まずはこちらへご協力をお願いいたします☆

にほんブログ村 犬ブログ ドッグセラピーへ
にほんブログ   ありがとうございますっにこ


今月14日(金)、米コネチカット州ニュータウンの小学校が銃乱射事件が起きました。

26人の命が消え、うち20人は6、7歳の幼い子どもたちでした。

銃犯罪が多いアメリカにおいても前例のない、とても酷く、悲しい事件です。


先日、イリノイ州に拠点を置くルーテル教会K-9教区のボランティア団体が、

10頭のセラピードッグを連れて、ニュータウンを訪問しました。

事件はずっと遺族の方々、関係者の方々の心に大きな傷を残し続けています。


その時の様子の画像はこちらからご覧いただくことができます。

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52111811.html

みんなセラピードッグにギュッと抱きついていますね。

いつか児童施設に訪問した時、1人の女の子がセラピードッグのあんずに抱きついて、

こう言っていました。

「わんちゃん、あったかい。。」


☆あんずと行く!最高にドッグセラピーな日々☆ 

ニュータウンへの訪問のことを知った時、事件が起きてからすぐの訪問の実現に

正直とても驚きました。

でも、東日本大震災が起きて1か月後に被災地へ訪問した時、

何も言葉を発することは無く、ただただセラピードッグたちを撫でたり抱きしめる方は

沢山いらっしゃいました。


☆あんずと行く!最高にドッグセラピーな日々☆ 

心に大きな痛みを感じた時、人々が求めるのは、言葉ではなく温もりなんだろうな、と思います。


☆あんずと行く!最高にドッグセラピーな日々☆ 

求めてくださる方々のもとへドッグセラピーをお届けするためには、まずは理解してもらうことが

大切だと思います。

ぜひみなさん、セラピードッグの必要性、周囲の方々にお話してくださいね!


そんなわけで、今日も一人でも多くの方に「ドッグセラピー」を知っていただくためにも、

1クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ ドッグセラピーへ




まずはこちらへご協力をお願いいたします☆

にほんブログ村 犬ブログ ドッグセラピーへ
にほんブログ   ありがとうございますっにこ



本日は伊藤トレーナーと二子玉川の高齢者施設へ訪問に行ってきました☆

今回はクリスマスツリーのプログラム最終日ひらめき電球


たくさんの対象者の方々にご協力いただき、

最終日にふさわしい、素敵なクリスマスツリーが完成しましたクリスマスツリー


いつものように完成したツリーを施設のスタッフの方にお渡しした時、

「こういう飾りだったらこれから利用者の方々で作れるね!ってお話してたんです。」

とおっしゃっていただきました。


私たちのドッグセラピーでは、作業療法的な効果も考えています。

作業療法とは、身体や精神に障害のある方を対象に、手芸や工作などの作業を通して

応用的動作能力や社会的適応能力の回復を目指す療法です。


☆あんずと行く!最高にドッグセラピーな日々☆ 

作業療法では、治療や訓練だという雰囲気がありすぎると、参加がとても負担になってしまう方も

いらしゃいます。そこで、できるだけ明るく楽しい雰囲気で行うことも多いようです。

そういう意味では、ドッグセラピーは正に理想的な形かもしれません。

セラピードッグと一緒に何かを切ったり貼ったり結んだり。。

人だけで関わるよりも、自発性はうんと生まれやすくなると思います。


このクリスマスツリーの発案は我らがセラピーチームキラキラ


☆あんずと行く!最高にドッグセラピーな日々☆ 

みんなのアイデア、どうやら施設でも採用していただけそうですよクラッカー


そんなわけで、今日も一人でも多くの方に「ドッグセラピー」を知っていただくためにも、

1クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ ドッグセラピーへ




まずはこちらへご協力をお願いいたします☆

にほんブログ村 犬ブログ ドッグセラピーへ
にほんブログ   ありがとうございますっにこ



昨日は、杉並区の児童館へ行ってきました☆

この日は「セラピードッグとお友達になろう!」がテーマメモ

子どもたちにキャッチボールやミルクやり、得意技披露などのセラピープログラムを体験してもらい、

ドッグセラピーがどんなものなのかを知ってもらいますひらめき電球


☆あんずと行く!最高にドッグセラピーな日々☆ 

動物介在教育であるキッズセラピーには「協調性を育む」というアプローチがあります。

発達心理学(人間のお腹の中にいる時から死に至るまでの心身の発達過程を追う学問)

によると、児童期(おおよそ小学生の期間)に習得すべき課題の中にも

「遊び友達との協調性」という項目があります。


☆あんずと行く!最高にドッグセラピーな日々☆ 

今回は子どもたちに大人気の犬にミルクをあげるという「ミルクやり」のプログラムでは、

沢山の子が立候補してくれたので、みんなでちょっとずつミルクを注いであげよう!

ということになりました。

驚いたのは、ミルクの注ぐ加減を考えているということです。

こちらがストップをかけなくても、まだどれぐらいの人数の子が待っているのかを考えながら

量を調節している子が多くいました。

中には“ちょっとずつ”を忠実に守って本当にチビッとだけいれてくれた子もいましたがぷぷ

「協調性」がとても自然に生まれていることに気づきました。

子どもたちってちょっとしたことにも大きな可能性があることを気づかせてくれます。


☆あんずと行く!最高にドッグセラピーな日々☆ 

「人は教えることによって、もっともよく学ぶ」とは哲学者のセネカのセリフです。

本当にそうです。


☆あんずと行く!最高にドッグセラピーな日々☆ 

子どもたちからも、そしてセラピーチームの皆さんや受講生の方々からも、

指導者の私が教わってきたこと、本当にたくさんあります。

私も負けずに、しっかりと皆さんへいろんなこと、伝えていかないとですねビックリマーク



そんなわけで、今日も一人でも多くの方に「ドッグセラピー」を知っていただくためにも、

1クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ ドッグセラピーへ