カジノやポーカーの年齢制限 | 優勝賞金8億オーバー!ポーカーで稼ぐためのブログ

優勝賞金8億オーバー!ポーカーで稼ぐためのブログ

世界で最も人気の高いポーカーゲーム「テキサスホールデム」について紹介するブログです

ちょっと今日も時間がないので短めのものを。

日本の場合、ギャンブルができるようになる年齢は18歳からですが

もちろんこれは全世界共通というわけではありません。

最も有名かつ最も影響が大きそうなところで言うと

アメリカではギャンブル(カジノ、ポーカー含)をプレーできるのは

21歳以上となっており、

例えば日本ではギャンブルをしてもいい年齢に達している

18歳の日本人が現地に行った場合

ギャンブルをプレーすることはできません。

多少の例外はあるのかもしれませんが

このように出身国と実際にギャンブルをやろうとしている国とで

年齢制限に差異がある場合は

基本的には現地の法律に準拠するという形となっているため

(取り締まるのは現地の人なので)、

18歳以上21歳未満のアメリカ人ポーカープレイヤーが

ヨーロッパなどの18歳以上であれば

ギャンブルをプレーすることのできる地域の大会に出場して

好成績を残しているなんていうニュースも

最近どこかで見たりしました。



ちなみに18歳より上の年齢でないと

ギャンブルをすることができない国の代表例としては

カナダや韓国が19歳から、

シンガポールやマカオが21歳からなど

結構たくさんあったりします。

ヨーロッパ方面はほとんどが18歳からだったような気がしますが。

ちなみにマカオは数年前までは18歳からOKだったんですが

2年くらい前に「今年中に21歳以上への移行が完了する」

というニュースを見たので、もう21歳以上になっているはずです。



僕はもうこういった制限とは無縁の年齢になっていますが

(だからあまり真面目に調べてない)、

例えばフィッシュ目当てに流行っていないマイナーな国のカジノに

行こうと考えている若い方などは

当たり前といえば当たり前なんですが

まずちゃんと年齢制限については調べるようにしましょう。

日本語で探しても検索に引っかからなかったり

あるいはマカオのようにこの数年で制限が変わったり

なんていうことも充分ありえるので

英語で調べるのが無難です。

ちなみに、オンラインギャンブルの場合は

運営会社のある国でも

カジノのライセンスを発行している国でもなく、

①18歳以上であること

②自分が今いる国におけるギャンブルをしてもいい年齢に達していること


の2つを満たしている場合のみプレー可能

ということにしている場合がほとんどであるはずなので、

年齢によっては注意が必要になってきます。