お茶会~こだわらない事と自分軸 | 輝くあなたへ レイキ&リーディング in ブリスベン

輝くあなたへ レイキ&リーディング in ブリスベン

レイキ(霊気)やスピリットに繋がるリーディングを通じて
宇宙の光を皆さまにお届けするお手伝いをしています。
是非一緒に楽しみましょう♪

大らかな自然に包まれたオーストラリアのブリスベンにて
日々いろんなことを感じながら光に感謝して暮してます。


テーマ:

こんにちは。

ブログをご訪問頂き、ありがとうございます。

源の自分で

みんなと宇宙と豊かなハーモニー♪

共に人生を楽しむ あくあです。

 

お元氣ですかニコニコ?

 

先週21日(土)は

「ことだまとチャネリングのお茶会

〜般若心経の波動〜」を開きました。

 

ケアンズより、

田上潤(たがみ じゅん)さん

講師にお迎えし、

 

そして、潤さんとの出会いを作って下さった

くり茶屋さんこと、まさよさんもご一緒に。

 

参加者様と

般若心経の波動を感じる

学びの時間を過ごしました。

じっくり語り合い。そして笑顔も♪
くり茶屋さんも真剣に聞きいってらっしゃいます。
 
般若心経の内容は物語であるとの事
 
その歴史や興り、解釈等
参加者様からの質問も積極的に出され、
潤さんからのお話は、量子力学にも及びました。
 
潤さんの唱える般若心経の響きを聞きながらの
瞑想では、それぞれの思いを感じて頂きました。
ご自身の体験もシェアしながら
分かりやすく お話下さる潤さん
 
私からは
参加者様それぞれの本質について
ガイドさんから感じたメッセージを
お伝えさせて頂きました。
 
「へ〜!」というお声もあれば
「そんな風に感じていた。」というお声も。
 
ご一緒する流れになったお二人の
ペアでの意味も感じられました。
写真はご遠慮なさりたいという参加者様が
撮って下さった一枚
 
ブリスベン、
そしてゴールドコーストからもご参加頂き、
本当にありがとうございましたお願い


ーーーーーーーーーー


会の中で出た
キーワードの1つは
こだわらない事

こだわり、ってどうでしょう?
ありますか?

例えば、大切なポリシーや信条などあるかと思います。

前の記事「まず自分が元気でいる事」で触れた、
ぶれない軸を持つ事と関連するのですが、

何か小さな事でも、こうだ、と固定した見方をすると
それ以外の面に気付かないとか
視点の広がりがなくなる事にも繋がる。

ぶれない軸は、

良きにつけ悪しにつけ
(そもそも良いも悪いもない、という視点もありますが)
人を惹き付けます。

例えば、ドイツのヒットラー。
彼の行いはユダヤ人虐殺という後に批判される面もありましたが、
当時、多くの人々が彼にカリスマ性(ぶれない軸)を感じ、支持しました。

何かに盲目的にならず、

こだわらない
柔軟な感性を持ちながら
自分を大切に、
自分軸を保っていきたいものですね。

自分軸を保つことは、
ぶれない自分でいて、自分を大事にする事。
それが、他の人に安心感や
心地よい波動を感じてもらえる事にもなります。

参加者の方々、潤さんやまさよさん
それぞれのお人柄や在り方からも
そう感じたひと時でした。

ーーーーーーーーーー

 

今この瞬間

愛するあなた自身を

味わいましょう。

 

 

愛と感謝を込めて
あくあ より

 


+++++++++++++++++++

 

[個別サービス]

 

☆自分で自分の体を輝かせる お体セッション
☆レイキ 対面/遠隔 セッション

☆レイキ 1st-3rd 伝授 : 随時受付

☆チャネリング・リーディング 対面/遠隔 セッション

    まずは試してみたい、という方へ

    新たに30分のセッションも加えました♪

    基本の60分、じっくり90分のセッションも♪

 

→詳細・お申込みはこちら☆

 

 

☆メールマガジン

あなたとレイキと宇宙の素敵な関係♪ Light from Brisbane, AUS♪

 

普段の心持ちや生活における
レイキやスピリチュアルの

ちょっとしたヒントをお届けします。

→詳細・ご登録はこちら☆

 
===========
 

全てのサービスについて

お問合せ

携帯 0423 091 898 (Textが確実です)         

メール noriko@aquareiki.com                                  

どうぞ お気軽にご連絡下さい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

Aqua - レイキ&リーディング inブリスベンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス