良かれと思ってやってるのに?! | 週末ライフコーチ育成塾

週末ライフコーチ育成塾

「自分の好きなこと」を見つけ、
お金を稼ぐ方法を学びませんか?

会社員をしながら会社が休みの日にやりたいことで
起業する方法をお伝えします。


テーマ:

こんにちは寺本です。

 

先日、父の携帯が壊れました。

 

とはいえ、かなりの年数使っていたので

もう寿命だろうということで

お店に機種変更に行きました。

 

 

そして、帰ってきたのが5時間後。

 

 

げっそりしながら帰ってきた父が言うには

 

・自分は電話とショートメールしかしない

↑これは本当。

 前の携帯の画像フォルダに入っていた写真は

 全部で5枚、とかでした。

 

 

・前の携帯が壊れたので変えたい

 

・でも、アイフォンにしたい

 (なぜなら母のiPhoneを見てうらやましいので)

 ↑これは言わなかったようですが。

 

 

と言ったにもかかわらず

 

 

お店の店員からは

 

「お客様ならandroidがいいです!!

 今androidにするとこんなにお得!!!」

 

と説得され、途中で帰ってきたそうです。

 

 

うーん、一年前の私と同じことされてる(笑)

 

私も同じように、携帯変えるならこの機種が!

と違うものをオススメされて

困った経験があるんです。

 

 

で、別のお店でめでたく

iPhoneを契約して帰ってきました。

 

そこでの手続きはすぐだったそうです。

 

 

父の使用状況や

今安く提供できる機種を、

最初のお店の方は

一生懸命教えてくれたんでしょう。

 

 

とても仕事熱心だ、とは思うんですが、

顧客側のニーズ

(父にとっての、とりあえずiPhone欲しいな)

とはかみ合ってなかったんですよね。

 

 

コーチやカウンセラー、

セラピスト、占い師などの仕事をされている方でも

この「熱心なんだけど…」の罠にはまっている方がいます。

 

 

こう書いていますが、私も

同じ罠にはまりそうになることあります。

 

「良かれと思って一生懸命やってるのに、

 反応が悪いぞ?」

と思った時は、

 

「ニーズとかみ合っている?」

と確認してみてくださいね

 

顔出し・名前出しナシで得意なことを生かして副業したい あなたはここをクリック