アップルライフ

『子どもたちに安心・自信・自由を』
子どもを育てることが好きで子育ての専門家より大切なことを学びました。


テーマ:
「人は悲しみが多いほど

 人には優しくできるのだから‥」


というどこかで聞いた歌詞?

同じような話をよく聞きますが、



 私はそうは思わないな~。


私は、悲しみが多いと、人に優しくできないと思う。


人からの愛情をもらって、

優しくしてもらったら、人に優しくできると思う。




また、

「自分がされてイヤなことは、人にもしない。」という

これもまたよく聞く話ですが、


 私はそうは思わないな~。


自分がされてイヤなことは人によって違うと思う。


私は、人にされてイヤなことはたくさんある方だと思うけど、

人がイヤなことを、なんとも思わないこともあります。



なので、


一般的によく聞く話を、

そのまま 子どもには 教えないようにしていますくろーばー


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「迷惑をかけている」と思っていても、

実は、『愛情ラヴをもらっている』ことがあると思います。


「迷惑をかけているな~」と思うときは、

どこかに罪悪感を持っていると思うのですが、


お世話をしてくれている場合は、

それは「迷惑」ではなくて

『愛情ラヴ』をかけてくれていると思って、

甘えてもいいんです。



たぶん‥

「迷惑」と思ってしまう人の場合は、

人に甘えたことがなかったり、

甘えることがどういうことかわからなかったり、

自分を否定しまうことが多かったりするのではないかなと思います。


でも、お世話するタイプの人って、

相手がいないと、自分の欲求が叶わないので、

甘えてくれる方がうれしいのですハート



逆のタイプの場合は、

人に何かしてあげることが重荷となるので、

相手がどんな人かを見極めた方がいいのでしょうね(^_^;)



「お世話してもらう」「可愛がってもらう」という、

人からの『愛情ラヴ』は、

恋人からの『愛ハート』ではなく、

いろんな人からもらえる『愛情ラヴ』なので、

たくさんもらっていた方が心が潤いますよね。



人は、生まれてから 

20人の人からの「愛情」をもらうって

どこかで聞いたことを思い出しましたニコニコ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今回の千葉の保育園児の事件は、

また、あってほしくない事件が起きました。



子どもの命が奪われる痛ましい事件があるたびに、

二度と同じことのないようにと、

「子どもを守ろう!」という話が盛り上がります。



地域でのパトロールや、学校の集団登下校など、

その時だけでなく、

継続されて行われていることだと思います。



でも、いくらやっても、

こういう事件がなくならないのは、

結局は・・・、

本当に必要なことをしていないから‥ なのではないかなと。



旗私が実行していることは、

日常から、

子どもを大切にすることです。


子ども自身が

「自分は大切な人間なんだビックリマーク


と、思えるように、

子どもの気持ちを大切にすることです。


言葉の暴力も、

身体的な暴力もしないように

気をつけています。


子ども自身には、

CAP(子どもへの暴力防止プログラム)で、

教えてくれることができるように、

練習しています。



そして、もう一つ思うことは、

子どもが 大人に簡単に抱っこされるような体重であるときは、

大人ができる限り、どこに行くにも

付き添ってあげる方が安全だと思っています。



これだけやっていても、不審者には遭遇するので、

危険な人だと察知できるように、


家の中の人は、

子どもが 

心から安心できる人でありたいですね。



ベル過去に書いていた関連した記事をピックアップしておきます。


【関連記事】

晴れ「防犯教室の落とし穴」

晴れ「安全マップの落とし穴」

晴れ効果的な「子どもの安全対策」とは?



クローバーこれからどうなるの?‘子どもの安全’

クローバーこの数字を見て下さい!(大事なこと)

クローバー「この不安どうしたらいいの?」

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
子どもの才能って、

子どもを見ていたらわかりますよね。



やりたいことはして、

やりたくないことはしない。



好きなことはいつまでもやっているけど、

そうでもないことは、いつのまにかしていない。



そんな子どものままを見ていたら、

不安はないはずなのに、


親自身に「自信」がないと、

世間体とか、情報に惑わされて、

子どもをコントロールしてしまおうしてしまいます。



そうすると、

子どもがどんなことに能力を持っているのかが、

わからなくなってしまいますよね。


あ~、もったいない汗



自分に自信がなくて不安なときは、

あれこれと、習い事をさせたりしないで、

子どもの思うがままに

させておくのが一番ですニコニコ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はアップルくんと、

「条件付きストローク大会」をしましたニコニコ

私たちが勝手にタイトルをつけて

楽しんでいるだけなのですが‥汗




アップルくんが、私にして欲しいことと、

私が、アップルくんにして欲しいことを

お互いにお願いして、

要求どおりにしてもらうということです。



たまに、お互いにして欲しいことがあるときで、

タダではしてくれそうにないときに、

「条件付きストローク大会する?」と誘ってみて、

遊んでいます(^_^;)



私の場合は、

「先に、宿題を終わらせて欲しいな~。」というのが

普段は言えないので、こんなときに言ってますべーっだ!



