*虫垂炎(盲腸)体験記 ④ 虫垂炎手術日 | 感性と幸せの扉を開くアロマテラピー

感性と幸せの扉を開くアロマテラピー

一滴から広がる精油の香りとエネルギー
それは水面に落ちた雫から広がる輪のように、私たちの人生に幸せと豊かさを広げてくれます。
本当の自分を輝かせてくれるアロマの世界へようこそ♪

“香りと繋がり
わたしと繋がる”

本来のあなたらしさ
そして、幸せと繋がることを
“アロマトリートメント”
“香りとココロのセッション”
でお届けします。

西国分寺駅から徒歩13分の
おうちサロン

Aqua Lima
アクアリマ(女性限定・完全予約制)
セラピスト、yukiですクローバー




いよいよ手術日!

昨夜飲んだ下剤が
明け方くらいに効いてきて
2回トイレに呼ばれましたが
ほぼ快眠zzz

朝の6時以降、絶飲予定のため5時半に起きて水分摂取しました。

【手術準備】
9時過ぎに、看護師さんが来てくださり浴衣に着替え、
オムツ装着アセアセ

9時半に
看護師さんと一緒に
てくてく歩いて、手術室へ。
(普通に歩ける人は、ストレッチャーではないのですね)

医師や看護師さん達は
よくドラマで観るような
ブルーの服に
ブルーのシャワーキャップ(のような帽子)
その服装に、いよいよだ~と
気持ちが高鳴ります!

手術室までは、
三枚扉になっていて
手前の待機室のようなところで
先生がなかなか来なかったので
しばし待機・・・・

待機・・・・

執刀医の先生が、、なかなか
来ない・・・

沈黙・・・

あまりに待ち時間が長すぎて(といっても15分くらいw
)急にドキドキしてきて、不安が込み上げてきました滝汗

だっ、だっ、
誰か!! 
談話とか、みんなでしないの??

でも、私から話題を振る余裕は…
ない……

その重い雰囲気に
飲み込まれそうになった時、

「ごめんなさ~い!!遅刻しちゃいました!」
颯爽と現れる執刀医の先生!
ふ、ふぅ・・・

扉を二枚くぐり
手術室へ。

意外とこじんまりとしたお部屋。
ベッドも思ったよりもコンパクト。
室内の雰囲気は、想像したよりも
冷たい感じではない!

『横になってくださいね』
と言われ、ベットに触ると、ウォーターベッドみたいにふかふか。そして、ほんのり温かい!!というおもてなし感♡

横になると
その後は、めっちゃスピーディー!

看護師さん等
三人がかりで一気に
指に酸素量を計る器具を挟まれ、
胸には心電図のチューブ
腕には血圧計
そして、手の甲に点滴のための
針を刺してもらいました。

その後、点滴で
『全身麻酔のお薬を入れていきますね~』
『深呼吸をしてくださ~い』
と口にマスクをあてられて
点滴が入る時に、少し痛みがあることを伝えられます。

おぉぉぉ・・・
本当に針の刺さっているところから、キューンとした痛みが。
痛い… 痛い……と
言いながら、深呼吸していると
看護師さん二人が
『大丈夫~ 大丈夫~』と
手や肩をさすってくださり・・・
安心するなぁ 
タッチングの効果はやっぱり絶大!
と感動していたら
突如記憶がなくなりました^^;

熊しっぽ熊からだ熊からだ熊からだ熊あたま手術中・・・

起きて下さ~~~い!!!
終わりましたよ~~~
手術は、無事に済みましたよ』
と声をかけられて
目覚めたら、沢山の覗き込む顔ハッ 

気付いたら、手術は終わっていました。

訳も分からず、
少しぼんやりする中、
ガラガラ~と
ストレッチャーでお部屋に
帰り・・・

ここから、一日が
長かったな~~

ということで、
次回に続きます。

最後まで、お読みいただき、
ありがとうございました ↓ポチッ!としてもらえると、励みになります_(._.)_



人気ブログランキング