アップルライフ

『子どもたちに安心・自信・自由を』
子どもを育てることが好きで子育ての専門家より大切なことを学びました。


テーマ:
アップルくんは、神谷哲史さんの「ある折り紙作家の教室」を受けてきました。

ある折紙創作家の頁



神谷哲史さんの作品は、芸術性の高い複雑な素晴らしい作品ばかりです。

そのカッコ良さが、アップルくんが好きなカッコ良さと同じだったので、

惹かれていったのだと思います。



この日の参加者は、大人の方~小学生も入れて、

30~40名で、教室がいっぱいになっていました。


普段、アップルくんは、独自で折り紙を楽しんでいたし、

自分より折り紙がすごく上手だと思う人もいなかったのですが、

ここに集まった方は、アップルくんより上手な方ばかりでしたビックリマーク






私は今回、初めてそんな場所に行ったので、

どんな感じで進行していくのだろうと興味があったのですが、


折り図を配られて、

「それでは、始めて下さい。」といきなり始まりましたビックリマーク


複雑な折り図を見て、

「アップルくん、折れるやろうか?」と心配だったのですが、

アップルくんは黙って折り始めていました。

皆さん、配られてすぐに折り始めていくんですよね。

その勢いがスゴかったです。


11時~16時までだったのですが、

アップルくんは「ぼく、わかれへん‥」と言い出して、

止まってしまったりしていたのですが、


「いつもは一人でやってるけど、

 今日は、神谷さんに教えてもらえるんやから、

 わかれへんとこは聞いてみよう。」


「完成させるのも目標やけど、

 まず、わかれへんとこを聞いてみることも目標にしてみようっか。」と、


私は、一人でがんばっているアップルくんに

何と言っていいかもわからずに話していました。


最初は聞くのも恥ずかしそうにしていたのですが、

初めて、神谷さんに聞くことができてから、

わからなかった頭の中がクリアになってスッキリしたようで、

また折り始めていました。


家では、わからなくなると、

私もわからないので、

そこまでで終わってしまっていたのですが、


やはり、先生は違いますね。

どこでつまづいているのかがわかるので、

的確に教えて下さいました。



その後も何度か壁にぶち当たり、

その度に教えてもらっていましたが、


14時くらいになったときに、

「あと2時間もあるわ。ぼくだけヒマになる。」と、

あきらめも入ってきたようでした汗


周りを見ると、みんな一生懸命折っているし、

上手に折っている人のを見ながら、

何か思うこともあったのか・・・、

手を止めずに折り続けていました。


お昼ごはんも食べずに、

ミルキーを何個か食べただけですあせる



みんなで同じ目標に向かって頑張っている雰囲気もあったので、

続けることができたのだと思います。



神谷さんから、

「16時までだったのですが、17時まで延長します。

未だな方は折って頂いて、急ぐ方は抜けて下さい。」と、

お話があったのですが、


アップルくんは、ここまでは折りたいという気持ちがあったようで、

16時半ぐらいまで折らせてもらいました。

一応、完成させていました。



教室を出てから、アップルくんに感想を聞くと・・・、




「なめたらあかんわ。」



「プロはスゴいビックリマーク 綺麗!!



と言ってました。



アップルくんは充分に良い経験をさせてもらったようでした。



私は正直言うと、

あきらめて「帰る」って言うかな・・と

思っていたくらいだったので、


16時を過ぎてもあきらめずに折りたいところまで、

折り続けていたアップルくんを見て感動しました合格


アップルくんは今までの自分を超えて、

少し成長したようです。


折り紙のことでもそうですが、

学校のことでも、

自分に自信を持って行動するようになっていたので、

これは本当に良い経験をしたんだと確信しています。



「なめたらあかんわ」という言葉の通り、

神谷さんはスゴい方でした。


折り図を書くことも、とてもとても大変なことで、

それをまとめるのも時間のかかる作業なんですよね。


人に教えるのって面倒なことなのに、

そのためにこんな機会を作って下さって

本当に感謝します。



アップルくんは本当によく頑張りました。

どんなところを気をつけて折ったらいいのか・・ということを

きっちりと把握したようです。


春一番に吹き飛ばされそうになりながらも行ってよかったですニコニコ

帰りの新幹線の中では、

おにぎりを三個もパクパクと食べていたアップルくんでした音譜
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「おりがみはうす」に行ってきました♪