とはいっても、

できないことや、やりたくないことが条件にあげられると、

「イヤやあせる」と、

交渉成立にはならないのでやりません。



‘条件付きストローク’というのは、

条件を付けて働きかけるということです。


一方的なストロークだと

適切ではないのでNGですショック!



例えば、

「ご飯、全部食べないと、明日からおやつは抜きよ!」とか、

「早くしないと、連れていってあげないからね!」とか、

「おもちゃを片付けないと、新しいおもちゃは買いません!」とか、


使ってしまいたくなる子どもへの声かけですよね。


こうして条件をつけて子どもを動かしていると、

自分の意思でしていることにならないので、

親は言うことを聞いてくれてうれしいですが、

残念ながら、子どものためにはなっていないのです汗

何かをしないと、欲求を満たしてもらえない、

条件がないと愛されないと感じるようになります。


大人にとって「いい子」は、

この働きかけをよくされることがあります汗


大人は ついつい 子どもに言うことを聞かせてしまうけど、

子ども側からすると、

大人に、言うことを聞いてもらっていることって、

少ないと感じて、不満に思っているかもしれないので、

振り返ってみるのもいいですよねクローバー
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
合格通知



本日、見たことがない郵便物が届きました郵便車(ゆうパック)




「会場へは公共交通機関をご利用下さい。」





・・・ということはひらめき電球




保育士の筆記試験合格した~ビックリマーク合格

うれし~いうれし泣き




受かることしか考えたくなかったので、

アップルくんに、

「もし、落ちたらどうするん?」と聞かれても、

「受かることしか考えてないねん」と、答えてました(^_^;)


アップルくんには、

「そんなの自己中や。」と言われましたが、

実際、こうして通知がくるとうれしいです。



筆記試験までの、この夏休みは、

ホントにめっちゃ勉強したんです。


「記憶しました!」って感じです。


茂木健一郎さんの本を読んでなかったら

合格できてなかったかもしれません。

100点とるつもりで記憶していました。


アップルくんに問題を出してもらって、

手伝ってもらいました。



次は実技試験ですが、

記憶しただけでは合格できないので、

私にとっては、こっちの方が難しいですあせる

やったことのないことへの挑戦なので。。。



言語と絵画を受けるのですが、

どちらも、試験当日までに、

「自信」を感じられるようにしておこうと思っています。


素人なので、これしかできません苦笑


がんばるぞ~ビックリマークむん!



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こちらの続き


学校体育の基礎となる「器械体操」は、

昔々、「ドイツ体操の父」とも呼ばれる

ドイツのフリードリッヒ・ヤーンという方が国家再建のために、

若者を集めて(1811年)、器械を使った体操を行ったのが

始めと言われているそうです。(1811年)


体を丈夫にして体力をつけることは、

戦場に出ていくために

必要なことだったからだと考えられますよね。




日本で、学校教育に取り入れられたのは、

明治の初めの頃になるそうです。



「マット運動」や「鉄棒」

「とび箱」や「平均台」などのトレーニングは、

戦場で役立つものですね。



また、人間の体は、健康のためにも

適度な運動も必要です。


適度の運動能力があったおかげて、

ケガが防げたり、

身を守ることができます。



今の子どもたちに必要な「学校体育」は、

戦争をするために体を鍛えるのではなくて、



自分の体を守るために必要ビックリマーク


これですよねひらめき電球グッド!




これからの学校教育に必要なのは、

『自分の体や気持ちを守るための能力』

子どもたちが身につくようにすれば

自分を大切にすることを

子どもの頃から学習することができるのでは・・と思いました。


もちろん、適度の運動も必要です。


危険から逃げるための「走ること」や瞬発力、

健康でないと力は出ませんから、

体のことを知ることも必要ですよね。


そして、

「大切な心」を傷つけたり、

傷つけられたりしないための


『コミュニケーション能力』(EQ)


「これだ合格ニコニコと思いました。




「運動会で“組体操”をするのはなんでや~はてなマーク

「こんなことする必要ないんちがうのはてなマーク


という疑問や、

子どもが大切にされていない怒りや、

不安な気持ちから、

このことに辿り着いたのですが、

ざわざわする気持ちが教えてくれました。


「自分の気持ち」って凄いビックリマーク

ありがとうラブラブ

このことをここだけで終わらせるのではなく、

実現できるように繋げて行きたいと思います晴れ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
なんと、今日は運動会だったのですビックリマーク


