あなたの常識はあの人の非常識 | 週末ライフコーチ育成塾

週末ライフコーチ育成塾

「自分の好きなこと」を見つけ、
お金を稼ぐ方法を学びませんか?

会社員をしながら会社が休みの日にやりたいことで
起業する方法をお伝えします。


テーマ:

こんにちは寺本です。

 

私はミュージカルを見るのが好きなので、

「こういう作品あるけど見ない?」と

全くミュージカルを見たことがない友人をつれて

一緒に見に行くことがあります。

 

先日もミュージカル初体験という方を連れて

劇場に入ったんですが、

 

 

「わー、ここが劇場、すごいねー!!」

 

と言いながら持っていたiPhoneで

バシャバシャ写真を撮り始めました。

 

 

アカーーーン!!

と私が突っ込むより前に

劇場スタッフが

「劇場内は撮影ご遠慮いただいていますー」

と飛んできて優しく教えてくれました。

 

 

友人としては

「ディズニーランドのアトラクションや

 夏フェスでステージをとるような気持ち」

だったそうで

慌てて撮影した写真を消していました。

 

 

確かに、ミュージカルを

「ディズニーのようなもの」

ととらえていたり

最近の

「SNS拡散OK!」な

ライブのようなものとしてとらえていたら

そりゃそうなるわ。

 

説明していなかった私も

悪いことをしたなぁと思い

 

「どっちかっていうと、映画みたいなもので

 映画も撮影は禁止じゃん?

 

 ミュージカルの場合、開演前でも

 舞台装置がステージ上に合ったりして、

 それを撮影するとネタバレになっちゃうんだよ」

 

と伝えると、なるほど~と納得してくれました。

 

 

舞台によっては

「カーテンコールの撮影OK]

「開演前はOK」

というアナウンスを出しているところもあるので

一概には言えませんが、

基本的に劇場内の撮影はNGなことが多いです。

 

だから、劇場内では

撮影をしないことが

「正しい行為」に当たります。

 

しかし先ほども言ったように、フェスや

一部コンサートは

撮影してSNSで拡散してね!

と言われています。

 

この場合、撮影してSNSで拡散することは

「正しい行為」になります。

 

つまり、その場その場で

「正常な行為」や「常識」は

変わっていきます。

 

 

この「常識」、あなたの会社や

友人関係の中にもあるでしょう。

 

そしてこの「常識」がわからないと

その組織の中で非常に苦労することになります。

 

顔出し・名前出しナシで得意なことを生かして副業したい あなたはここをクリック