カセドラルロックに登ったのは、
先々週の金曜日。
すぐにブログ書かなかったから、
すでに記憶が曖昧あせる

あのぉぉ………
↓ここはどこなのでしょうか??耳耳



時間で判断すると、
頂上のどこからかなはずなんだけど、
撮影した夫オレンジオヤジンに問うと、
下山途中だというのね。

↑この写真の、1分前に撮った写真が
これ↓

でもこの20分後には、

↑このサインの近くで、
おにぎり食べてる写真があるから、
リンゴリンコは頂上または、頂上付近だと思ってるんだけど……

どなたか、ご存知の方がいらしたら、教えてくださいましお願い



オレンジリンゴ私達が降ってるときには、
登ってくる人がかなり増えてました。



またこの木の横を通って



一歩一歩慎重に下りてたはずなんだけど、
1箇所ね、
横着して、ちょっと届きそうになかった石のステップに、
斜面の方に身体の向きを変えて、(←今思えばアホや)
ぴょんっ
って、その小さなステップに飛び降り気味に足を乗っける瞬間、
髪の毛で視界が真っ暗になって、(髪めちゃ多い)
勘で、このあたりだったかな?って足をのばしたら、
足を置く予定だったステップにかすりもしなくて、
ドンドンッってお尻から岩の上に落ち…ガーンガーン
斜面だったので、
そのまま頭からズリズリ転がり落ちそうになったところを、
前にいたオレンジオヤジンに助けられました。

もしオレンジオヤジンいなかったら、
岩で何度か頭や全身を打ったりしながら、
ボコボコな岩の上を何メートルか転がっていたんだろうなっていう、
結構な急斜面での恐ろしい出来事でした。

尻もちついた場所が少し痛かったけど、
怪我してなさそうだったから自分で下山出来るし、
レスキューとかヘリコプターとか、
大袈裟なことにならなかったからヨカッタぼけー
って、精神的にはダメージというよりホッとしてました。
でも、ケロッとしている心とは裏腹に、
足の震えが止まらなくなったのには驚きました。

リンゴリンコの脳は平気でも、
身体の方は怖かったんだなぁって、
自分の身体に『申し訳ない!』って謝りました。


髪を結んで、
歩き始めると、
震えはすぐに止まりました。

でも翌日、
歩くの辛いぐらいお尻と体のあちこちが痛かったですドクロ
お尻に幅15cmぐらいのアザが、あらわれたりしましたが、
今は、ほぼ消えてますグッ

そんなこんなだったけど、
上りの時よりは、陽がガンガンにさしてて、
景色の綺麗な下りを楽しみながら降りました。


踏み外した時のリンゴリンコの横向きに似てる気がする形を発見





↓あんなとこ登ったんだぁって、しみじみ。。。

人がポツポツいるの、見えます?

リンゴ「気をつけて行って帰ってね〜」(自分が気をつけろ!)
と登ってる人達を祈りながら、
ファーマーズマーケットへと向かいました車