「 幼児・小学生のうちに英会話教室に通うことの意味や利点」とは・・・?


人前で英語を話すことへの恥じらいや抵抗感が少ない幼児・小学生のうちに英会話教室に通うということは、まさに英語が話せるようになる為の練習を繰り返すということ。英語が話せるようになるには、英語で話してみないといけません。トライする、チャレンジする、ということ。英語で話す経験を持たなかった大人が、さぁ、今から英語で話してみてください、と言われても、いくら語彙力があったところで自然な会話とは程遠いものになるでしょう。そして、恥じらいや抵抗感が英語で会話することの邪魔をした結果、「英語を話すのは帰国子女や留学経験者のような特別な人」なんていう先入観が生まれてしまうのです。英語を話すことはなんら特別なことではありません。きちんと習得できれば留学しなくても世界に通じる英語は話せるようになるのですから。

その為の最善策は、子どもの頃から英語を「より自然なものとして、より日常的に生活の中に取り入れる」ことです。

恥ずかしい気持ちと練習不足からくる自信のなさが先立って、自分で音読しているときは英語発音しようとするのに、クラスのみんなに聞かれる時には無難なカタカナ発音になってしまう中学生、いませんでしたか?お父さん、お母さん、 昔、そんな経験ありませんでしたか?

恥じらいや抵抗感を感じる年頃になってからよりも、幼児・小学生のうちに一歩踏み出すのが理想だと考えます。恥じらいや抵抗感はしぶとくてなかなか拭いきれないものだったりしますよね。


【まとめ】幼児・小学生のうちに英会話教室に通う意味・利点

・勉強英語としてではなく、より自然なものとして日常的に英語を取り入れることができる。
・英語を人前で話すことに慣れる。
・英語を話すことへの恥じらいや抵抗感を克服しておけること。