明日、創作折り紙作家の神谷哲史さんの折り紙教室にアップルくんも参加するので東京まで来てしまいました(^_^;)
アップルくんが難しげな折り紙を折り始めるきっかけになったのは、神谷哲史さんの作品をテレビで見たのがきっかけだったんです。その方に教えて頂けるなんて大興奮です~ヽ('ー`)ノ~

アップルくんは初めての東京なのですが、昼間に強風が吹いてきて飛ばされそうになりました。かなり機嫌がわるくなったのですが、素晴らしいリアルで貴重な作品を見させてもらって感激し、上機嫌になりました。

早速「おりがみはうす」で買ってきた本を見て折っていました(*^_^*)






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
小学校の低学年だと、

学校であった子ども同士のトラブルを、

先生が連絡してきてくれると思うのですが、

中学年~高学年になると、その連絡も減ってくるようです。 (全くないこともあります)


担任の先生によって異なると思いますが、

被害を受けた子どもの家庭にだけは連絡をするようです。


子どもの方も、誰かに叩かれた・・などは、

お母さんに聞いて欲しいときは話すと思いますが、

叩いた側は、話さないですよねあせる


お家で‘いい子’の子どもは

先生が伝えない限りは、ずっとその親は知らないままなんです。


お母さん同士の会話でも、

「あなたの子どもさん、学校で◯◯くんを叩いたらしいわね。」

なんて、言えないですから、

学校での自分の子どもの様子は、

コトが大きくなるまで、親が知らないのはこれは問題ですよね。


問題行動って、

「誰か気づいて~!」ってことなのに、

先生が気づいていても、

親に伝わらないことが多いみたいです。



後からわかったことなのですが、

あの「酒鬼薔薇聖斗」も小3の時に、

前兆があったそうです。

学校で書いた絵に現れていたのですが、

その時の担任は何も伝えなかったそうなんです。

数年後にあんな事件を起こすとは、そのときはわかりませんよね。



学校での子どもの様子があまりにわからない、知らない保護者は、

先生に聞いてみるのもいいかもしれません。

何もなかったらそれでいいし、

何か問題があったら、そこから考えることができます。



「学校のことはよくわからないから・・」では、

済まされないこともあるようです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「子育てをしていてどんなときが楽しいですか?」と聞かれて、

「どんなときやろ?」とまず考えてしまいます。

すぐに出てこないですよねあせる


1日、24時間のうち、

楽しいときって、3分ぐらいしかないですから(^^ゞ


あとは、ず~っと、子どものことを考えて、

悩んでいることの方が多いです。


そんな中で、私は、

話をしているときが一番楽しいですねニコニコ


可愛いな~ラブラブと思ったり、

そんなこと考えてるんや!?と思ったり、

ビックリしたり、

成長したな~と思ったり・・、

話しているとおもしろいです。

しかし、3分ぐらいは・・・です。

5分くらいのときもあるかな?(^_^;)



そんな数分間でも貴重な時間です。

心が潤いますねラブラブ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
社会と関わりながら、人と関わりながら、

人生を送っていくために、


IQとEQはどれぐらい必要なのか?


IQは知能指数。 EQは‘心の知能指数’。


なんと、2:8の割合なんだそうですビックリマーク


私の今の生活では、

IQは、字を読んで、簡単な計算ができたら過ごせるので、

1:9の割合ぐらいかもしれません(^_^;)



この間、テレビでも放送していたのですが、

IQの高い人が、一流の会社に入ったとしても、

IQの高い人ばかりだから、

それ以上のIQは必要ではなく、

その中でも、EQの高い人が会社で優秀な成績を上げて、

社会でうまくやっていけるのだと。


こんなふうに言われてみれば、とても納得します。


子どもを育てる上でもEQが最も必要ですよね。


心で感じて、どう行動するか・・って、

何をするにも大切なんですよね合格



人間関係も、これで悩みますあせる


子どもの不登校もそうですよね。

もし、「勉強ができないから学校に行きたくない」と

言い出したとしても、

その奥にあるのは心の問題ですよね。


そう考えてみれば、心の知能指数が高いほど、

困難なことがあっても、

対処していけるように思います。



こんなこともあるそうです。


受験、受験と、友達と遊ぶこともなしに、

勉強ばかりさせられた小学生が、


受験した学校は、全部落ちてしまい、

公立の中学校に行くことになったそうなんです。


そしたら、今度は、お母さんに

「友達と遊びなさい!」と言われるようになったのですが、

友達とうまくやっていく方法を知らなかったそうです汗




イギリスの小学校では、

EQを高める授業もあるそうですよ。


日本でも、そんな学校あるのかな?


