こんにちは。コアラ

急に寒くなってきました。
秋ですねぇ。食欲の秋(*´◒`*)

そして、読書がはかどる秋の夜長。

最近は旦那さんが勉強に忙しいので、その隙に、私もせっせと勉強と読書に励みます爆笑

今読んでいるのはSarah MorganのFirst Time in Foreverという本。

ベテランの作家さんですが、私がこの人の本を読むのは、まだ2冊目です。

この夏読んだ別の本がとても面白かったので、この本も読むことにしました。

前に読んだ本は、のっけから本当に一気に惹き込まれたので、この本にも期待していたのですが。

ですが。。

今回の本は、Chapter 3くらいまでは全く面白くなくて、全然読み進められませんでした〜。

でも、Chapter 4くらいから少しずつ楽しくなってきて、今Chapter 6…

ようやく乗ってきました!
物語の世界に入り込めてきた感じがしますおねがいラブラブ

この調子で読み進めて、最後まで読みきったら、ブログに感想を書きたいと思っていますチューリップ

くまクッキーうさぎクッキーねこクッキー

ところで、私が洋書を読む理由は、大きく分けて二つあります。

一つは、いわゆるchicklitというか、女性向けの小説が好きで、海外にたくさん面白い作品があるから(大して読んでるわけではないんですけどね)。

もう一つは、もちろん英語力のアップのためです。

単語、ネイティブスピーカーらしい言い回しや、口語的な英語表現をいろいろ拾いたいと思っています。

だから、洋書を読むときは極力、気になる単語や表現をノートにメモします。

大体、1ページあたり、2、3箇所でしょうか。

なので、本一冊読むのに結構な時間がかかります照れ

一冊に数週間、下手すると月単位でかかる時もあります。

多読を推奨する専門家の方々は、辞書を使わずに…とよくおっしゃいますが、真っ向から逆行していますね。笑

辞書を使わないで読む多読もそれはそれでいいと思います。

でも私は、とにかくいろいろな表現をストックしたいので、あえて辞書を多用します。

思うんですが、私の書く英語、話す英語って、何だかカクカクしているっていうか、モノトーンっていうか…硬くて単調だと感じます。

それに比べて、ネイティブスピーカーの作家さんの書く英語表現は、流れるようで、とってもカラフルで、活き活きとしているって憧れます。

私もそんな英語に少しでも近づきたいものですピンクハート


本日もお読みいただきありがとうございました トイプードルピンクハート