マルタ3年目の秋も本番。夜は気温20度切る感じなので、一応防寒というか、毛布の少し手前の様なブランケットを重ねて寝る季節になりました。

 

人間だけでなく、毛をまとったネコたちにも良い季節!?か、ちょっと前までの冷を求めてコンクリートの床に寝そべっていたのは何処へやら、最近はベッドの上、もしくは家の中で南向きの窓が唯一ある、洗濯室がお気に入りの様子。

我が家のネコ姉弟のうちの女の子の方は、特にマルタに越して来てから、布団の中があったかくて安心なのを学習したので、この季節になると、毎日就寝時間になると寝室へ。私がベットに入ると、布団の中と上を出たり入ったり温度調整しながら夜を過ごしている模様。

そして、2年前にZara Homeで買った、裏起毛のブランケット(上の写真のグレー)がお気に入りだったのですが、最近は、こないだブダペストで買ってきたマイクロファイバー素材のブランケットにも惹かれている様子(上の写真のオフホワイトの方)。この寝ている位置からもどっちもいいなあ~、と迷ってる様子がわかりますね笑。
 

 

例年の場合だと、今よりもっと気温が下がるともう布団の中に一度入ると背中くっつけるか、足の間に入ったり、こちらの寝相に合わせて自由自在に布団内で自分のポジションを作り、朝のご飯の時間くらいまではもう布団から出てきません。

初めは布団の中に一晩中ずっといて、酸素不足にならないのか心配していました。猫は息苦しいのは酸素が足りないからだ、とかまでわかってないかと思うので。

今は布団の中の主といった感じで全く気にしなくなったので、こちらも安眠できてます。

 

なので、秋冬は特に、マルタに引っ越してきてよかったなーと思う、嬉しい季節なのです。