子A「ぼくは夏休みにかぞくで海へいったんだ」

子B「僕だって家族でやまへいったんだぞ」

子A「それから砂浜で大きな穴を掘ってお父さんをうめたんだぞ」

子B「僕のとこだって山の中で大きな穴を掘ってお母さんをうめたんだぃ!」
男「新しく買ったこのケータイ、セキュリティの機能がすごくて
他人じゃ絶対使えないんだ」

彼女「ふーん。きっと隠し事がいっぱいあるのねぇ」
A「この間君から五千円で買ったテレビ、一週間もたたないうちにこわれちゃったぞ」
B「そうか?でもまぁお互い様だよ」

A「どういうことだい?」

B「君からもらった五千円だって一週間ともたなかったんだ」
私「君に内緒で頼みたいことがあるんだけど・・・」

同僚「なんだい?なんでもいってみろよ」

私「実はお金を借りたいんだが、絶対人に知られちゃ困るんだ」

同僚「うん、うん。それじゃ僕も聞かなかったことにするよ」
息子「隣人を愛しなさいって浮気のこと?」

私「まぁ、ぱぱに言っちゃダメよ」
新婚ほやほやだったころ

夫「君ほんとに処女だったの?」

私「もちろんよ、聞くだけばかよ」

夫「そう、よかった」

私「だいたいね、処女じゃなかった女っていると思う?」


主人はかなりあせってました(笑)
母の帰りがおそい

<どうしたん?>

とメールを母に送った

返事が返ってこないので携帯を小二の弟に預けて風呂にはいった あがってから

「返信キタ?」ときくと

「きたよ!<またあいたい>って」

「????は?」

携帯を確認すると、なんと!

.......<あたまいたい>だった.....
昆虫博士なる人がくるイベントに息子と参加した

息子は虫好きだったので大喜び!

いろいろな虫の標本を見た後に博士の話を聴いた

そのあとの質問タイムのこと

博士「なにかききたいこととかありませんか?」

息子「ハイッ!!」

おっ、なにきくんだ、とおもっていると

息子「バッタは何で生きるの?」

博士「...」

博士もさすがにこたえられなかったようでしばし会場はざわめいた

家に帰ってから

私「今日の質問はかなりむずかしかったね」

というと、息子は困ったような表情で

息子「ばったは何年生きるかきいただけなんだけどなぁ」
彼女と初めて手をつないだ

とてもうれしかったから、

「この手、一生洗わないよ」

と言うと、彼女はこう言った

「ちゃんと洗わないと手がイカ臭くなるよ」
彼女と橋で夜景を見ていると、彼女がこちらをじっとみていた

「何?」って聞くと

「目が死んでるよ」だって-

何でこんなときに...