に飲みこんだ…違和感。

その違和感を…今リアルに感じてる。

らしくないといえば…あの時計も…

壊れたあの時計の意味するものは…?


その夜…夜中に目を覚ました時…ベッドに彼の姿はなかった。


こんな時間にどこへ?           ・・・


気になりつつもそのままやり過ごして朝を迎えた。

明け方近く…戻ってきた彼に…そっと尋ねる。

「兄さん…どこか行ってたの?」

そう・・・今気付いたかのように聞いてみると…

「…散歩。」

ポツリとそう答えた彼は…そのままシャワーを浴びにいった。

その時の敦賀さんの色のない表情に…それ以上は聞けなかった。

翌日も…そのまた翌日も…彼は真夜中になると姿を消す…。

そんな敦賀さんに何も聞けないまま、撮影が始まった。

撮影現場を見学していた私に…兄さんはいつも通りに振舞った。

BJ役も問題なくこなしている…さすがは敦賀さんだ。

そこには完璧な演技で応える私の尊敬すべき俳優がいた。

だけど、その夜…疲れからか…

浅い眠りについた彼は…酷くうなされていた。

「兄さんっ…兄さん、大丈夫?」

私の声に目を覚ました彼は…片手で顔を覆ったまま…しばらく反応がなかった。

あの日と同じ…茫然自失となった彼の表情に…

何か…ある         ・・・そう確信した。


そういえば…彼は言っていた。

ダークムーンで嘉月ができなくなった時…

坊の姿の私に… 


『大切な人は作れない…どこにいても…』


あの時に感じた敦賀さんの深い闇…その闇が今…彼を苦しめている。

そう…直感で感じた。

でも…私にはどうすることもできない…。

「…何でもないよ。起こして悪かった。

明日も撮影があるから…セツも…早く寝た方がいい。」

そう言って…心配する私の頭をなでる兄さん。

「……。」

私は…ベッドに潜る彼の姿にまた言葉を飲み込む…。


暗い夜…ホテルの窓からは、降り出した雨が見えた。


a guardian angel-探す.jpg


しばらくして目を覚ますと…また彼がいない。

私は…胸騒ぎがして外へ飛び出した。

やっぱり…今の敦賀さんは…いつもの彼じゃない。

何かが彼を蝕んでいる…。

その何かを…私は知る権利なんてないのかもしれない…

でも、放ってなんておけない…っ

彼が…壊れてしまいそうな…そんな悪い予感に囚われて

私は必死で彼を探す…降りしきる雨の街を…。


→ 2話へ続く

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

みーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。