映画「羊の木」 | 週末ライフコーチ育成塾

週末ライフコーチ育成塾

「自分の好きなこと」を見つけ、
お金を稼ぐ方法を学びませんか?

会社員をしながら会社が休みの日にやりたいことで
起業する方法をお伝えします。


テーマ:

こんにちは寺本です。

 

先週、公開期間ギリギリで

「羊の木」を見てきました。

http://hitsujinoki-movie.com/

いがらしみきお原作漫画、ですが

ぼのぼののようなかわいらしい雰囲気はなく

殺人を犯した受刑者と、

その過去を隠して移住させるプロジェクトを担当することになった役人(錦戸亮)

受け入れた村の人たちのストーリーなんですが…

 

うーん、とても不思議な映画でした。

 

 

「殺人者だって同じ人間だよ!仲良くしよう!」

というメッセージや

「偏見を持っちゃだめだよ!」

なんていうきれいごとでもなく

 

「殺人なんてする奴はやはりどこか異常」

と突き放すのでもなく

「人を受け入れていくこと」

「自分や他人の過去とどう向き合うのか」

について、見ている間、あの不穏なピアノの音が鳴るたびに

思い出させられる作品でした。

 

正直、何がネタバレなのか非常に言いにくい作品ではあるんですが、

 

床屋のおじちゃんとクリーニング屋のおかみさんの

エピソードは、なんだか見ていて胸が締め付けられました。

 

 

 

女性専門 週末ライフコーチ育成塾 寺本桃さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