これからは、ぜひ取り入れていって欲しいと思いますよねニコニコ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
一歳ぐらいの男の子が「ひな人形」を見つけて、

指をさして近寄って行こうとしたら、

その子のお母さんが言いました。



「あれは女の子のなんだからいいの!」・・・とあせる





「きれいなお人形だね~ラブラブ」って言ってあげて欲しかったのですが、


いつまでこんなことが続くのでしょうか汗


残念ですわ~(x_x;)


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
私の小学生時代を思い出してみたら、

一番印象に残ってる学年は4年生のときだったな~と音譜


友達もみんなおもしろい子ばかりで、

イヤな思い出はひとつもないです。


特に担任の先生が大好きでしたラブラブ


女の先生だったのですが、

ときどき「おばけの話」をしてくれたんです。オバケオバケオバケ

授業の時間が少し早めに終わったときや、

時間のあるときにしてくれてたように思います。


みんなも「やって、やって~ビックリマーク」とお願いしていました。


いつも注意して叱ってばかりの先生ではなくて、

笑顔を覚えているくらいの楽しい先生でしたニコニコ

とにかくいい雰囲気のクラスだったように覚えています。



ある日、この先生が引っ越しをすることがあって、

引っ越した日にみんなで手伝いに行った(遊びに行った?)ことがあったと思います。

今思うと、めっちゃ、迷惑ですよね。

そんな忙しい日に。。。(^_^;)



今こんな先生っているのかな~?



その頃は、親が学校に行くくらいの問題がなかったと思います。


・・っていうか、親の問題を学校に持って行ってなかったんでしょうね。

生きていくこと、働くことで精一杯でしたから。


今、ドラマでやってる「エジソンの母」でしたっけ?

あんな‘モンスターマザー’はいませんでしたよねあせる



「おばけの話」がどんな話だったかは覚えてないのですが、

「おばけの話」をしてくれる先生だったということを覚えているので、

先生から愛情をもらっていたのかもしれませんね合格
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アップルくんがお友達に折ってあげていた

カマキリやカブトムシの折り紙を、

「折ってもらったってことが、
 お母さんにわかったら怒られるから預かってほしい。」と、

言ってきたお友達がいたようですあせる


その子からのリクエストは毎日のようにあったので、

折ってあげた回数が一番多かったのですが、


‘友達に折ってもらったということが

 わかったら怒られる’ということは・・・


お母さんに「自分でしなさい。」といつも叱られているとか、

‘友達に折らせた’と思われたらイヤだとか、

どんな気持ちになったのか、

このお友達に詳しく聞いてみたくなりました。

そんなふうに思う子どももいるのですね。

子どもの心は奥深いです。


アップルくんは、頼まれたことをうれしく思っているし、

「喜んでもらいたい」とまで思っていたのに、

家に持って帰って「これ折ってもらったんだよ。」と

お家の人に一緒に喜んでもらえないということですよね。

持って帰れないなんて、悲しいな~と思いました汗

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
小学中学年ぐらいになると、

「◯◯ちゃんに睨まれた。」って子どもが言ってくることがあるようです。

女の子に多いかなと思います。


これってどういうことかというと、

AちゃんとBちゃんCちゃんがいたとします。

(Aちゃんは無意識にいじわるなことを言ってしまう子です。)


Aちゃんが「BちゃんとCちゃんに睨まれた!」と言ってきました。

本当は睨んでなんかいません。



Aちゃんのような子は、

‘無表情な顔’を見ると、

自分を威嚇しているように感じ、

敵にかこまれていると思ってしまうんだそうです。

自分の身を守るために、

「睨んできた・・」などと言ってしまうようです。

Bちゃん、Cちゃんにとっては、

Aちゃんは「嘘をつく子」になってしまうのですが、

Aちゃんは嘘をついていないんですよね。

睨んでいるように見えてしまうのだそうです。


こういうことで、子どもたちがトラブルことがありますが、

Aちゃんは不安な気持ちをいっぱい持っている子なんでしょうね。

Aちゃんの親は、きっと、

BちゃんとCちゃんのことをよく思わないと思うのですが、

問題は、Aちゃんを取り巻く環境にあるのかもしれませんね。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アップルくんが言いました。


テレビに出ていた

偉そう~にしゃべっているオバサンを見て、



「この人、え~と‥



 ドンピシャ!


 やったっけはてなマーク






 「・・・」



「高飛車のこと?」




「そうそう、タカビシャビックリマーク


  ニコニコ ニコニコ ニコニコ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。