プログラムの順番を変更しながら

雨がポツポツ降ったり、

日差しがキツいときもあったり、

そして、雷雷が鳴り、


「はい、ここまで。」


続きはまた今度です。



残ったプログラムはあとわずかで、

雷がなるのが1時間おそかったら、

全部終わっていたかな・・という感じでした。



しかし、アップルくんの

小学校生活の最後の思い出に残る運動会になりました。

いろんな意味で‥。



子どもたちはがんばっていました。

本当にがんばっていました。



美しく見える頑張りと、

そうではない頑張りもありましたが、


社会に出たときに、

吐き出したい気持ちがいっぱいいっぱいになり、

心苦しくなる子もいれば、

役立てることができる子もいることでしょう。


どんなことも

自分にいい影響となるといいですよね。



1年生のときは、走る姿も可愛かったアップルくんですが、

今では、どれも堂々とした姿を見せてくれ、

辛かった「組体操」も、

見事にこなしていました。

アッパレです合格
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
『小学校の運動会』や『体育』について

気になるので調べてみました。


6年生の運動会の練習の様子を聞いていて感じたのが、

本来なら‘子どもが主体の運動会’なのですが、

「大人のための運動会」になっているんじゃないかと‥。



運動会は、大掛かりな「体育」の授業参観ですよね。



こちらにはこのように書いています。
右下矢印
文科省の小学校学習指導要領(体育)


例えば、5、6年生のところを一部抜粋して見てみると、


〔第5学年及び第6学年〕

 1 目標
(1) 各種の運動の課題をもち,活動を工夫して計画的に行うことによって,
 その運動の楽しさや喜びを味わうことができるようにするとともに,
 その特性に応じた技能を身に付け,体の調子を整え,体力を高める。

(2) 協力,公正などの態度を育てるとともに,健康・安全に留意し,
  自己の最善を尽くして運動をする態度を育てる。

(3) けがの防止,心の健康及び病気の予防について理解できるようにし,
  健康で安全な生活を営む資質や能力を育てる。



2 内容
A 体つくり運動

(1) 自己の体に関心をもち,ねらいをもって次の運動を行い,
  体ほぐしをしたり,体力を高めたりすることができるようにする。

ア 体ほぐしの運動
(ア) 自己の体に気付き,体の調子を整えたり,
  仲間と交流したりするためのいろいろな手軽な運動や律動的な運動を
  すること。

イ 体力を高める運動
(ア) 体の柔らかさ及び巧みな動きを高めるための運動をすること。
(イ) 力強い動き及び動きを持続する能力を高めるための運動をすること。
(2) 互いに協力して,運動ができるようにする。
(3) 自己の体力や体の状態に応じて,体ほぐしの行い方や体力の高め方を
  工夫することができるようにする。


B 器械運動
(1) 自己の能力に適した課題をもって次の運動を行い,
  技に取り組んだり,その技ができるようにしたりする。

ア マット運動及び鉄棒運動について,新しい技に取り組んだり,
 その技を加えてそれらを繰り返したり,組み合わせたりすること。

イ 跳び箱運動について,安定した動作での支持跳び越しをすること。


(2) 互いに協力して運動をしたり,器械・器具の使用の仕方を工夫して
  安全に運動をしたりすることができるようにする。

(3) 自己の能力に適した技に取り組み,その技ができるようにするための
  課題の解決の仕方を工夫することができるようにする。
 

C 陸上運動

(1) 自己の能力に適した課題をもって次の運動を行い,その技能を身に
  付け,競争したり,記録を高めたりすることができるようにする。

ア 短距離走・リレー及びハードル走
イ 走り幅跳び及び走り高跳び

(2) 互いに協力して安全に練習や競争ができるようにするとともに,
  競争では,勝敗に対して正しい態度がとれるようにする。

(3) 自己の能力に適した課題を決め,課題の解決の仕方を
  工夫することができるようにする。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このようなことが、
実際に学校の体育の授業で行われているか、ですよね。

体育の時間は少ないですし、
国語や算数が遅れていると、体育の授業が削られます。


不可能に近いような気がしますあせる


「組体操」の場合は、体力や筋力を使うので、

長期にかけた体力づくりをしていないと

できないようなことを

2、3週間の間にできますかねはてなマーク汗


先生も大変ですよね。

こんな大変なことをしてイヤじゃないのかな・・と。



ひとりひとりの運動能力も、

じっくり見てあげていないとわからないですよね。


それを一斉に、

やったこともないことをするのは、

子どもが主体にはなっていないと思うのです。


     ~続く~
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。